あなたにおすすめのサブスクを無料で診断

【人気7社比較】車のサブスクは高い?安い?あなたにおすすめの車定額サービスはこれだ!

  • 車のサブスクリプションって高いんじゃない?絶対買った方がお得だって!
  • 広告で月々1万円~とか書かれているけど本当なの?そんな安い値段で車に乗れるわけないでしょ!

あなたは車のサブスクリプションが「高い」と思われやすい理由をご存知ですか?

その理由は総額で見た時に購入よりも高く見えてしまうから

しかし車のサブスクの月額料金には車両の購入費用だけでなく「車検」「税金」「メンテナンス」「保険」などの維持費も含めた設定になっているので高く見えてしまうのは当たり前。

これらの費用が月額に含まれていることによって以下のようなメリットがあります。

  • 初期費用\0
  • 先々の支出が見渡せる(突発的な出費が発生しない)
  • いつでもプロのメンテナンスが受けられる
まっつん

利用者にとっては非常にコスパが良いですね♪

そして車のサブスクの提供を始める企業がどんどん増えています。
その理由は以下のようなメリットがあるから。

  • 先々まで売上が見通せる
  • 車販売以外に関連する売上(メンテナンスなど)も見込める
  • 返却後の再販時にも利益が見込める

これにより利用者はよりおトクに乗れる可能性が増えてきています。
なぜなら競合他社との価格競争が激化しているから。

しかも車のサブスクの場合、車販売以外での利益が見込めるため従来よりも強気な価格設定ができるのです。

クルマヤ サブロウ

維持費まで含めて定額コミコミってちょっと魅力的かも・・・!
でもどのサービスを選んだらいいのかな?

この記事では車のサブスクリプションのコスパの良さおすすめのサービスの選び方について解説していきます。

人気7社のサービスを比較した結果、年齢・用途別にパフォーマンスが発揮できるサービスが異なるという事実も判明しました。年齢・用途別であなたにおすすめサービスを診断できる車のサブスク診断というツールも用意しました。

この記事を読めばあなたが車のサブスクを利用する上で最もコスパの良いサービスを選ぶことができるようになります。

「車のサブスク」は高いという噂は的外れ
本当はお得な車のサブスクを徹底的に解説します。

もくじ

【結論】車のサブスクは高くない!そのメリットを解説

結論から言えば、車のサブスクはコスパを考えると安いです。
なぜなら車にまつわる一切の「手間」が解消されているから。

車を持つと数々の「手間」が発生します。
見積/費用交渉/契約/保険加入(毎年更新)/税金支払(毎年)/車検(2年に一回)/定期的なメンテナンスなどなど。

車に乗っている人は当たり前だと思うかもしれませんが、手軽に乗りたい人にとっては「煩わしさ」しか感じません。

これら大半の手間は車のサブスクを選ぶことで解消できます。

見落としがちな車の「見えない費用」がコミコミ定額

クルマに乗ったことがない人は特にそうですが、購入時どうしても「維持費」を軽視してしまうものです。

なぜなら高額な車を買うという決心をするだけでもハードルが高いのに、車が欲しいと思っている人がそんなことを考え始めたらなかなか決断することができないから。

まっつん

私も背伸びしてクルマを購入したのですが、忘れたころにやってくる想定外の出費に悲鳴をあげた経験は数えきれません・・・

私のように苦しむ人もいれば、あまりのハードルの高さに「クルマを諦める」選択をした人もいるのではないでしょうか。
だからこそ月額定額で「維持費まで含めてコミコミ」という料金体系は先々の支出が見通せて安心なのです。

月額定額に含めることができる維持費の項目は以下の通り。

月額料金に含めることができる「維持費」
  • 自動車税・自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 車検費用
  • メンテナンス費用
  • 任意保険

注意点はサービスによって月額料金に含まれている維持費が異なること。

例えば任意保険が含められるKINTOのようなサービスもあれば、任意保険が料金に含まれない(=別途契約)となっているサービスもあります。

そのため料金を検討する上では利用料の内訳に維持費がどこまで含まれているのかをチェックしておきましょう。
月額定額という言葉を鵜呑みにせず、冷静なサービスの比較が必要です。

ちなみに本記事に掲載している「比較表」では料金の内訳に含まれる費用もわかるようにしているので気になる方はチェックしてみてください。

≫比較表をいますぐチェックする

利便性が高くコスパが良い

維持費が定額料金に含まれているのでお金の心配をすることなく、クルマの手入れをプロに任せられるということです。

クルマを扱ったことが無い人にとって、自力でメンテナンスを行うのはかなりハードルが高いです。
しかしサブスクならプロの判断で必要なタイミングに大きな出費をすることなくメンテナンスしておけるので故障のリスクも下げることができます。

またお金の面では「まとまったお金がなくてもクルマを手に入れられる」点も非常に便利です。
急な地方への転勤などで車が必要になったあなたも安心して車に乗る事ができます。

車のサブスクの登場でこれまでの車業界の「不便・不満」が解消できるようになったということですね。

運営者も競合と価格で戦っている

もしあなたがサブスクの運営をしていたとして、ぼったくり的な価格設定で売り出したとしたら売上が確保できると思いますか?

競合他社との比較の結果、契約が取れずに経営の危機が訪れることでしょう。

つまりぼったくりな価格設定は競合となりうる複数の会社がサービスを展開している時点で実現できないということです。

とはいえ運営会社はこれまでの新車販売と比べるとサブスクの方が利益が確保しやすいのは事実。
なぜなら長期契約かつ、車の販売以外の売上(メンテナンス代・車検代)などこれまでガソリンスタンドなどに奪われていた仕事も確保することができるから。

返却された車は中古車として再販することもでき、運営会社は競合に勝てる値段設定にも積極的に挑戦しています。

つまり車のサブスクはあなたがおトクに車に乗れる条件が整っているとも言えるのです。

人気の新車ほど安く乗れる

最後に「人気の新車ほど安く乗れる」という点は大きなメリットです。

例えば、アルファードやハリアーなど人気の高級車種などがこの例に該当します。
人気車が安く乗れる理由はその車種の「リセールバリュー」が高いから。

リセールバリューとは?

リセールバリューは中古車として市場に流通させたときの再販価値のことを指します。
人気の高級車種は中古車としても非常に高値で売れるのです。

車のサブスクの料金は以下のように車両価格+維持費からリセールバリューを引いた差額で決まります。

つまり、人気がある高級な車ほどコスパ良く乗れるということになります。

ちなみに人気車が安く乗れるサブスクは圧倒的にリースナブルがおすすめ
アルファードやハリアーなどの高級車でも月額3万円台で乗る事ができます。

リースナブルが気になる方は以下の記事で解説しています。

車のサブスクリプションで気になるデメリット

車のサブスクを利用する上で注意しておきたいのが以下の3点です。

  1. 定額の定義が各社異なる(比較が難しい)
  2. サブスクと言っても気軽に解約することができない
  3. 一定の制限事項がある(走行距離制限・改造/ペット同乗/喫煙の禁止)

それぞれ解説します。

【注意点①】定額の定義が各社異なる(比較表あり)

「月額定額コミコミ」という売り文句で各社広告宣伝をしていますが、車にかかる費用が全て定額に出来ているというわけではないことが多いです。

当サイトで比較した7社でも以下のように定額の定義が異なっています。

スクロールできます
サービス
KINTO
新車リース
クルカ

リースナブル

MOTA
カーリース

マイカー定額
カルモくん

SOMPOで
乗ーる

ホンダ
楽まる
サービスタイプメーカー系
サブスク
短期型
カーリース
短期型
カーリース
長期型
カーリース
長期型
カーリース
自由設計型
カーリース
メーカー系
サブスク
(カーリース)
選べる
契約期間
3年・5年・7年3年3年・5年5年・7年・11年1~11年3年・5年・7年3年・5年・7年
車両代
オプション代
月額費用内 月額費用内月額費用内月額費用内月額費用内月額費用内月額費用内
自動車税
自動車重量税
自賠責保険
月額費用内 月額費用内 月額費用内 月額費用内 月額費用内 月額費用内 月額費用内
車検代月額費用内不要
(3年で返却)
月額費用内 月額費用内 月額費用内月額費用内
メンテナンス月額費用内含まれないオプションオプションオプション月額費用内
(プラン選択制)
オプション
任意保険月額費用内
料金定額
含まれない含まれない含まれない含まれないオプション
加入可
※個別契約
オプション加入可
※個別契約
中途解約可否中途解約可能
規定解約金
あり
解約不可解約可
残価精算後の
差額支払い
解約不可解約不可オプション加入
で解約OK
解約可
残価精算後差額支払い
走行距離制限~1,500㎞/月~1,000㎞/月~750㎞/月制限なし制限なし~1,500㎞
~2,000㎞
~3,000㎞
等選択可
~1,000㎞/月
※選択可
契約満了時の対応返却のみ返却のみ返却/買取もらえる返却
再リース
買取
もらえる
返却
再リース
買取
返却
再リース
買取
もらえる
(7年のみ)
選べる車種トヨタ車のみ厳選27車種
から選択
厳選39車種
から選択
国産全車種国産全車種国産車
輸入車
全車種
ホンダ車
のみ
価格目安
※車種/契約年数
39,380円/月~
※ヤリスクロス/7年
32,800円/月~
※ヤリスクロス/3年
32,450円/月~
※ヤリスクロス/5年
22,660円/月~
※ヤリスクロス/11年
26,340円/月~※ヤリスクロス/11年43,615円/月
※ヤリスクロス/7年
非公開
※店舗にて
個別見積必要
解説
ページ
詳 細詳 細詳 細詳 細詳 細詳 細 詳 細
車のサブスク比較表

比較表に書かれているように、契約年数も違えば月額料金に含まれているサービスの内容も違います。

特に任意保険まで定額で提供できているのはKINTOのみで、それ以外の会社は別途見積・契約が必要です。
また車検も3年契約の会社は初回の車検前に返却することから費用に含まれていません。

メンテナンスも3年以内の短期契約であればそこまで気にする必要はありませんが、10年以上の長期契約をする場合には必ず加入しておいた方が良いでしょう。

サブスクの値段の秘密は「車のサブスクの値段、本当はいくら?料金に隠されたカラクリを見抜く方法」という記事で解説しています。

このように契約期間による違いや保険料が高額な若い方にメリットがあるサービスがあるなど車のサブスク選びは非常にわかりにくいというのが現実です。

クルマヤサブロウ

じゃあどうやって選んだらいいの?
自分の使い方に合わないサービスを選んでしまったら損だよね・・・

まっつん

年齢・用途別に選ぶのがベターです。
あなたに合ったおすすめのサブスクを診断できる車のサブスク診断を使えば簡単に診断できますよ♪

【注意点②】サブスクと言っても気軽に解約することができない

クルマヤサブロウ

サブスクってことはいつでも解約できるんでしょ?
乗らなくなったら解約しちゃえばいいんだから便利だな~♪

まっつん

ちょっと待った!!!
車のサブスクは基本的に解約できません!!

クルマヤ サブロウ

え!そうなの!!知らなかった・・・
なんで??サブスクだから解約できると思ってたのに!

車のサブスクと言っても音楽や動画のサービスのように簡単に解約することはできません。
なぜならサブスクという言葉はあくまで利用者にイメージを伝えるために使われているもので、実際はリース契約だから。

リース契約とは車を購入するのではなく、リース会社が代理購入した車を長期間借りて利用する契約のことを指します。
つまりあなたのために高額な車を代理購入してくれているということ。

代理購入なので、本来あなたが支払うお金をリース会社が立て替えているということになります。
あなたが「乗らなくなったから解約」なんてことをしたら、損失を被るのはリース会社です。

そのため中途解約は禁止もしくは「残契約期間の利用料全額相当の違約金の支払い」を解約の条件にしている会社が多いので注意が必要。

唯一トヨタのKINTOだけは解約可能で、解約金も利用料の数か月分とあらかじめ決められているので万が一の時も安心です。解約金フリープランという契約方法もあります。

【注意点③】一定の制限事項がある(走行距離制限・改造/ペット同乗/喫煙の禁止)

車のサブスクは残価設定という仕組みを使って、利用者の料金負担を減らしています。

価設定とは?

残価とは、購入した新車を手放す時に中古車として買い取ってもらう時の価値(価格)のことです。
新車を購入し、手放す時にはたいていの場合「中古車として買い取ってもらう」ケースが多くなります。

それであれば最初から利用者が負担するべきは「新車価格ー残価」の差額分だけでよいのではないか?という考え方から生まれたのが残価設定を利用したローンやリース、サブスクです。

残価設定をすることのメリットは利用料の負担が減ること。
デメリットはローンでもリースでもサブスクでも契約満了後に返却するか、残価分を一括で支払って買い取らなければならない点です。(=自分の持ち物にならない)

残価設定をする際に買い取り価格が下がってしまうことのないように、契約時点で走行距離をはじめ、ペットの同乗、喫煙、改造などが禁止されています。

そのため上記にも記載されていますが以下の4つの項目が制限事項として定められているケースがほとんどです。
(一部制限のないサブスクもあります。)

  • 走行距離制限
  • 改造禁止
  • ペット同乗禁止
  • 禁煙

それぞれどんな制限がされているのか、解説します。

走行距離制限

走行距離制限が設定されている理由は走行距離が短いほど残価を高くすることができ、利用料負担の軽減に繋がるからです。
各社以下のように走行距離制限を設定しており、制限距離を超過してしまった場合には既定の精算金の支払いが必要になっています。

各社の走行距離制限と精算金の条件は以下の通りです。

サービス名走行距離精算時の規定
無制限
※乗り放題
オプション
走行距離オーバーによる
精算金なし
無制限 走行距離オーバーによる
精算金なし
選択可
1,000㎞/月
2,000㎞/月
~3,000㎞/月
返却時の状態を見て精算
1,500㎞/月1㎞あたり11円
1,000㎞/月 1㎞あたり10円
750㎞/月 1㎞あたり15円程度
走行距離制限比較表(筆者作成)

実際これらの走行距離制限があなたにどう影響するのかが気になる方もいるのではないでしょうか。
あなたがどのくらいの走行距離を走るのかの計算方法は「車のサブスクの走行距離制限とは?利用距離に合わせたサービスの選び方を解説!」という記事を参考にしてください。

改造・喫煙・ペット同乗禁止

改造・喫煙・ペット同乗が禁止されている理由は返却後、中古車として再販する予定があるからです。

改造をしてしまうと再販時の査定がグッと下がってしまい、当初設定した残価を下回ってしまう可能性が高くなります。
残価を下回ってしまった場合、一般的にはその差額を返却時に支払わなければなりません

例えば値段がつかず、100万円の残価を設定していた場合にはその100万円は利用者負担になります。
基本的にそのような事態になると誰も得をしないので、改造禁止のルールが定められているのです。

喫煙やペット同乗も同様でタバコの臭いが残っていると非喫煙者に再販することはできなくなりますし、ペットがマットや内装を破いてしまったりしたらその分査定が下がり、精算のリスクが高まります。

これらの理由から改造・喫煙・ペット同乗が禁止されているのでどうしてもこの条件が守れない人はサブスクではなく自分で購入して車に乗るという選択をした方が良いです。

住宅で言うと賃貸住宅と持ち家のルール設定に似ていて、車を定期契約で借りるなら賃貸住宅と同じでまとまったお金を支払わなくて良い代わりに一定のルールを守る必要があると理解しておけば納得できるのではないでしょうか。

車のサブスク おすすめ3社紹介

ここからは7社を比較した結果、他社よりも優位な特徴を持つおすすめの3社を紹介します。
おすすめは「KINTO」「リースナブル」「MOTAカーリース」です。

おすすめできる理由は以下の通り。

KINTO

任意保険料が誰でも定額なので20代の若い方がオトク!
解約金が他社に比べてかなり安いので万が一の場合にも安心。(免許返納時/海外転勤時は無料)
わりかんKINTOで親しい友人とシェア利用ができるなどサブスク最先端のサービスです。

リースナブル

3年・5年の短期契約が売りで「アルファード」「ハリアー」などの人気の高級車種に月額3~4万円台で乗れる
オプション類も充実しており、契約が終わったら新車に乗り換え出来る点もおすすめできるポイント。
走行距離制限が750㎞/月と短めなので休日・レジャーやセカンドカーとして利用するあなたにおすすめ。

MOTAカーリース

長期契約が売りで「月額1万円台」から新車に乗れる!
国内全車種から選べるので車種にこだわりたいあなたにもおすすめ。
1台の車に長く乗りたいあなたや、子育てなどが落ち着きライフスタイルが安定している方には使い勝手が良いです。


ただし用途や年齢によっては必ずしも適切なサービスがおすすめ3社がベストではないことがあります。

なぜなら各社ターゲットとしているユーザー層が違うからです。

あなたに合ったサブスクを確認したい場合は車のサブスク診断で年齢・用途別におすすめのサービスを選ぶことができるので興味がある方はこちらからどうぞ!

【おすすめサブスク①】 KINTO(株式会社Kinto※トヨタ自動車グループ)

引用:KINTO公式
おすすめポイント
注意点
  • 任意保険が年齢問わず定額
  • 免許返納時は解約金無料
  • 海外転勤時も解約金無料
  • 解約金フリープランが使える
  • 中途解約金が他社より安い
  • 親しい人同士でわりかん利用が可能
  • トヨタ・レクサス以外選べない
  • 車をもらえるオプションはない
車両費月額費用内
税金 月額費用内
メンテナンス 月額費用
任意保険 月額費用内
年齢による金額差なし
中途解約可否中途解約可能
規定損害金の支払い(数か月分)のみで解約可能
走行距離制限 ~1,500㎞/月
契約満了時の対応 返却のみ
選べる車種トヨタ車のみ
価格目安
※車種/契約年数
39,380円/月~
※ヤリスクロス/7年
任意保険込み
KINTOの評価

トヨタグループの提供する「クルマを利用する」という未来に挑戦し続ける王道サブスクリプションがKINTOです。
他社と比べるとサービスのレベルが抜群に高く、利用者がより使いやすくなるような仕組みが整えられています。

「駐車場代」「ガソリン代」以外は全て月額費用に含まれており契約すれば突発的な費用発生の可能性を限りなく0に近づけることができます。

車種はトヨタの指定車種から選ぶ形になりますが、任意保険料が年齢問わず固定額となっているため、任意保険料が高くなりがちな20代のあなたはコスパ良く使えます。

更に免許返納時は解約金無料なので先々免許返納の可能性も視野に入れている高齢ドライバーにもおすすめ。
「わりかんKINTO」という仲間内で車を共同所有できるサービスがあるなど様々な用途に対応し日々進化を続けているのにも好感が持てます。

\ KINTOの解説はこちら /

\ KINTOの公式ページはこちら/

【おすすめサブスク②】 リースナブル(株式会社三和サービス)

引用:リースナブル 公式HP
おすすめポイント
注意点
  • 3・5年ごとに新車に乗り換え
  • 人気高級車に月3~4万円台で乗れる
  • 軽自動車も選べる
  • 保証があるので故障リスクが少ない
  • 自社リースが使える
    (審査が比較的易しい)
  • オペレーターと会話しながら契約を進められるので安心
  • オプションが充実している
  • 車種が限定されている(39車種※)
    ※2022年1月現在
  • 任意保険が価格に含まれていない
  • 走行距離制限が750㎞/月と厳しめ
  • 中途解約金が高額になりがち
車両費月額費用内
税金 月額費用内
メンテナンスオプション
任意保険含まれない
中途解約可否中途解約可能
ただし残価精算後の差額支払いが必要
走行距離制限750㎞/月
契約満了時の対応 返却のみ
選べる車種厳選39車種
価格目安
※車種/契約年数
32,450円/月~
※ヤリスクロス/5年
リースナブルの評価

リースナブルは3年・5年の短期契約を前提に月額費用を最大限圧縮している短期型カーリース

人気高級車種「アルファード」に41,800円/月~、「ハリアー」に31,900円/月~乗る事ができるなど利用料金の安さが魅力のサービスです。

KINTOと違い、保険会社と定額契約できるわけではないので任意保険に別途加入が必要な点に注意しておけば全体的なコストパフォーマンスはかなり高いと言えます。

走行距離制限が750㎞/月と厳しめなので、通勤など日常的に利用する人よりは休日・レジャー中心に利用する首都圏在住の方や、セカンドカーとして軽自動車に乗りたいあなたにおすすめしたいサービスです。

\ リースナブルの解説記事はこちら /

\ リースナブルの公式ページはこちら/

【おすすめサブスク③】 MOTAカーリース(株式会社MOTA)

引用;MOTAカーリース公式
おすすめポイント
注意点
  • 車が最後にもらえる(返却不要)
  • 走行距離制限なし
  • 改造・ペット同乗も可能
  • 国内全車種から選べる
  • 契約が5・7・11年から選べる
  • 任意保険が価格に含まれていない
  • 中途解約は不可
  • 残価設定なしのカーリースなので契約期間が短いと毎月の負担が大きくなる
車両費月額費用内
税金 月額費用内
メンテナンスオプション
任意保険含まれない
中途解約可否解約不可
走行距離制限制限なし
契約満了時の対応車が必ずもらえる
選べる車種国内全車種
価格目安
※車種/契約年数
22,660円/月~
※ヤリスクロス/11年
MOTAカーリースの評価ポイント

契約期間が5年・7年・11年と選べる長期契約型のカーリースです。
残価設定をなくし、契約満了後に必ず車がもらえる方式をとっています。

ローンと同様に長期間で車両費用を分割払いする形にはなるものの所有権がリース会社にあるため、審査の面でも有利で借入が少なく済むのも大きなメリット。

任意保険はリースナブルと同様に別途契約が必要な点は注意しておきましょう。

メンテナンスオプションもつけられるので任意保険・ガソリン代・駐車場代以外の追加費用が発生しません。
長期にわたって家計の支出が見通せるので突発的な支払いに悩まされることがなく安心して車に乗ることができます。

\ MOTAカーリースの解説記事はこちら /

\ MOTAカーリースの公式ページはこちらから/

車のサブスク診断

車のサブスク7社を比較検討した結果、あなたの用途や走行距離・年齢などの要素によりおすすめのサブスクが変わるという事実が判明しました。

各社の特徴を踏まえて、条件を入力するとあなたにあったサブスクがわかる「車のサブスク診断」を用意しました。
あなたにあったサブスクが知りたい方はお試しあれ♪

Q1
車のサブスクを選ぶ上で知りたいのは?

車のサブスク よくある質問

車のサブスクは購入とどう違うの?

購入との違いは簡単にまとめると以下の通りで「持ち家」と「賃貸住宅」の違いに似ています
購入=持ち家、サブスク=賃貸住宅と考えるとわかりやすいです。

それぞれを比較してみると「あ~なるほど」と思えるはず。

比較項目購入(持ち家)サブスク(賃貸住宅)
税金の支払い必要不要
車検費用の支払い必要不要
自賠責保険の支払い必要不要
セルフメンテナンス必要不要(修理工場におまかせ)
走行距離制限なしあり
改造不可
喫煙・ペット同乗不可
所有権ありなし
購入とサブスクの違い比較表(筆者作成)

購入とサブスクの違いにはこのように一長一短の特徴があります。持ち家と賃貸住宅の論争と同様にどっちが良いと思うかは個人差があるものです。

まとまったお金がある人は上記の表を参考に「どちらがコスパが良いか」を判断してみてください。
まとまったお金が足りないけれど車が必要だというあなたは頭金なし月額定額で契約できるサブスク一択です。

車のサブスクはカーリースとはどう違うの?

車のサブスクとカーリースは厳密に言えば同じです(「リース契約」を締結するため)。

ユーザーへの親しみやすさを重視して近年は「サブスク」という表現が多く使われるようになりました。

注意点としては音楽のサブスクなどと違って簡単に解約できない点です。
(貸し出す上で高額な車を代理購入してもらうため、簡単に解約されてしまうと運営会社が大損害を受けます)

一番サブスク的な利用に近いサービスを体現しているのがトヨタのKINTOです。
中途解約が可能で乗り換えもできるなど自由度が高いので、気になる方はKINTOの解説記事をご覧ください。

車のサブスクと残価設定ローンの違いがわからない

自動車を購入する上で「残価設定ローン」を組むという考え方があります。

非常に近い考え方のサービスですが、残価設定ローンとは「お金を借りるか」「車を借りるか」の違いにあります。

比較項目残価設定ローンサブスク
所有権ありなし
借りる対象お金
契約満了後の返却義務ありあり
走行距離制限ありあり
改造不可不可
喫煙・ペット同乗不可不可
残価設定ローンとサブスクの違い

残価設定ローンはあくまで「ローン」なのであなたの名義で金融機関からお金を借りる必要があります。

購入金額全額を借りるフルローンであれば、購入のメリットである「自由な利用」ができますが、残価設定ローンの場合車を返却する前提で残価を設定するため車のサブスクと同様、「走行距離制限」「改造・喫煙・ペット禁止」という条件が課せられます。

支払う金額は購入価格と残価の差額となり、これは車のサブスクで言う「利用料」に相当する金額です。

つまりサブスクと内容は変わらないのに「借入金額」だけが増えてしまうのでその他ローンの審査などに悪い影響を及ぼす可能性があります。

つまりわざわざ車を買うためにお金を借りるなら車ごと借りてしまった方がメリットが大きいということです。

レンタカーやカーシェアリングとの違いはどこにある?

カーシェアリングやレンタカーとの違いは「都度申込が不要」である点と「契約期間の長さ」にあります。

比較項目カーシェア・レンタカーサブスク
利用方法都度申込申込は契約時のみ
(いつでも利用できる)
契約期間1日~1ヵ月程度年単位での契約
支払いタイミング利用都度精算毎月
利用料金利用都度変動毎月定額
カーシェア・レンタカーとサブスクの違い

レンタカーやカーシェアリングはその日またはその月で車を利用する分のお金を払い、利用が終わったら返却する形です。

対して車のサブスクは年単位で長期契約する代わりに、自分で所有している時とほぼ同じ使い勝手で使えます

自分の用意した駐車場に停めっぱなしでも問題ありません。

そのため急な車の利用があっても手続きなしで乗る事ができるので特に子育て中の方や郊外在住の方にとっては利便性が高いです。

例えば「子どもが熱を出した」とか「急な雨で子どもを迎えにいく」などの突発的な用途で使えるのが車のサブスクの大きなメリット。

カーシェアリングやレンタカーは利用都度の手続きや返却が必要となるため、このような緊急での利用には向きません。

あなたの利用状況に合わせてサービスを選ぶとコスパの良いカーライフを送ることができるということですね。

利用する車のナンバープレートは選べる?

車のサブスクは基本的にナンバーは運営会社所有であるため自由に選ぶことはできません。(会社によっては月額数百円程度のオプションに加入すれば好きなナンバーを選ぶことができます。)

ナンバープレートにお金をかけるかは人それぞれですが、月額利用料が値上がりしてしまうのでよほどお金に余裕のある人でなければオプション加入の必要はないかなと個人的には思っています。

またナンバープレートはレンタカーやカーシェアリングと違い「わ」ナンバーではありません

「わ」ナンバーとは・・・貸し出し用の車両に使用されるナンバープレートに書かれるひらがなのことです。
事業用に所有され、他人に貸し出すことが目的になっている車が対象になります。

車のサブスクの場合、事業用に運営会社が所有しているものの頻繁に貸し借りを繰り返すというわけではないので一般車両と同じナンバーが採用されています。

レンタカーのナンバーを付けて走るのが恥ずかしい」という方にとっては朗報ですね!

車のサブスクには審査があると聞いたけれど、本当?

車のサブスクリプションでは申込時に審査があります。
審査はクレジットカード同様、以下のような項目が審査対象となります。

車のサブスク申込時の審査内容

  • 年齢
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収
  • 持ち家・賃貸などの住居情報
  • 信用情報(過去の滞納歴やブラック企業掲載の有無など)
  • 虚偽報告の有無

審査の詳しい内容、落ちやすい人・通りやすい人の特徴は以下の記事で詳しく解説しています。

車のサブスクは高い?安い? まとめ

車のサブスクリプションを7社比較した結果、以下のことが判明しました。
本記事のまとめとなります。(リンクを押すと該当箇所に戻れます)

車のサブスクは高くない!
車のサブスクのデメリット
おすすめのサブスク3社
自分に合ったサブスクを知りたい人は「車のサブスク診断」

あなたに合ったサブスク選びは当ブログにおまかせください。
以上、「【人気7社比較】車のサブスクは高い?安い?あなたにおすすめの車定額サービスはこれだ!」でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になったらシェア!
もくじ
閉じる