「車のサブスクの失敗しない選び方3選」はこちら

【価格検証】本当は安い車のサブスクリプション!高いと思われる理由は何?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • 車のサブスクって高いイメージあるよね?どこがいいんだろう?
  • 総額でみたら絶対買った方が得と思うんだけど、実際どうなの?
  • 月1万円で乗れるってCMも出てるけど本当?何が正しい情報なんだろう・・・?

実は車のサブスクは先々の出費が見通せるコスパの良いサービスです。
なぜなら月額料金に「車検」「税金」「メンテナンス」「保険」が含まれているから。
※サービス内容は各社により違いあり

まっつん

私は車のサブスクの専門家としてこのブログを運営しています。
車のサブスクがなぜ高いと思われてしまうのか、詳しく説明することが可能です。

この記事では「車のサブスクって結局安いの?高いの?」という疑問に対して解説していきます。

この記事を読めば車のサブスクのコスパの良さに気付き、これまでの常識とのギャップが見えるようになり、フラットに「車のサブスクを利用すべきか」を検討することができるようになるでしょう。

結論ですが「車のサブスク」は高いという噂は間違っています
記事内で詳しく解説します。

もくじ

【結論】車のサブスクは安い!

結論から言えば車にかかるほぼ全てのコストが月額化されているので見た目以上に安いです。

具体的に言えば「メンテナンス費」「車検」「税金関係」「任意保険」が含まれています。
※会社によってサービス内容が異なるのでそれぞれ確認しておくことをおすすめします。

そのため月額の金額を見るとローンと比較して「高い!」と感じてしまいがち
ですが冷静に考えて維持費も利用料の中に含まれているということを考えるとコスパが良いサービスであるのは間違いありません

高いと主張している人の中には「残価設定型ローンの返済月額」や「本体価格のみのカーリース」と見比べてしまっているケースも多いので「比較項目をしっかりと揃えること」が大切です。

車のサブスクはなぜ安いと言えるのか?

車にかかる費用の大半が月額費用内に収まっているから

車のサブスクが安いと言える理由。
それは車にかかる費用の大半が月額費用内に収まっているからです。

サブスクリプションという言葉の定義は以下の通り。

サブスクリプションとは?

定額料金を支払うことで一定期間の利用が認められたサービス

つまり車のサブスクは変動する費用以外の一切の費用がサービス費用内に含まれているのです。

車を利用する上で変動する費用は「ガソリン代」「駐車場代」の2つ。
これは各人の車の使い方や借りている駐車場の賃料等により、サービス提供者がコントロールできない要素です。だからサブスクリプションとは言え、この2つの費用だけはサービスに含めることは難しい費用項目となっています。

まっつん

逆を言えばその他の費用は全て月額費用に含まれています

この月額を支払うだけで乗れるということの価値は「税金」「メンテナンス料金」「車検費用」などの維持費の支払いを考える手間まで省いてしまった点です。

車を購入したことがある人はわかるかと思いますが、車に乗っていると毎年の自動車税2~3年に1度の車検代などいろいろな出費に頭を悩ませるもの。

これらの負担を気にすることなく乗れるようになるというのは、ある意味非常に価値のあるものだと思いませんか?

ちなみにカーリースとサブスクは似ているようで違うものです。
この違いは【図解で解説】自動車サブスクリプションとカーリースの違いとは?という記事で解説しています。

月額費用に含まれるもの

車のサブスクの代表格KINTOの月額費用の内訳は以下のようになっています。

引用:KINTO公式HP

車のサブスク(例:KINTO)の月額料金内訳

  • 新車の本体価格
  • 新車のオプション価格
  • 初期費用(自賠責保険・自動車税・重量税・諸費用など)
  • 任意保険(対人・対物・車両)
  • メンテナンス(オイル交換・タイヤ交換・ワイパーゴム交換・ブレーキパッド交換等)
  • 車検費用
  • 自動車税(通常、毎年4月に請求されるもの)

上記費用が全て月額利用料の中に含まれます。
金額設定の中身を理解すればするほどより納得感が得られるはずなので、1つ1つの項目を深堀りして見ていきましょう。

車体本体価格

まず当然の費用として、車両本体価格が含まれます。

車の購入費用は一般的には数百万円の高額な出費をイメージすると思いますが、実は違います。
車のサブスクはリセールバリューを想定した価格の設定がされており、非常にコスパが良いです。

リセールバリューとは中古車市場に流通させた時の売却想定価格のこと。
言い方を変えると「残価」といいます。残価設定ローンというのはこのリセールバリューを使ったローンのことです。

「新車」は「中古車」になったとしても市場での価格が下がりにくいという特徴があります。だから新車をサブスクで借りたとしても実質の負担額は比較的抑えることができるのです。

具体的なイメージができるように、中古車サブスクのNORELと新車サブスクのKintoを同じ車種で借りた場合の月額費用を見てみたいと思います。

NOREL ヴォクシー2017年式の価格 = 99,800円/月
引用:NOREL公式 2021年5月現在
Kinto ヴォクシーZS”煌Ⅲ 61,380円/月
引用:KINTO公式

このように中古車サブスクは残価を想定することが出来ず、価格の逆転現象が起こってしまいます。だからこそ新車サブスクのKintoが非常に安いと言われる理由です。

どうせ乗るなら新車の方が良いですよね?
しかも安いなら尚更です。

また車のサブスクは3年~7年で選ぶことができますが、3年契約の方がコスパが良いです。
なぜなら3年に1度新車に入れ替えることが出来る上に価格に大きな違いがないからです。

3年契約にした場合、比較的新しい状態で中古車市場に流通させることができるためリセールバリューが働き、月額が抑えられます。

逆に5年以上の場合、残価は下がる代わりに契約期間が長くなるため毎月の負担額は若干さがりますが、両者を比べてみるとそこまで大きな違いにはならないというのが結論です。

ヤリスクロス3年契約の費用(引用:トヨタKINTO HP
ヤリスクロス5年契約の費用(引用:トヨタKINTO HP

3年契約と5年契約で比較してみると差額は5年契約の方が3,300円/月安くなります。
逆を言えばたった3,300円だけ毎月多く支払えば3年ごとに新車に乗れるということです。

車は1度購入してしまうと簡単に買い替えをすることは難しいものです。
しかしサブスクという新しいサービスの登場で乗り換えが容易にできるようになりました

期間を区切ってその期間分のコストを支払っていくという考え方はまさに新時代の車の乗り方と言えますね。

トヨタ以外の新車に月額で乗りたい!という人はカーリースを使う方法があります。
車のサブスクとカーリースの違いを解説した記事もありますので、気になる方はそちらをチェックしてみてください。

任意保険

この任意保険も車のサブスクで注目すべきポイント。
なぜなら車のサブスクの場合、自動車保険が定額に設定されているからです。

これまでの自動車保険は個人ごとにリスクを想定し価格が変動するものでした。

自動車保険の金額変動条件
  • 契約する車種
  • 運転者の年齢
  • 等級(保険契約歴。事故があると等級は下がる)
  • 免許の種類(初心者・ブルー・ゴールド)
  • 走行距離

しかし車のサブスクではサービス全体で保険の契約を固定しています
複数の契約者がいる中で事故を起こす可能性が一定の割合に集束する前提で1台あたりの保険料が設定されているようです。

つまり契約者がどんな条件でも保険の金額が一律で設定されているということ。
ここがサブスクが「高い」か「安い」かを判断するポイントになります。

保険料が高い「20代」「初心者」はKINTOを利用するとトータルで保険料をグッと抑えることができるので非常におすすめです!

メンテナンスコスト

クルマの乗っている予期せぬタイミングでメンテナンスが必要になります。
例えば以下のような部品の交換が必要になることがあります。

車の維持管理に必要なメンテナンスの内容
  • エンジンオイル交換
  • オイルフィルター交換
  • バッテリー交換
  • エアクリーナエレメント交換
  • タイヤ交換
  • ワイパーゴム交換
  • ウインドウォッシャー液交換
  • エアコンフィルター交換
  • ブレーキパッド交換
  • ライト/ブレーキランプ交換
  • 各種電池交換(電子キー等)

購入した車に乗っているとこれらの交換費用は都度支払いが必要です。
車の部品は使用しているうちに少しずつ劣化が進んでいく為、いつ交換すべきか想定するのは難しいもの。

しかもこれらの費用は数千円~数万円かかるので支出としてはインパクトがあります。
いきなり「数万円払え!」とクルマに言われるようなものです。

これがクルマを購入すると発生すると言われる「維持費」の正体。
これらのメンテナンス費用が含まれているというのは利用する立場としてはとても安心です。

いずれどこかで突発で発生する費用を月に均して支払っていると考えれば、車のサブスクが高いとは言い切れないのではないでしょうか。

車検費用

車検は新車なら3年経過後に初回を、それ以降は2年に1度実施しなければいけません。
費用は車種にもよりますが、1回10万円前後必要となります。

これらの費用も全て月額費用に含まれているので安心。
※5年契約以上の場合

上記のメンテナンス費用と同様、突発的な費用があるとお金持ちの人なら気にしないかもしれませんが一般人にとっては決して安い費用とは言えず、厳しい出費になりますよね。

車のサブスクに切り替えて車にかかる大半の費用を月額定額化することであなたも心穏やかに毎日を過ごせるのではないでしょうか

自動車税

自動車税は毎年4月に車を所有する人に請求される税金です。
軽自動車の場合は10,800円、普通車は排気量によって変わりますが、25,000~110,000円くらいの幅で課税されます。

※3,000cc以下の車であれば、25,000円~50,100円の幅に収まります。
 3000cc以上の車の例)ハリアー・レクサス・ベンツ等の高級車。

支払わないと脱税になってしまうので、毎年4月に発生する費用として見立てをしておかなければなりません

サブスクに切り替えれば毎年4月の自動車税を気にする必要もなくなりますね。

将来的な利益が約束されているため、強気の価格設定ができるから

月額定額のメリットは利用者だけではなく、サブスク会社にもあります。
それは車検やメンテナンス、保険の囲い込みが出来るということ。

つまり将来的な売上の予測が立つだけでなく今まで取りこぼしていたメンテナンス・車検の費用が全て自社の売上に繋がるということです。

これはサブスク会社側にも大きなメリットですから、月額の利用料を多少割り引く形でも十分採算が取れるということになります。

返却後の再販からも利益が見込めるから

返却した後のクルマの用途は「中古車」として再販するという形になります。
(ここは各社の戦略があるはずなので推定です。)

その前提で考えると貸し出しのタイミングで残価を設定しているとはいえ、出来るだけ良い状態を維持する必要があります。

なぜなら状態の良い中古車が返却されればサブスクを運営する会社の利益にもつながるから。

そのために定期的なメンテナンスや走行距離の制限が設定されているのです。

ぶつけたり事故に遭ったりした時の修理費用も月額料金に含まれている(一部負担あり)のは、出来るだけ車の価値を維持するという目的があるということを理解しておくと、価格設定、サービス内容により納得感が得られるはずです。

車のサブスクをさらにお得に使う方法

まっつん

最後によりコスパが良い使い方が出来る方法を紹介しますね。

以下の条件に該当する人は、車のサブスクをよりお得に使えます。

・20代のドライバー
・65歳以上のドライバー
・クレジットカードでポイントを貯めている人


それぞれ解説します。

20代のドライバーは任意保険分大幅にお得に乗れる

若い年齢の人は任意保険の費用が高くなりがちですが、保険料が定額の車のサブスクでは心配ありません。
具体的にどれくらいお得に乗れるのか検証してみましょう。

参考までにWebで概算見積を取得してみました。

利用サイト:ソニー損保 見積・申し込みページ

見積条件は以下の通りです。

見積条件
  • 車種「トヨタ ヤリス」(型式 KSP210)
  • 形状「ハッチバック1000 G(令和2年2月発売)」
  • 使用目的:家庭用
  • 走行距離:年間18,000㎞(※サブスク上限の1,500㎞/月と同じ値)
  • 主な使用者:本人
  • 本人年齢:20歳
  • 免許種類:グリーン(初心者)
  • 運転者限定:なし(本人、その友人も運転可能)
  • 保険証券の発行:なし(500円割引)
  • 車両保険:なし(※条件面で車両保険の契約不可)

見積の結果は以下の通り。

引用:ソニー損保 見積ページ

免許を取りたてで20歳の人は任意保険に加入するだけで20,000円/月かかってしまいます。
しかも車両保険は条件的に付けることができませんでした

トヨタのKintoで仮にヤリスを5年契約で契約した場合は以下の金額になります。

引用:トヨタ KINTO 公式HP

なんとKintoで契約すると、¥37,070円/月でヤリスに乗ることができます!
保険料を加味すると、実質17,000円/月で乗れると考えたら、相当コスパが良いと言えますね。

20代のドライバーはKinto一択といっても過言ではありません。

≫若い人のコスパが抜群なトヨタKINTOの解説記事はこちら

\ 20代のあなたにおすすめ !/

高齢ドライバーは免許返納時の解約料が無料

65歳以上のドライバーにも車のサブスクKintoがおすすめです。
なぜなら免許返納時の解約金が不要でいつでも最新設備の車に乗る事ができるから。

高齢者が新車を買うのはいろいろとハードルが高いです。
年金生活でまとまったお金が出ていくのは正直負担は大きいですし、いつ免許を返納し車を運転しなくなるかが予測できないからです。

Kintoの場合、免許返納や死亡等の条件がつけば解約金が不要です。
つまりいつ何があっても車は返すだけで、使う分だけ支払えばよいということ。

加齢による衰えというのは本人の自覚とは異なったイメージで進行していきます。
この記事を読んだご両親が還暦を過ぎたが車の購入を検討している場合は是非Kintoを紹介してあげてください。

\ 60代のあなたにメリットが大きい!/

サポカー補助金も受け取ることができるので非常にお得です。

クレジットカード決済でポイントも貯まる

トヨタのKintoであればクレジットカードと口座振替の両方が使えます
クレジットカードを経由して支払うことでほとんどのカードでポイントが貯まりますよね。

毎月の利用料は3万円~発生しますので、その分ガンガンポイントがたまってきます。
ポイントを使ってガソリン代に充てたりすることもできるのでよりお得感がありますよね。

どうせ払うなら賢く支払って貰えるものは貰うという心掛けは大切なことです。

車に関する「手間が省ける」ということを理解する

月額定額で車の維持・管理に関する手間が大きく省けるというのも検討する上でチェックしておきたいポイントです。

車の購入はものすごく手間がかかりますし、維持管理をするのも大変です。毎年発生する維持管理の手間を以下にまとめてみました。

  • 保険の見積(複数社検討必要)
  • 保険の契約
  • 車検の見積(見積依頼で整備工場やディーラーに訪問が必要)
  • 車検に持っていく
  • 自動車税の支払い
  • カーショップにメンテナンス用品を買いにいく手間

これらの手間は車のサブスクを使うことで以下の通り減らすことができます。

  • 保険の見積(複数社検討必要)
  • 保険の契約
  • 車検の見積(見積依頼で整備工場やディーラーに訪問が必要)
  • 車検に持っていく
  • 自動車税の支払い
  • カーショップにメンテナンス用品を買いにいく手間

車のサブスクにすれば本当にカーライフが楽になります。
快適なカーライフに対する投資としては申し分ないと思いませんか?

まとめ

車のサブスクはまだ認知されていないサービスであるが故に「高い」というイメージを持たれがちです。
しかし中身をしっかり理解すれば非常にコスパが良いサービスです。

また新車に乗る=「まとまったお金が出て行ってしまったりローンを組む必要がある」というイメージがサブスクの登場によって覆りました。

必要な分だけ必要なコストを支払うことで利用できるようになったというのは大きいと思いませんか?

車が欲しい!と思ったらサブスクを検討する。
これが当たり前の世の中がおそらくやってくることでしょう。

令和の新サービスを先取りしてお得なカーライフを実現してみてはいかがでしょうか。

以上、「【価格検証】本当は安い車のサブスクリプション!高いと思われる理由は何?」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる