「車のサブスクの失敗しない選び方3選」はこちら

【デメリット解説】車のサブスクリプションに向かない人の特徴5選!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • 車のサブスクって良さそうだけどデメリットってないの?
  • 車のサブスクはやめとけって言われるけど本当?
  • 車をサブスクを契約するリスクを事前に知っておきたい

実は車のサブスクを使うには人によって向き・不向きがあります。

なぜなら利用方法や価値観によってメリット・デメリットが変化するから。
そしてその要素は車のサブスクというビジネスモデルによって決まってくるものです。

まっつん

私は本ブログを運営するために、各社のサービスやサブスクのビジネスモデルを徹底的に研究してきました。
この記事では車のサブスクのデメリットと向かない人の特徴を解説!

この記事を読むとあなたに車のサブスクを使うとデメリットがあるかどうかがわかります。車のサブスクを使うかどうか迷っている人は是非ご一読ください。

メリットを感じやすい人の特徴5選
  • 長距離通勤等で利用する人
  • 車を所有することに喜びを感じる人
  • 車をカスタムして使いたい人
  • 愛煙家/ペットを乗せて出かけたい人
  • 手数料や金利がどうしても気になる人

これらの人がなぜ車のサブスクに向かないのか、その理由を車のサブスクに向いている人の特徴と合わせて解説します。

もくじ

車のサブスクにデメリットを感じやすい人の特徴5選

まずは車のサブスクにデメリットを感じやすい人の特徴5つご紹介します。
あなたに当てはまる要素があれば、現金での購入やローンを利用した方が良いと言えます。

逆にこれらに当てはまらないという人は車のサブスクに向いている可能性があります
1つずつ見ていきましょう。

長距離通勤で利用する人→走行距離制限が気になるから

1つ目の特徴は車を長距離通勤で利用する人です。
具体的な距離で言えば往復50㎞/日を超えてしまうと走行距離制限に頭を悩ませてしまう可能性があります。

※往復50㎞の目安=車通勤片道1時間前後

走行距離制限とは?

車のサブスクやカーリースを利用する上で決められた月次の走行距離の上限値のこと。
月単位の表記になっているが、気にしなければならないのは契約期間トータルでの走行距離です。

走行距離制限1,000㎞/月のサブスクを3年契約した場合の例
走行距離上限 = 1,000㎞/月 × 36ヶ月 = 36,000㎞
走行距離制限が設定されている理由
走行距離制限を設定する車のサブスクやカーリースは「残価設定」により利用者の負担を下げています。
残価は中古車として再販する際の買取価格を基準に設定するので、車の状態が良ければ良いほど高く設定することができるのです。

あまり走行していない、比較的新しい車の方が買う立場としては故障などの心配が少なく嬉しいですよね
ルールとして設定することで利用者の意識を高め、残価が下がってしまうことを防いでいるのです。
車のサブスクの利用料算出の仕組み(残価設定の意味)
走行距離制限を超過してしまったらどうなる?
返却時に各社の規定に基づく精算が発生します。
とは言え、法外な請求がくるというわけではなく、超過1㎞あたり10~20円程度を負担するだけなのでそこまで神経質に気にする必要はないでしょう。

通勤に往復50㎞かかっている人が走行距離制限1,500㎞/月のサブスクを利用した場合、残りの休日でどのくらいの距離を走ることが出来るのか計算してみます。

走行距離制限1,500㎞/月のサブスクを通勤で往復50㎞利用する場合の利用想定
【出勤日】
50㎞×20日=1,000㎞
【休日】
(1,500㎞-1,000㎞)÷10日=1日50㎞まで

つまり毎日の通勤で走行距離制限の大半を消費してしまい、休日にどこかに出かけたりする余力が残らないということになります。

通勤用の車として割り切って利用する分には問題ありませんが、休日の利用まで想定している方にとっては距離制限が利用の足かせになってしまうかもしれません

ちなみに走行距離制限が1500㎞以上あるカーリースもありますので、距離制限が気になる方はこれらのサービスを利用してみると良いでしょう。

≫走行距離1,500㎞/月以上のサブスク(カーリース)① SOMPOで乗ーる(1,000~3,000㎞/月)
≫走行距離1,500㎞/月以上のサブスク(カーリース)② MOTAカーリース(無制限)
≫走行距離1,500㎞/月以上のサブスク(カーリース)③ 定額カルモくん(もらえるプランなら無制限)

車を所有することに喜びを感じる人

2つめのデメリットを感じやすい人の特徴は「車を所有する」ことに喜びを感じるです。

車にこだわりがあり、毎週洗車をしてキレイに保つのが趣味というような人は、所有している車がリース車であるという事実が受け入れられないかもしれません

公共交通機関の発達により首都圏に住む多くの人は「車の必要性」を感じなくなってきました
このような「車ってよく考えたら必要ないのでは?」と思っている層が実は車のサブスクのターゲットとなっています。

そのため車のサブスクは「車を所有する」という価値観を持っている人にとってはある意味真逆のサービスなのです。

名義はリース会社ですし、出来るだけ車にダメージを与えないように気を使わなければなりません
そして車のサブスクは「自分の所有物」のような自由な使い方が禁じられています

だからこそ「所有する」前提で車を手に入れようと考えている人には多くの違和感を感じさせてしまうことでしょう。
このような所有に強いこだわりのあるあなたこれまで通り「現金購入」や「ローン」を活用することをおすすめします。

車を自分の好みに改造したい人

3つめも自由度に関する条件です。

車を自分の好みに改造し、「チューニングすることに喜びを感じるタイプの人」も残念ながらサブスク向きとは言えません。

車のサブスクはいわば「賃貸住宅」のようなもので自由が利きません。
なぜなら返却後の再販を前提に利用料を安くしており「返却時の現状回復」が求められるからです。

大幅な改造をすると、中古車として再販する際に価値がなくなってしまいます

あなたの所有権を持つ形(現金・ローンなど)で購入した場合は「持ち家」と同様、どんな使い方をしても傷をつけても追加コストを求められることはないので、リースというディーラーが所有権を持つ購入形態には向きません。

愛煙家やペットと一緒に車に乗りたい人

4つ目も趣向の問題です。

車内で自由にタバコを吸いたい愛煙家の方やペットを連れて出かけたい方禁止事項に抵触してしまうので車のサブスクに向きません。

ひと昔前は車内でタバコを吸うなんて何の問題もありませんでしたが、近年は嫌煙家の方も増えて車にタバコの匂いが染みついてしまうと「乗りたくない」と思ってしまう人も多いです。

そのため車のサブスクで喫煙を許可してしまうと契約満了後の残価に大きく影響してしまうため車内喫煙禁止のルールが定められています。

ペットの同乗も同様で、動物のニオイが気になる人はペットのニオイの染みついた車に乗りたいとは思いません
ペットを乗せてニオイがついてしまうと下取りの価格に影響が出てしまうので、ペットの同乗が禁止されているのです。

どうしてもタバコを車内で吸いたい、ペットを乗せたいという方は現金やローンで購入することをおすすめします。

手数料・金利がどうしても気になる人

5つ目、手数料や金利がどうしても気になる人も車のサブスクには向きません
なぜなら分割払いですからその分の手数料や金利は必ず発生するからです。

車のサブスクの良いところは各種税金や維持費等を月額料金の中に含められることですが、逆に利用料に対していくら金利がかかっているかはあまり表には出てきません

分割払いに抵抗がある人は車のサブスクを選ばない方が賢明です。

金利は見えにくくても各種維持費が月額費用に含まれていることは良いことでもあります。
先々の出費が見通しやすく、追加費用が発生しない点は大きなメリットと言えるでしょう。

手数料は発生していても都度見積を取る手間や支払いをする手間がなくなるという意味で時間的な価値も高いです。

「車のサブスクの価格は妥当なの?」という疑問をお持ちの方は以下の記事で詳しく解説していますのでよかったらご一読ください。

≫【価格検証】本当は安い車のサブスクリプション!高いと思われる理由は何?

車のサブスクのその他注意しておきたい点

ここまでデメリットを感じやすい人の特徴をお伝えしてきましたが、それ以外にも車のサブスクを利用する上で頭に入れておきたいポイントが3点あります。

中途解約不可(ライフステージの変化に注意)

注意点その1は「中途解約が認められていない」点です。
3年、5年、7年、11年等契約出来る期間はかなり幅広く取る事ができ、長ければ長い程毎月の利用料が安くなり、毎月の負担を低くすることができます

しかし逆を言えば11年等の長期契約にしてしまうと「結婚」「子育て」などライフイベントが発生した際に不自由が生じる可能性があります。

例えばあなたがコンパクトカーを25歳の時に11年契約でリースしたとします。
その場合、契約満了するころのあなたの年齢は36歳。

もし30歳で結婚して子どもが2人産まれたとしたら、コンパクトカーに家族4人をあと6年間も載せ続けることになります「安いから」という理由で長期契約をしてしまうとあなたにとって大きなデメリットとなってしまう可能性があります

ライフイベントが発生しやすい25~35歳の方は契約年数には要注意です。

子育て世代におすすめのサブスクはこちらの記事で解説しています。
≫【子育て世代におすすめ】短期契約できる新車リースクルカとリースナブルを徹底比較

車両保険への加入は必須

2つ目は車両保険への加入が必須であるという点に注意しておきましょう。
なぜ車両保険に入っておく必要があるのでしょうか

それは万が一事故を起こして車が全損してしまった時、契約している車をリース会社に弁償しなければならなくなるからです。

11年契約で300万円の車を購入し、1年経たずに事故にあって車が廃車になってしまったらどうなるでしょう?

恐ろしいことにその場合は300万円を一括で弁償しなければならなくなってしまいます
このようなリスクが車のサブスクには潜んでいることを忘れてはなりません。

これらのリスクに対応するために任意保険付きのサブスクを利用するのがおすすめです。

車両保険含めた任意保険代を月額費用内に組み込むことができるのは以下の3社です。

特におすすめなのはトヨタのKINTOです。
KINTOは任意保険が年齢問わず定額で加入できるので自動車保険料が高い20代の若いあなたに大きなメリットがあります

20代のあなたにKINTOがおすすめな理由は以下の記事でくわしく解説しています。
≫【コスパ抜群!】20代の車のサブスクは「KINTO一択」と言い切れる理由を解説

これらの3社以外の場合は個別に保険に加入する必要があるので無料の自動車保険一括見積もりサービスなどで事前に金額を調査しておくことをおすすめします。

傷や凹みの程度によって残価精算が必要になる可能性あり

これまでも何度かお伝えしてきましたが、車のサブスクは「残価設定」がされており想定される下取り価格より車の価値が下回ってしまった場合に返却時にその差額の支払いを求められることがあります。

ちょっとした傷であればそこまで大きな査定額DOWNはありませんが、大きな凹み等がある場合は事前に修理をしておくことをおすすめします。

またこのような出費を想定して契約満了時までにある程度のお金を貯めておくと安心です。

デメリット解消!車がもらえるカーリースもある

ここまで車のサブスクのデメリットをお伝えしてきましたがそれらのデメリットをクリアすることが出来るサービスもあります。

それは「契約満了後車がもらえる」タイプの長期カーリースです。

これらのサービスの場合、走行距離制限や改造/喫煙/ペット同乗などの制限事項を求められないケースが多いです。

実質「所有」と言っても過言ではなく、残債の支払いが終わるまでリース会社の所有にしておいて支払いが終わったら所有権を移転してもらえるイメージです。

これらのリースの場合「残価設定なし」のため返却を前提とする短期カーリースよりも月額料金が割高になってしまうことはご理解ください。

とは言えまとまったお金が出ていくことなく分割でローン同様に支払うことが出来るのは大きいですよね。

対象となる車がもらえるカーリースのおすすめは以下の2つです。

もし「毎月定額」で利用できるカーリースが必要だけれども、デメリットが気になるあなたはこちらのサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

車のサブスクに向いている人の特徴5選

ここまで車のサブスクにデメリットを感じやすい人の解説をしてきました。

そしてここからは逆に車のサブスクに向いている人がどんな人なのかを解説していきます。

特にデメリットを感じやすい人に該当しなかったあなたは、以下の特徴に当てはまらないかチェックしてみることをおすすめします。

車のサブスクに向いている人の特徴
  1. 突発的な維持費の支払いに嫌気がさしている人
  2. 急な転勤などで車が必要になった人
  3. 免許を取ったばかりの人
  4. 新車に定期的に乗り換えたい人
  5. 近く車を手放す可能性がある人(海外転勤・免許返納など)

もしかしたら車のサブスク向きの価値観や年齢に該当しているかもしれません

① 突発的な維持費の支払いに嫌気が差している人

まず1つ目は「突発的な維持費の支払いで痛い目をみた」人です。

まっつん

私自身も経験したことがあるのですが、急にエンジンの調子が悪くなり、メーカーの整備工場で緊急メンテナンス。
5万円を超える見積が出てきて財布も心も大ダメージを受けました・・・

車は、駐車場代やガソリン代以外にも定期的にメンテナンスが必要で維持費がかかります

常使用している中で定期的に発生する維持費
  • エンジンオイル交換
  • バッテリー交換
  • タイヤ交換
  • エアコンフィルター交換
  • ブレーキパット交換

これら以外にも突発的な故障等が発生すると数万円の出費があなたの家計を圧迫します

車が必要だけど急な出費は避けたいというあなたは車のサブスクを是非利用してみましょう。

会社により違いはありますがメンテナンス込みのプランにすることでそのような突発的な出費で財布を痛める心配がなくなります

これらの維持費に加えて2年に1度の車検費用や毎年5月に支払わなければならない自動車税なども全て月額利用料に含まれているため、突発的な維持費の支払いに悩まされることはありません。

私も嫌な経験をしていますからよくわかります。
月額利用料さえ支払っていればその他の費用発生がなくなるため、家計の管理が確実にしやすくなるサービスであると言えます。

② 急な転勤等で車が必要になった人

続いて急な地方への転勤等で車が必要になった人です。
必要だから車を買うと言っても、数百万円の出費をそう簡単に出せる人はそれほど多くはありません。

急に車が必要になったけれどまとまった支払いが厳しい人は車のサブスクの利用価値が高いです。

車のサブスクであればまとまったお金は不要。
中途解約が可能なサービスを選べば、先の読めない住環境の変化に対応できるのでおすすめです。

KINTOなら再度の転勤などで急に車が不要になったとしても規定の解約金を支払うことで期間途中でも解約することができま。更に海外転勤になってしまった場合には、解約金不要で車が返却できます

注意して欲しいのは中途解約が認められていないカーリースを選んでしまうこと。
車が不要になっても解約することができず使わない車の支払いが長期間続いてしまうという地獄のような状況に陥ってしまう可能性があります。

先々車が不要になる可能性がある方は、サブスクで解約が認められているサービスを利用すると良いでしょう。

③ 免許を取ったばかりの若い人(特に20代)

20代の免許取りたてドライバーにとって、車のサブスク(特にKINTO)は非常にコスパの良いサービスです。

なぜなら任意保険(対人・対物・車両保険)が年齢問わず定額で利用できるから。

20代の場合、運転経験が浅く保険会社のリスクが高いため任意保険の金額が非常に高額に設定されています

このような理由から20代で車を買うということは相当な車好き以外はかなりハードルが高いのが現状です。
しかし車のサブスクでネックである保険料が定額である上に、まとまった支払いも不要で車を使う分だけ毎月支払いをすれば良い点が20代におすすめできる理由です。

もし背伸びをしてでも車を購入したい場合には保険料だけで他の人の倍以上負担することになり非常のコスパが悪いです。
20代のドライバーが自分の車を持ちたいと思ったら検討するべきはトヨタKINTO一択と言っても過言ではありません

≫【コスパ抜群!】20代の車のサブスクは「KINTO一択」と言い切れる理由を解説

④ 新車に定期的に乗り換えたい人

新車に乗るのが好きで車がモデルチェンジをするたびに「欲しい!」と思ってしまうあなたは車のサブスクや3年程度の短期で契約できるカーリースがおすすめです。

基本的に車のサブスクは「新車」で契約するケースがほとんどです。
なぜなら新車の方が返却した時リセールバリューが高く、中古車として高値での販売が見込めるからです。

しかも車のサブスクは最短3年で契約を終了させることができるので、新しいモデルがリリースされたら契約をして3年経過後にまた新しい車に乗り換えるということが可能となっています。

購入と違って乗り換えをするときの手間は圧倒的に少ないのがサブスクの特徴で契約期間が終了したらその車を返却しまた新たな車を契約し直すだけで乗り換えが完了します。

車を乗り替える時に今の車を下取りに出して新しい車を買いなおすという手間がかかる購入と比べると非常に簡単

新車に定期的に乗り換えたいあなたは短期契約の車のサブスクがおすすめです。

⑤ 近く車を手放す可能性がある人(海外転勤・高齢者など)

最後に車に乗れなくなるリスクを抱えていて、車を手放すリスクが高い人も車のサブスクに向いたユーザー層です。

車に乗れなくなるリスクのある人の例

  • 免許返納が近い高齢ドライバー
  • 病気を抱えているが現時点で運転に支障がない人
  • 海外転勤の可能性がある人

これらのリスクに対して車のサブスクKINTOでは免許返納時」「死亡・運転困難状態」「海外転勤」という3つの条件において中途解約金が免除されることになっています。

これは車を買いたいけれど車に乗れなくなったら勿体ないという理由で車の購入に踏み切れないあなたを後押ししてくれる素晴らしい制度です。

もし運転が出来ない状況になったら「残った車はどうする?」「使わないのにローンの支払いが発生する」など多くの不安を抱えることになります。

その不安もKINTOなら解約金が免除されその時点で支払いをストップすることができ、車も販売店に返却すれば良いだけなので安心です。

また高齢ドライバーの方であれば定期的に新車に乗り換えておくことで最新の安全装置を搭載した車に乗れるので安心して車に乗る事が出来る点も大きなポイント。

これらの条件に該当する人はぜひKINTOをご検討ください。

車のサブスクの利用は増加傾向

車のサブスクに関してはじわじわと利用者数が増え続けている状況ですが、まだまだ認知度が低いです。

今後車のサブスクは盛り上がりを見せるのか?
車のサブスク市場の将来性についてみていきましょう。

引用:NEXT MOBILITY

自動車サブスクサービス市場、2025年に500億円規模に

・2025年度の自動車サブスクリプションサービス市場は500億円となる見込み。
・自動車サブスクリプションとは毎月一定額を支払うことで、契約した期間自動車を利用できるサービス。
・契約期間中に他車種への変更が可能なことから、様々な自動車を楽しみたい自動車愛好家の需要を獲得。
・契約期間が短く、手軽に利用できるため、若年層やこれまで自動車を所有していなかった人々もユーザーに。
・サービス提供エリア、契約プランの拡充、サービス認知度の向上により市場は拡大の見込み。

https://www.nextmobility.jp/car_sales/automotive-subscription-service-market-will-reach-50-billion-yen-in-202520210329/

このように車のサブスクは新しい考え方のサービスでまだまだ認知度も低いため、一般化まではもう少し時間がかかると考えられます。

しかしサービスへの期待は大きく今後の新しい車の買い方として普及していくことは必然と言っても過言ではないでしょう。

今はまだ利用者が少なくて不安かもしれませんが、今後の普及を見越してあなたも早めに車のサブスクを選択するというのは間違いではないと思いませんか?

まとめ

この記事では車のサブスクにデメリットを感じやすい人の特徴を解説してきました。

デメリットを感じやすい人の特徴5選

  1. 長距離通勤等で利用する人
  2. 車を所有することに喜びを感じる人
  3. 車をカスタムして使いたい人
  4. 愛煙家/ペットを乗せて出かけたい人
  5. 手数料や金利がどうしても気になる人

これまでの車の乗り方に違和感を感じない人こそが車のサブスクでデメリットを感じやすいということですね。

そして逆にこれまでの車の乗り方で感じられてきた「ネガティブな部分」が気になる方こそが車のサブスクに向いたユーザーであるということもわかってきました。

メリットを感じやすい人の特徴5選

  1. 突発的な維持費の支払いに嫌気が差している人
  2. 急な転勤等で車が必要になった人
  3. 免許を取ったばかりの若い人(20代)
  4. 新車に乗るのが好きな人
  5. 近く車を手放すリスクがある人(海外転勤・高齢者など)

あなたはどちらの特徴に当てはまりましたか?
「車のサブスクいいかも!」と思った方は、以下の記事であなたに合ったサブスクを選んでみましょう。

以上、「【デメリット解説】車のサブスクリプションに向かない人の特徴5選!」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる