車サブスクやカーリースで審査が甘い会社はどこ?自社審査のメリットとデメリットを解説

  • URLをコピーしました!
愛猫ポン太

カーリースやサブスクの審査ってぶっちゃけどうニャの?

まっつん

カーリースやサブスクは自動車ローンと比べると審査は甘いと言われているよ。借入金の総量ではなく毎月の支払い額に対して審査をするからね。あとリース期間中はリース会社に所有権があるから貸付金の担保になる。

愛猫ポン太

ニャるほど!ちなみに自社審査の方が審査が甘いって聞いたけど本当?

まっつん

はっきりとは言えないけど審査を甘くして契約を取りに行く会社がいるという話は聞いたことがある。でも双方リスクがあるから注意した方がいいよ。

愛猫ポン太

??くわしく教えて欲しいにゃ。

まっつん

OK!まかせなさい♪

この記事でわかること
  • カーリース審査の概要
  • カーリースで審査が甘いと言われる理由
  • カーリースで審査が甘い会社の特徴
  • 自社審査のメリット・デメリット
  • 審査に不安がある人におすすめのサービス
★車のサブスク・カーリースのおすすめランキング★

人気9社を圧倒的な情報量で比較したおすすめのサービスがわかる記事はこちらから

≫【人気9社比較】車のサブスク・カーリースおすすめランキング!– 失敗しない選び方も解説 –

もくじ

車のサブスク・カーリースの審査とは?

車のサブスク・カーリースの審査は「貸している車の代金が回収できるか」を確認するために行われます。なぜなら車のサブスクやカーリースは車を利用者の代わりに代理購入し、分割払いで貸すというスキームだからです。

支払い能力があるかを判断するため、以下のような内容が審査されます。

年収

当たり前ですが年収はあなたの支払い能力の証明です。年収に合わない高額な車などを選んでしまうと審査結果に影響してしまう可能性もあるので年収にあった車を選ぶことが重要。

極端に年収に不相応な車を選んだりしなければ、まず審査に落ちることはないでしょう。

その上で、年収以外の要素が評価されていきます。その他のポジティブな要素やネガティブな要素があれば審査結果は変わるので年収は審査の基本的な情報であると理解しましょう。

勤続年数・雇用形態

勤続年数や雇用形態も重要な指標とされています。

なぜなら契約した直後に仕事を辞めたり、仕事がなくなってしまったらリース会社はお金の回収ができなくなる可能性が高まるからです。

そのため勤続年数は長ければ長いほど評価され、雇用形態も派遣社員やパート・アルバイトよりは正社員の方が評価が高くなります。

入社して1年経っていない人やアルバイトなど雇用が安定していない仕事をしている方は審査でネガティブな評価をされてしまう可能性があることを頭に入れておきましょう。

借入の状況・債務履歴・信用情報

他社で借入が極端に多い人や、過去支払いを滞納してしまった人は審査でネガティブな評価をされてしまうことがあります。また債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)などの履歴がある人は一定期間ネガティブな評価が残ります。

これらの債務に関する情報はCICJICCという金融系の信用情報機関によって一元管理されており、過去のクレジットカードやローン取引の履歴が全て記録されています。

もし過去の債務履歴が気になる方は公式サイト(CIC/JICC)で有料ではありますが閲覧することが可能です。
借入をしていない人や支払いを滞納したことがないというあなたは特に気にする必要はありません

過去延滞を重ねてブラックリストに載ってしまったけれど、至急車が必要だという人は以下のサービスがおすすめです。

◆審査が不安なあなたにおすすめ◆
全国納車OK!ローンが通りにくくお困りの方もご相談ください!【自社ローン新車.com】

その他、車のサブスク・カーリースの審査に関するくわしい解説は以下記事をご一読ください。

車のサブスクやカーリースの審査は比較的甘い!その理由は・・・?

車のサブスクやカーリースの審査は通常の自動車ローンやカードローンなどよりも比較的甘いと言われています。

その理由は以下3点です。

  • カーリースの審査は総量規制の対象外だから
  • 借りる対象がお金ではなく「車」だから
  • 借入総額ではなく「月々の支払い額」で審査されるから

それぞれ解説していきます。

理由① カーリースは総量規制の対象外だから

カーリースは貸金業法で定められた「総量規制」の対象外になっています。

総量規制とは過剰な貸し付けを抑制するために作られた制度です。簡単に言うと「個人の人はお金を借りるのは年収の3分の1まで」という決まりのことを言います。

規制の対象は貸金業者と呼ばれる「銀行以外の金融業(ノンバンク)」ですが、以下の貸付は対象外となっています。

  • 不動産ローン
  • マイカーローン
  • 高額医療費向けの貸し付け

つまりサブスクやカーリースも総量規制の対象外となるのでカードローンなどの審査よりも基準が甘いのです。

だから過剰に心配しすぎる必要はありません。とはいえ借り過ぎには注意が必要なので、余裕を持った支払い計画を検討するようにしましょう。

理由② 借りる対象がお金ではなく「車」だから

2つ目の理由は車のサブスクやカーリースの特徴は所有権が「リース会社」にある点です。

つまりあなたはお金ではなく「車」を借りているということ。

その点では金融的な審査は比較的甘く、あくまで継続して支払いができるかをチェックする形になるのです。

金融ブラックなど過去の延滞歴や債務整理歴などがある場合は審査落ちしてしまう場合もありますが、リース会社がそれでも貸して良いと判断すれば貸してくれる会社も存在します。

理由③ 借入総額ではなく「月々の支払い額」で審査されるから

理由②でも解説したようにお金ではなく車を借りるというサービスの性質上、毎月の支払いが問題なく実行できるかをリース会社の審査は基準としています。

そのため、年収に対して毎月の支払い額が高すぎると審査に落ちてしまう可能性があります。

高額な車をリースしたり、支払期間を極端に短くしたりしなければ問題はないでしょう。逆を言えば、10年前後の長期契約を結ぶことで月あたりの支払い金額が減らせるので審査が通りやすくなる可能性もあります。

ちなみにカーリースの審査は1社ずつ出した方が良いです。なぜなら複数のカーリースに一括で問い合わせをすると審査を通らず複数社に問い合わせているとみなされ審査結果が悪くなる可能性があるから。

審査の問い合わせをする際は注意しましょう。あなたにあった車の定額サービスを調べる方法はこちらから。

カーリースで審査が甘い会社の特徴

審査が甘いと言われるカーリースではありますが、特に審査の甘い可能性のある会社の特徴は以下の通りです。

  • 長期契約できて、月々の支払い額が安い会社
  • 審査会社が複数ある会社
  • 自社審査を行っている会社

それぞれ理由を解説します。

長期契約できて、月々の支払い額が安い会社

1つ目は長期契約できる会社です。なぜなら長期契約であれば毎月の月額料金を安くすることができるから。

例えば300万円の車を5年で支払うと月50,000円です。しかし、300万円の車を11年契約で支払うと月27,272円です。もちろんここに手数料などが加算されるので安いというわけではないのですが毎月の支払金額は確実に下がります

長期契約ができるサービスは毎月の支払金額という目線では審査に有利です。最大11年の長期契約ができるサービスは以下の3社です。

最長11年まで契約期間が伸ばせるカーリース

長期契約しても問題のない人は、ライフスタイルの変化しない年代(40~50代)のあなたです。
結婚・子育てを控える方は子どもの成長に合わせて車のニーズが変わるので注意しましょう。

審査会社が複数あり、使い分けている

ほとんどのカーリースでは審査会社に審査を委託しており、委託先を複数抱えているケースがあります。なぜならカーリース会社は極力審査を通過させたいからです。

審査に委託する先が多ければ多いほど、審査基準の違う会社に確認してもらえるので通過する可能性が上がります。ただし上にも書きましたが、一回で複数のリース会社に申込をすると逆効果になるので注意しましょう。

複数の審査会社を抱えるカーリース 例
  • リースナブル(オリコ/セディナ/ジャックス/芙蓉オートリース他)
  • ニコノリ(昭和リース/ジャックスリース/オリックス自動車/オリコオートリース)
  • コスモMYカーリース (オリコカード/セディナカード/オリックス自動車)

自社審査を行っている

また自社審査を行っている会社は信販会社の判断を介さないので審査が通りやすい可能性があります。信販会社の審査は信用情報機関の情報を頼りにしているので、信用情報機関の評価が良くなければ審査に通ることはありません

しかし自社審査であれば信用情報機関の評価が良くなくても、その会社独自の基準で審査を行うので審査に通過できる可能性が高くなる可能性があります。

機械的な審査ではなく、あなたの状況を踏まえた審査結果が期待できるでしょう。ただし支払いが継続できるという根拠がなければ厳しいので過度な期待は禁物です。

自社審査のデメリット

自社審査は審査に通りやすいというメリットはありますが、デメリットもあります。審査に通ればOK!ではなくデメリットも理解した上で契約することが重要です。

リスクを取っているので通常より料金が高い場合がある

審査が通らないということは、その人の信用が足りていないということ。信用が足りない人に対してお金を貸したり、リース物件を用意することは企業にとってはリスクです。

そのリスクをどこで回収するかと言えば当然「料金」です

一般のローンやリースよりも高めの利息や利用料がかかる可能性があるので、もし自社審査以外のカーリースで審査が通せるのならそちらの方が間違いなく得です。

不安があるから最初から自社審査のあるカーリースを使うのではなく、まずは通常のリースの審査を通すこと。

もし審査が通らなかった場合の最終手段として自社審査のサービスを検討することをおすすめします。

審査に有利な長期契約(11年)ができるサービス

審査に通っても支払いは続く

審査に無事通ったとしても、そこがゴールではなくスタートラインに立ったにすぎません。車を利用するための料金の支払いがここから始まるので、先々ちゃんと支払いができそうかもう一度冷静に考えてみましょう。

とはいえ、地方に住んでいたりすればどうしても車が必要になるので最終手段として自社審査ローンを使うというのは有効でしょう。

先々の支払い計画をきちんと立てて、自社審査リースやローンを活用していきましょう。

まとめ

カーリースの審査の内容・甘い会社の条件についてまとめます。

  • 審査は「年収」「勤務年数・雇用形態」「借入の状況・債務履歴・信用情報」という情報を基に行われる
  • サブスクやカーリースの審査が甘い理由は「総量規制の対象外」「お金ではなく車を借りる」という点にある
  • 審査で確認するポイントは「月々の支払いが問題なく実行されるか」が最も重要視されている
  • そのため月額利用料を下げられる長期カーリースは審査に有利
  • 複数のリース会社と提携していたり、自社審査を行っている会社は審査が通りやすい
  • 自社審査のサービスは料金が高くなる可能性があるため一度通常のリースで審査を受けること
  • 自社審査のデメリットを理解した上で、本当に車が必要な場合のみの利用がおすすめ
  • 審査通過はあくまでスタート。これから長期の支払いが始まることを忘れずに。
愛猫ポン太

カーリースって利用しやすい反面、支払いについては計画的な利用が重要ってことであってるかニャ?

まっつん

その通り。月額利用できるからといって車は高価な買い物であるということは忘れずに。

愛猫ポン太

心しておくニャ!でもサブスクやカーリースがどうしても車が必要な時の強い味方だってことがわかって良かったニャ♪

まっつん

そう、メリット・デメリットを正しく理解して上手に使うことで人生が豊かになるから、このサイトでしっかりと勉強してね!

以上、「車サブスクやカーリースで審査が甘い会社はどこ?自社審査のメリットとデメリットを解説」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ