「車のサブスクの失敗しない選び方3選」はこちら

車のサブスクリプションで審査に落ちやすい人の特徴とは?審査が必要な理由や内容を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • 車のサブスクを契約したいけど審査って何?
  • ちゃんと審査に通るのか不安・・・。落ちたらどうしよう。
  • そもそもなぜ審査されなきゃいけないの?

実は車のサブスクやカーリースの審査に落ちやすい人・通りやすい人には特徴があります。

なぜなら車のサブスクの運営会社は回収不能リスクの高い人とは契約したくないからです。
つまり審査に落ちやすい人とは回収不能リスクが高い人のことを言います

まっつん

私は車のサブスクの専門家として当ブログを運営しています。
ブログ執筆を進める上で車のサブスクのビジネスモデルや各社のサービスの特徴を分析し、審査が必要な理由/目的が理解できるようになりました。

この記事では車のサブスクの審査に落ちやすい人、通りやすい人の特徴と審査が必要な理由・内容を解説していきます。

この記事を読めばあなたが車のサブスクリプションで審査に通過できるかどうかの目星をつけることができるようになります

結論から言うと審査に落ちやすい人の特徴は以下の通りです。

審査に落ちやすい人の特徴

  • 収入が安定していない雇用形態の人(派遣社員・アルバイト)
  • 公共料金・携帯料金の滞納で信用情報に傷がついている
  • クレジットカードや住宅ローンの審査が落ちている
  • 連帯保証人のいない未成年
  • 複数の借入がある人
  • 自己破産・債務整理をして間もない人

これらの条件に当てはまっていなければ、安心しても大丈夫です。
ここからは各項目についてくわしく解説していきます。

もくじ

車のサブスクで審査が必要な理由

車のサブスクで審査が必要な理由は利用者の支払いが滞ると、企業側の被害は甚大だからです。
残念な事実ですが、車は返ってきたとしても1度利用された車は新車としての価値がなくなってしまいます

そのため支払いが滞ってしまったら未払い分の利用料は企業側の負担になってしまうのです,

つまり約満了まで乗ってもらう前提で先行投資したお金が回収できなくなるということ。
車のサブスプリクションは月額定額払いではあるものの、支払い義務が長期的に発生する高額な買い物であることを忘れてはいけません。

むやみにお金が払えなくなるリスクのある人に貸してしまうと双方にとってデメリットが大きくなるため、事前に「先々まで支払いが出来るか」という基準で確認をする

これが車のサブスクを契約する前に審査が必要な理由となります。

車のサブスクリプションの審査を行うのは誰?

車のサブスクリプションの審査をするのは各社によって違いがありますが、たいていの場合信販会社に委託しているケースが多いです。

つまりクレジットカードの審査とほとんど同じで、審査の項目もほぼ同じとなります。

車のサブスクは返却を前提としていることや残価設定をするケースも多いので、事実上の借入総額は自動車ローンよりも少なくなります

そのため自動車ローンより審査が緩い可能性があるとみています。
※あくまで私見です。審査は信販会社に判断により決定するもので審査結果に対しての責任は負いかねます。

車のサブスプリクションで審査される項目

それでは車のサブスクリプションで審査される項目を解説します。
利用者の支払い能力を把握するために以下の情報を審査会社に伝える必要があります。

審査される内容

  • 年収
  • 勤続年数・勤務内容
  • 雇用形態
  • 借入の状況/信用情報

それぞれ解説していきます。

年収

年収はあなたの支払い能力を測る上で基礎的な指標になります。
なぜなら収入があるだけあなたの支払い能力を証明することができるから。

購入する車種にもよりますが、年収200万円を超えることが目安と言われています。
年収200万円に満たない方は支払い能力がないと判断されてしまうことがあり、連帯保証人を求められたり、審査に落ちてしまう可能性があります。

とはいえ年収だけが評価軸ではないのでその他の要素でポジティブな要素があれば評価が変わることもあります

勤続年数・勤務内容

勤務する会社名や業種などの情報も重要な指標になります。
たとえばあなたが上場している優良企業に努めていた場合、正社員として勤めているだけで「職業の安定」が保証されたようなものです。

勤続年数が長ければ長いほど「あなたがその会社に適応できている」という証になるので、勤続年数の長さは確実にプラス要素となります。

逆に入社して1年に満たないという人は退職するリスクがあるという評価になるため、勤続年数が短い方は注意しておきましょう。

雇用形態

正社員なら高評価、パート・アルバイト・派遣社員なら評価は下がります。
なぜなら正社員であれば会社都合での退職がほとんど許されていないと言えるから。

一度採用されたら特別な事情がない限り辞めさせることができないのが正社員。
つまり正社員というだけで仕事を続けられる切符を持っているという見方もできます。

アルバイトや派遣社員の場合、会社都合で退職させることが可能な雇用形態になっているので正社員と比べるとどうしても不安定であるという評価にならざるを得ません。

ここは雇用形態による仕組み上の違いなので、アルバイトや派遣社員の良し悪しの話ではありません。

借入の状況・信用情報

いわゆる信用情報という項目です。
他社からの借入があると支払い能力という面ではマイナス評価となります。

なぜなら他社からの借入があると返済能力に悪影響を及ぼすから。
当たり前の話ですが、重要なことです。

なおこの信用情報というのは第三者機関が管理しており誰でも情報を照会することができます
そのため少しでも評価を上げようと借入額を過小申告したとしてもバレてしまう可能性が高いので注意が必要です。

ここで「虚偽の申告」をしてしまうと相手からの信頼を失い、その場で審査落ちとなる可能性が高くなってしまうので、極力正確な情報を伝えるようにしましょう。※多少の誤差であれば問題はありません。

車のサブスクリプションの審査までの流れ

これらの情報を伝えるのが、車のサブスクリプションの審査の内容です。
実際に車のサブスクリプションの審査をするときは、各社以下のような手順で進めることが多いです。

  1. 車種・プラン・リース料の選択
  2. 審査申込
  3. 審査結果受領
  4. 契約内容の最終確認
  5. 契約

ここで大切なのは選ぶ車種によって審査の基準が変わってくるということ。
当然ですが車両価格の高い車を希望した場合は、毎月の利用料の支払い額が高くなるので審査は厳しくなります

そのため自分の年収や審査項目ごとに想定される評価を踏まえて希望する車を選ぶことが重要になります。

身の丈に合わない車を選んでしまうと審査に落とされる可能性があるので要注意です。

審査申込時に用意しておくと良いもの

申込前には手元に「免許証」「勤務先の名刺」「源泉徴収票」などがあると良いでしょう。

なぜなら審査を申し込む際には以下のような項目の記入が求められるから。

審査申込時に入力する内容

  • 名前/性別/生年月日
  • メールアドレス/電話番号/住所
  • 駐車場所予定地
  • 住居の形態/居住年数
  • 家族構成
  • 年収/他社借入有無
  • 勤務先名称/勤続年数/所属部署/役職
  • 勤務先電話番号/勤務先住所
  • 従業員数/職種/業種
  • 免許証番号

赤字で書いた部分は免許証・勤務先名刺・源泉徴収票があれば記入できるはずです。

法人の場合はこれらの情報に加えて、法人名義の口座番号のわかるもの、資本金・年商などの会社概要などを手元に持っておくと良いでしょう。

車サブスクの審査に落ちやすい人の特徴

ここまでで車のサブスクリプションの審査の内容について解説してきました。
ここからは本題である「審査に落ちやすい人の特徴」についてです。

審査に落ちやすい人の特徴

  • 正社員雇用ではなく収入が不安定(派遣社員/アルバイトなど)
  • 公共料金/携帯料金の滞納で信用情報に傷がついている
  • クレジットカードや住宅ローンの審査に落ちている
  • 連帯保証人のいない未成年
  • 複数の借入がある
  • 自己破産・債務整理をして間もない

それぞれ解説します。

正社員雇用ではなく収入が不安定(派遣社員やアルバイト)

雇用形態の項目でも解説しましたが、派遣社員やアルバイトは残念ながら会社から守られた存在であるとは言えません
そのため年収の金額もさることながら、雇用が安定していないという点で審査に落ちてしまう可能性があります

この条件での申し込みは正直避けた方が無難です

必ず審査に落ちるということではないので、一応審査を受けてみるという考えを否定するつもりはありません。

ただしサブスクとは言え数年間に渡り利用料の支払いが必要であることを考えると収入が安定していない状態での契約はおすすめとは言えないです。

審査に通れば良いというわけではなく、安定した収入があるというのは利用者側にとってもメリットであるということを頭に入れて判断するようにしましょう。

公共料金・携帯料金の滞納で信用情報に傷がついている人

これは信用情報という観点での評価となりますが、公共料金や携帯料金を滞納してしまった人は知らないうちに信用情報機関に「滞納した」という事実が登録されている可能性があります

登録されている可能性のある信用情報機関は「CIC」「JICC」の2つです。

公共料金や携帯電話料金の滞納というとそこまで大げさに考えていなかった人も多いと思います。
しかし携帯電話料金にしても公共料金にしても「債務(支払い義務のあるお金)」であることに変わりはありません

これらの債務の支払いを疎かにするはお金を貸しても返済期日を守れない可能性があると判断されてしまいます

自分に滞納歴があるかどうか忘れてしまったという人は「CIC」や「JICC」のHPで閲覧料金(1000円前後)を支払うことで自分の信用情報を確認できるのでやってみると良いでしょう。

クレジットカードや住宅ローンの審査に落ちている人

過去、クレジットカードの審査や住宅ローンの審査に落ちたことがある場合「審査に落ちた」という事実が信用情報に記載されてしまいます

過去別件でカードや住宅ローンの審査に落ちている人は厳しく評価される可能性があります。
車のサブスクの審査の場合も同様で「審査に落ちた」という履歴が残ってしまうことを頭に入れておきましょう。

つまりむやみやたらに審査落ちを繰り返してしまうと信用情報を傷つけてしまうということです。

複数回出せば審査に通る可能性が上がることは基本的にはないと考えた方がよいでしょう
残念ながら審査に落ちた場合はあなたの支払い能力の評価が足りないと判断されているということなので、その事実を受け止めて対策を練ることようにしましょう。

未成年で連帯保証人がない場合

車のサブスクは安定した収入がある場合、未成年でも契約することができます
ただし未成年の人は親御さんに連帯保証人をなってもらうことを求められるケースがほとんどです。

そのため未成年の人が親に内緒で申し込みをしたりしても、最終的に親に保証人になってもらわないと契約ができないので要注意です。

未成年で車のサブスクを使いたい人は親の同意を得てから申し込むようにしましょう。

複数の借入がある人

支払い能力を測るのが審査の目的なので複数社から借り入れをしている人の評価は低くなります
なぜなら返済先が分散していることにより支払い漏れのリスクが発生したり、他社への支払いで利用料の支払いが滞ることが想定されるからです。

また借入金額が多いと個人の借入限度額(融資可能な枠)が少なくなっている可能性があるため、車のサブスクの審査を通せる余力が残っていない可能性もあります。

車のサブスクと言っても一定期間の支払いを義務が付けられた債務の増加なので、債務超過に陥らないように各社の基準に従い審査に落とされてしまうということがあるのです。

ブラックリストに載っている(債務整理歴)

過去に自己破産や任意整理などの債務整理を行った人は信用情報機関にブラックと登録されその後の借入が厳しくなります

信用情報機関には7年程度の債務整理歴が記録されるため、この期間内では審査に通すことは不可能であると言っても過言ではありません。

ブラックリストに載っている人は自分がブラックであるという認識はあると思いますが、信用情報をチェックして評価がリセットされたタイミングを待つことが現実的な判断となります。

車サブスクの審査に通りやすい人の特徴

上記の例に当てはまらないという人は、大きな問題がないため審査に通過できる可能性は極めて高いと言えます。

逆説的ですが具体的に通りやすくなる条件をまとめてみました。

車のサブスクの審査に通りやすい人の特徴

  • 正社員や公務員など安定した職業で勤続年数が長い人
  • 他からの借入がない(キャッシング・リボ払い)
  • 公共料金等の支払い遅れをしたことがない人
  • 住宅ローンの審査に通過している人
  • 年収相場に合った車種を選定している人

それぞれ解説していきます。

正社員や公務員など安定した職業で勤続年数が長い

正社員や公務員などの職業は会社都合で簡単に退職を迫ることが難しいため、仕事の安定度から高い評価が得られます

またそれは勤続年数が長い人ほど「簡単に仕事を投げ出さない人」という評価となり、審査上の評価は高くなっていきます

これらの条件を満たしている人は車のサブスクやカーリースを利用することが出来ると認められた人であると言えます。

他からの借入がない(キャッシング・リボ払い)

更にキャッシング・リボ払いなどの借入がない人であれば、より審査通過の可能性は高まります

むしろこの条件がクリア出来ていて審査に落ちることは正直想定できません

審査を行う上で「他からの借入がない」ということは支払いに対するリスクがないと言い切れるくらいの好条件と言っても過言ではないでしょう。

一般的にキャッシングは「借入」として認識されることが多いですが、クレジットカードの1回払いに関しては「借入」だと認識されないと言われています。

逆にリボ払いや分割払いは借入と同義なので要注意です。

公共料金などの支払いを期日通り支払っている

公共料金の支払いを期日通り支払っているかも審査上の評価に影響します

クレジットカードや口座引き落としにしている人は特に気にする必要はありませんが、払込票を使ってコンビニで支払っている人は期日に間に合うように支払いが出来ていますか

あまり支払いの滞納が多いと信用情報機関に登録されてしまっていることあるので注意してください。

また携帯電話の端末を割賦契約(機器代金の分割払い)で支払っている場合も上記の「借入」に該当します。

たかが携帯電話だからと言って侮ってはいけません。
お金を借りるということは信用が第一。

支払わなければいけないお金を期日通り支払っていると良い事があるということですね。

住宅ローンの審査に通過出来ている

住宅ローンの審査に通過出来ている人も審査上の評価は高くなります
なぜなら住宅ローンの審査が通過出来ているということは数千万円の借入が認められた最高難易度の審査を通過している証になるからです。

もちろん他にキャッシングで多額の借入があるなどマイナスポイントがあれば別ですが、住宅ローンの審査を通過できた人は審査におけるストロングポイントを持つ人であると考えて良いでしょう。

年収とリースする車の価格が釣り合っている

年収や借入状況に対して選ぶ車の価格が釣り合っていることも大切です。
年収300万円なのにレクサスを買うというのは明らかにバランスがおかしいですよね。

乗りたい車に対して自分の収入や借入の状況を踏まえて最適な車を選ぶようにしましょう。
見栄を張ったり、欲張ることなく「自分の身の丈に合った車」を選ぶことができれば審査通過は目前です。

車サブスクの審査に不安がある人の対処法

ここまでの内容を読んで「審査に通るか不安だ」という人は審査上の条件が良くなるように以下のような対策を検討してみましょう。

審査通過のための具体策

  • 連帯保証人をつける
  • 申込名義を変える
  • 頭金を支払う
  • 価格の安い車種や下位グレードを検討する

それぞれ解説します。

連帯保証人を付ける

1つめは連帯保証人をつけるというアイディアです。
連帯保証人というのは一般的に審査会社から「連帯保証人を付けてもらえたらOK」というように条件提示されるものです。

ですがこれまでの内容を踏まえて「自分は審査通過が難しいかもしれない」と思ったら申込のタイミングで「連帯保証人をつけるつもりである」という旨を伝えておくと、審査が通過できる可能性が高くなる可能性があります。

連帯保証人をつければ全て審査が通過が出来るというわけではありませんが、ブラックリストに載っているなどの一発NGの条件がなければこの策は有効に働く可能性があります。

もちろん連帯保証人をお願い出来る人(親御さんなど)がいることが条件になります。

申込名義を変える

申込の名義を変えるという方法も検討の余地があります。
たとえばあなたではなくあなたの親の名義で申込をするという考え方です。

この場合サブスクの会社によっては「主たる運転者」の申込でなければならないことがあるため注意が必要です。

サブスクの会社に親名義の申し込みでも利用できるか、事前に確認しておくようにしましょう。
この方法であれば審査の対象があなたではなくあなたの親御さんになるので審査通過の可能性は上がります

頭金を支払う

支払える頭金があれば頭金を支払ってしまうのも手です。
それなりにまとまった金額の払い込みは必要になってきますので数十万円単位の支払いは覚悟しておきましょう

この頭金を入れることで支払いの総額を減らす効果に加えて、月当たりの利用料も減らすことに繋がります。

ただし頭金を受け入れてくれる会社とそうでない会社があるので事前に確認が必要です。

価格の安い車種や下位グレードを検討する

希望する車種があっても審査が通らないということは残念ながら身の丈に合わないと判断されたということになります。

どうしても車が必要な状況なのであれば車種をコンパクトカーに変えたり、価格の安めの車種を選ぶことで審査の対象となる金額を減らすことができます

自分が審査に通らない可能性があると判断したら、申し込みの車種から見直していくことも大切なアプローチです。

審査に落ちてしまった場合の対処法

対策を講じても審査に落ちてしまう可能性が0になるわけではありません。
そのため審査に落ちたという事実を受け止めて、次どうするかを前向きに考えていきましょう

車が必要な理由を再考する

そもそも車を買おうとした理由を改めて考え直してみましょう。
車がないと困る状況なのか困らないけれど娯楽で使いたいだけなのかなど、状況によって車の必要性を検討することです。

地方への転勤で車がないと困るというような人は何か別の方法で車を手に入れることを考える必要がありますよね。

逆になくても困らないという人は一旦車のサブスクの利用を諦めて審査上のリスクを潰していく動きに徹すること。

その方が結果的に早く車を手に入れられるようになるかもしれません。

今必要な理由」があるのか、改めて考え直してみてください。

現金購入できるレベルの中古車を探す

もしどうしても車が必要だという人は車のサブスクの利用は諦めて中古車を探すという選択肢もありです。

なぜなら車のサブスクの大半は「新車」であり、ある意味贅沢な乗り物だから。

中古車は10万円くらいで買えるものもあり、価格帯は非常に幅広いです。
こだわらなければ「移動手段」としての車であれば安く手に入れることができます

車のサブスクとは言え高額な買い物であるのは間違いありません。
だからこそ無理をせず、買える車を探すという選択肢も残されています

そのため審査に落ちたからと言って落ち込むことはありません。

独自審査のカーリースを探す

また独自審査のカーリースを探すという手段もあります。
独自審査というのは信販会社を通さず、自社にて審査をし利用料を直接支払ってもらうというスキームなので比較的審査が甘いと言われています

もちろん未回収リスクを考慮する必要があるので通常のリース料よりも割高になることは覚悟しておきましょう。

ちなみにリースナブルというリース会社は自社リースを行っていますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

≫リースナブルのサービス内容はこちら

虚偽の記載は信頼を傷つける

最後に伝えておきたい注意事項があります。
それは審査に通過するか不安だからと言って、虚偽の記載をするのは絶対にやめましょう

虚偽記載がバレてしまうとあなたの信頼は一瞬で底に落ちます
あなたは「嘘をつく人」にお金やモノを貸したいと思いますか?思いませんよね?

車のサブスクの会社もあなたに車を貸したくないわけではありません。
むしろ貸したいという誠意をもっている中で審査をしているので、あなたも誠実な対応をする必要があります

もう一度いいますが、虚偽の記載だけは絶対にやめましょう

まとめ

車のサブスクリプションの審査に落ちやすい人の特徴、審査が必要な理由、審査で見られる内容などについて解説してきました。

審査は契約期間中の支払いが約束できるかどうかという「あなたの支払い能力」を見るために行います。審査に落ちる人は支払い能力が不足していると判断されたということになります。

審査に落ちやすい人の特徴は以下の通りです。

審査に落ちやすい人の特徴

  • 正社員雇用ではなく収入が不安定(派遣社員/アルバイトなど)
  • 公共料金/携帯料金の滞納で信用情報に傷がついている
  • クレジットカードや住宅ローンの審査に落ちている
  • 連帯保証人のいない未成年
  • 複数の借入がある
  • 自己破産・債務整理をして間もない

逆にこれらの特徴に当てはまらないあなたは問題なく審査に通過できる資質を持った人と言えます。

だから安心して車のサブスクリプション選びに進んでみてください。
車のサブスクについてよりくわしく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

以上「車のサブスクリプションで審査に落ちやすい人の特徴とは?審査が必要な理由や内容を解説」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる