車のサブスク7社を徹底比較!各社のサービスレベルをランキング形式で紹介

おすすめの車サブスク

車に月額定額制で乗れるサービスとして最近話題の「車のサブスク」。

初期費用不要で月額料金の中に税金・メンテナンス費用・車検代・保険料※が含まれているので維持費を気にすることなく安心して車に乗る事ができるサービスです。
※保険料は定額に含まれないサービスもあります。

車のサブスクは近年登場したばかりで「よくわからない」という人が多いのではないでしょうか?

  • 月額1万円で新車に乗れるって本当!?
  • 各社の違いがわかりにくい!どれも良さそうに見えるけど…

この記事では車のサブスクを展開する各社を比較表に基づき、ランキング形式で評価していきます。
ランキング形式で確認したい点は各社のサービス内容を横並びで見て、違いを理解すること。

なぜなら広告で表示されている料金に含まれるサービスによって価格の妥当性は違うから。

一見価格が安くても、サービス内容が違えば金額が違うのは当たり前です。

「定額」の定義を理解することは、あなたに合ったサービスを選ぶ第一歩となります。

まっつん
まっつん

私はカーサブスクナビゲーターとして本ブログを運営しています。
これまで各社のサービス内容を徹底的に分析してきました。

この記事を読むことで各社の「月額定額」に含まれるサービスの内容が読み取れるようになります。

「1万円で車に乗れるって本当?それならありかも!」と思っている方は是非この記事を読んで各社のサービスに違いが存在することの理解を深めて頂けたらと思います。

それでは早速本題に入っていきましょう。

車のサブスクの基本的な知識に関しては以下の記事で解説しています。
≫車のサブスクとは?サービス選びに必要な基礎知識を日本一わかりやすく解説!!

各社のサービス内容を踏まえ、年代・趣向・用途別にあなたに合ったサービスを選ぶ方法はこちら。

≫【車のサブスク失敗しない選び方3選】年齢・趣向・用途別おすすめサービスを紹介

車のサブスク比較表

まず各社のサービスの特徴をまとめた比較表をご覧ください。

車のサブスクでサービスレベルに差が出るポイントは以下の8つです。

車のサブスクでサービスレベルに差が出る8つのポイント

  1. サービスタイプ(短期型/長期型/メーカー系/自由設計)
  2. 選べる契約期間
  3. 月額料金の内訳
  4. 中途解約可否
  5. 毎月の走行可能距離(=走行距離制限)
  6. 契約満了後の返却以外の選択肢
  7. 選べる車の種類
  8. 価格感

これら8つのポイントをチェックすることで各社の提示する価格の妥当性が判断できるようになります。

早速比較表を見ていきましょう。

サービス
KINTO
新車リース
クルカ

リースナブル

MOTA
カーリース


マイカー定額
カルモくん

SOMPOで
乗ーる

ホンダ
楽まる
サービスタイプメーカー系
サブスク
短期型
カーリース
短期型
カーリース
長期型
カーリース
長期型
カーリース
自由設計型
カーリース
メーカー系
サブスク
(カーリース)
選べる
契約期間
3年・5年・7年3年3年・5年5年・7年・11年1~11年3年・5年・7年3年・5年・7年
車両費月額費用内 月額費用内月額費用内月額費用内月額費用内月額費用内月額費用内
税金月額費用内 月額費用内 月額費用内 月額費用内 月額費用内 月額費用内 月額費用内
メンテナンス月額費用内含まれないオプションオプションオプション月額費用内
(プラン選択制)
オプション
任意保険月額費用内
料金定額
含まれない含まれない含まれない含まれないオプション
加入可
※個別契約
オプション加入可
※個別契約
中途解約可否中途解約可能
規定解約金
あり
解約不可解約可
残価精算後の
差額支払い
解約不可解約不可解約不可解約可
残価精算後差額支払い
走行距離制限~1,500㎞/月~1,000㎞/月~750㎞/月制限なし制限なし~1,500㎞
~2,000㎞
~3,000㎞
等選択可
~1,000㎞/月
※選択可
契約満了時の対応返却のみ返却のみ返却/買取もらえる返却
再リース
買取
もらえる
返却
再リース
買取
返却
再リース
買取
もらえる
(7年のみ)
選べる車種トヨタ車のみ厳選27車種
から選択
厳選39車種
から選択
国産全車種国産全車種国産車
輸入車
全車種
ホンダ車
のみ
価格目安
※車種/契約年数
39,380円/月~
※ヤリスクロス/7年
32,800円/月~
※ヤリスクロス/3年
32,450円/月~
※ヤリスクロス/5年
22,660円/月~
※ヤリスクロス/11年
26,340円/月~※ヤリスクロス/11年43,615円/月
※ヤリスクロス/7年
非公開
※店舗にて
個別見積必要
解説
ページ
詳 細詳 細詳 細詳 細詳 細詳 細 詳 細
車のサブスク比較表

車のサブスクと言っても、このようにサービスの内容は全然違います。

契約できる年数も違えば、選べる車種も、メンテナンスや保険が定額に含まれているかも各社各様。

これらのサービスの違いを認識することが非常に重要です。

広告に提示されている価格だけで「高い」「安い」を判断すると思わぬ落とし穴が待っていることも。

まっつん
まっつん

月額定額って聞いていたのに「追加で費用かかるやん!!」と後でがっかりしないように事前に情報をインプットしておきましょう!

車のサブスクのサービス選びで重要なこと

車のサブスクを選ぶ上で重要な考え方をお伝えしておきます。

車のサブスク選びで重要なこと

◆ 乗り換え需要(ライフイベントの変化)はあるか(契約期間を決める上で重要)
◆ 車にどのくらい乗るか(走行距離制限に引っかからないように選ぶ)
◆ 乗りたい車の取り扱いがあるか(取り扱い車種で選ぶ)
◆ 任意保険の等級(保険料負担が高ければ、任意保険料込みのサービスを選ぶ)

それぞれ解説していきます。

乗り換え需要(ライフイベントの有無)

車というのはライフスタイルによって乗り方が変わります

たとえば子育て世代はミニバンやSUVなど、大きめの車の方が便利です。
そのため独身の方は長期契約(9年~11年)を避けておいた方が良いでしょう。

なぜなら9~11年後の未来は予測できないからです。

22歳の人が9年契約したら、解約できるのは31歳の時。
31歳になったら結婚しているかもしれませんし、子どもがいるかもしれません。

現時点で予定がなくても若い世代の方は様々な変化が想像されますので3~5年程度の短期契約が出来るサービスを選んでおく方が無難です。

車にどのくらい乗るか

車に普段どのくらい乗るかによっても選ぶべきサービスが違います。

なぜならサービスによっては走行距離制限が設定されている場合があるから。

たとえば通勤で毎日乗るような方であれば、毎日何キロ乗るのかをチェックしておきましょう。

休日のみの利用だったとしても休みのたびに遠出をくり返す人もいれば、普段の買い物で近所のショッピングモールにいくだけというような人もいます。

あなたが車を手に入れたら、どんな用途でどのくらい乗るのかをシュミレーションしておくと選ぶべきサービスが見えてくるはずです。

乗りたい車があるか

もしあなたが「乗りたい車がある」場合はその車の取り扱いがあるかを確認する必要があります。

例えばKINTOであればトヨタ車の取り扱いしかありませんし、新車リースクルカやリースナブルであれば人気車種しか取り扱いがありません。

「特にこだわりがない」という人であれば特に気にする必要はないと思いますが、こだわりの車がある人はその車を取り扱ってくれるサービスしか、選択肢にあがってきませんよね。

各社がどのような車種を取り扱っているかは各社の公式ページからチェックしてみましょう。

任意保険の等級

任意保険の料金は年齢や運転歴によってランク付けされる「等級」の掛け合わせで決まります。

20代の若い方は事故リスクが高いと判断されているため、任意保険料がかなり高額です。

逆に運転歴5年~10年以上の方であればある程度の等級を持っているはずなので保険料が次第に安くなっていくものです。

そのため保険等級が高い人は任意保険込みのサービスに入る必要はなく、初めての車など保険等級が低い人は任意保険込み、しかも年齢によって金額が変動しないKINTOがおすすめです。

こちらについては20代のあなたはKINTO一択と言い切れる理由を解説という記事をご一読ください。

車のサブスク おすすめランキング(総合編)

車のサブスクのランキングは、上記比較表の評価基準を元に順位づけしていきます。

評価方法は以下の通りです。

ランキング評価方法

比較表上の記号を◎…3点 〇…2点 △…1点 ×…0点で採点し、合計点で評価

最初にお伝えしておきますが、このランキングは各社のサービスの充実度で評価したものです。

つまり「月額定額」でどこまでのサービスが受けられるかの指標となります。

当然サービスレベルの高さというのはサービスを選ぶ上で重要な指標ではありますが、上位を選べば間違いないというものではないことを頭に入れておいてください。

なぜなら各社のサービスは「ターゲットユーザー」が決められており、そのターゲットに該当する方が利用すると非常にパフォーマンスを発揮してくれるからです。

年齢・趣向・用途別のおすすめサービスは以下の記事で紹介しています。

【第1位】 KINTO(株式会社Kinto※トヨタ自動車グループ)

引用:KINTO ONE 公式HP

総合得点 20点

【評価ポイント】 月額費用内に(メンテナンス/任意保険)が含まれており中途解約が可能な点

車両費月額費用内(2点)
税金 月額費用内(2点)
メンテナンス 月額費用内(3点)
任意保険 月額費用内
年齢による金額差なし(3点)
中途解約可否中途解約可能(3点)
規定損害金の支払い(数か月分)のみで解約可能
走行距離制限 ~1,500㎞/月(2点)
契約満了時の対応 返却のみ(1点)
選べる車種トヨタ車のみ(1点)
価格目安
※車種/契約年数
39,380円/月~
※ヤリスクロス/7年
任意保険込み(3点)
比較表抜粋とKINTOの評価ポイント

トヨタグループの提供する車のサブスクの王道

「駐車場代」「ガソリン代」以外は全て月額費用に含まれており契約すれば突発的な費用発生の可能性を限りなく0に近づけることができます

車種はトヨタの指定車種から選ぶ形になりますが、任意保険料が年齢問わず固定額となっているため、任意保険料が高くなりがちな20代の方はコスパ良く使えます。

≫【関連記事】20代の車サブスクは「KINTO一択」と言い切れる理由を解説

更に免許返納時の解約金が免除される65歳以上の高齢ドライバーにもおすすめです。

\くわしい解説はこちら/
\公式ページはこちらから/

【第2位】 SOMPOで乗ーる(株式会社DeNA_SOMPO_Carlife)

引用:SOMPOで乗ーる 公式HP

総合得点 18点

【評価ポイント】 車種選定の自由度・走行可能距離の長さ・メンテナンスなどサービスレベルが非常に高いのがポイント。輸入車も選べるのはSOMPOで乗ーるだけ。

車両費月額費用内(2点)
税金 月額費用内(2点)
メンテナンス月額費用内(3点)
※プラン選択制
任意保険オプション加入可(2点)
※個別契約
中途解約可否解約不可(0点)
走行距離制限~1,500㎞
~2,000㎞
~3,000㎞
等選択可(3点)
契約満了時の対応 返却
再リース
買取(3点)
選べる車種国産車・輸入車全車種(3点)
価格目安
※車種/契約年数
43,615円/月
※ヤリスクロス/7年(0点)
比較表抜粋とSOMPOで乗ーるの評価ポイント

損保ジャパンとDeNAグループの合同出資した保険×ITの融合したDeNA_SOMPO_Carlifeという会社が提供する自由度重視のカーリース

最大の特徴は国産車だけでなく輸入車まで全ての車を選ぶことが出来る点です。
輸入車にリースで乗りたいあなたはSOMPOで乗ーる一択と言えるでしょう。

その他サービスレベルも非常に高水準となっているので、自分の好みにプランをカスタマイズしたい人にもおすすめです。

\くわしい解説はこちら/

【第3位】 マイカー定額カルモくん(株式会社ナイル)

引用:マイカー定額カルモくん 公式HP

総合得点 16点

【評価ポイント】 乗り放題オプション加入で車がもらえて、月額利用料が抑えられる

車両費月額費用内(2点)
税金 月額費用内(2点)
メンテナンスオプション(2点)
任意保険 含まれない(0点)
中途解約可否解約不可(0点)
走行距離制限制限なし(3点)
契約満了時の対応返却
再リース
買取
もらえる
(3点)
選べる車種国産全車種(2点)
価格目安
※車種/契約年数
26,340円/月~
※ヤリスクロス/11年(2点)
比較表抜粋と定額カルモくんの評価ポイント

実店舗を持たず、Web申込だけでサービスを展開するWeb型カーリースの老舗企業。

2018年からサービスを開始しており国産車であれば全車種が選べます

ただし任意保険が月額に含めることができないため、別途契約が必要です。
乗り放題オプション(+500円/月)を追加すると契約満了時に車がもらえるため分類としては長期カーリースと言えます。

実際に契約する人の多くが9年~11年で契約するそうで、1台の車に愛着を持って大切に乗れる人であれば、月額利用料を抑えてコスパよく車に乗る事ができますね!

\くわしい解説はこちら/

【同率3位】 MOTAカーリース(株式会社MOTA)

引用:MOTAカーリース公式HP

総合得点 16点

【評価ポイント】 価格の優位性及びリース特有の制限がすくない長期リースである点。

車両費月額費用内(2点)
税金 月額費用内(2点)
メンテナンスオプション(2点)
任意保険含まれない(0点)
中途解約可否解約不可(0点)
走行距離制限制限なし(3点)
契約満了時の対応もらえる(2点)
選べる車種国内全車種(2点)
価格目安
※車種/契約年数
22,660円/月~(3点)
※ヤリスクロス/11年
比較表抜粋とMOTAカーリースの評価ポイント

最大11年の長期契約が組める長期型カーリース。

残価設定をせず契約満了後、全ての支払いが終わるタイミングで車がもらえるという考え方のサービスです。

ローンと同様に長期間で車両費用を分割払いするというイメージではありますが、所有権がリース会社にあるため、審査の面でも有利で借入が少なく済むのも大きなメリット。

メンテナンスオプションもつけられるので任意保険・ガソリン代・駐車場代以外の追加費用が発生しない点も評価できます。

\くわしい解説はこちら/

【第5位】 ホンダ 楽まる(株式会社ホンダファイナンス)

引用:ホンダ 公式HP

総合得点 14点

【評価ポイント】 ホンダの正規代理店でのメンテナンスが受けられる。ただしWeb対応しておらず個別対応が基本で利便性は低い。

車両費月額費用内(2点)
税金 月額費用内(2点)
メンテナンスオプション(2点)
任意保険オプション加入可
※個別契約(2点)
中途解約可否解約可
ただし残価精算後差額は支払う(1点)
走行距離制限~1,000㎞/月(1点)
※選択可
契約満了時の対応返却
再リース
買取
もらえる(7年のみ)
(3点)
選べる車種ホンダ車のみ(1点)
価格目安
※車種/契約年数
非公開
※店舗にて個別見積必要
(0点)
比較表抜粋と楽まるの評価ポイント

ホンダが中古車サブスク「Honda マンスリーオーナー」に続き、2021年5月に新車サブスクをリリースしたのが「楽まる(楽らくまるごとプラン)」です。

楽まるの特徴はトヨタKINTOと同様にメーカー直営で展開するサービスです。
しかしKINTOと違い残念ながらサブスクとして完成されたものとは程遠いサービス内容

中途解約も可能とありますが、残期間分の利用料を一括精算しなければいけません

また任意保険もあくまでホンダを窓口に保険契約をして月額利用料に含めて引落がされるというだけなので、あまりお得感はありません。(保険会社を自由に選べないことで保険料が逆に割高になってしまうケースもあります。)

残念ながらホンダ愛好家の方がカーリースをしたいと思った時の選択肢以上のものとは言えませんね。

Webで手続きができないので結局販売店に行かなければならない点もKINTOとは違って手間がかかってしまう部分です。

\くわしい解説はこちら/
\公式ページはこちらから/

【第6位】 リースナブル(株式会社三和サービス)

引用:リースナブル 公式HP

総合得点 12点

【評価ポイント】 短期カーリースなので走行距離制限が短いが価格が安い

車両費月額費用内(2点)
税金 月額費用内(2点)
メンテナンスオプション(2点)
任意保険含まれない(0点)
中途解約可否中途解約可能(1点)
ただし残価精算後の差額支払いが必要
走行距離制限750㎞/月(0点)
契約満了時の対応 返却のみ(1点)
選べる車種厳選39車種(1点)
価格目安
※車種/契約年数
32,450円/月~
※ヤリスクロス/5年
(3点)
比較表抜粋とリースナブルの評価ポイント

3年・5年の短期契約を前提に月額費用を最大限圧縮している短期型カーリース

任意保険がない点はマイナス評価ではありますが、短期間(3年~5年)ごとに新車に乗り換えるような運用であれば、コスパはかなり高いです。

ただし走行距離制限が厳しめで月750㎞までとなっているので、休日利用のドライバーにおすすめのサービスといえます。

\くわしい解説はこちら/
\公式ページはこちらから/

【同率6位】 新車リース クルカ(株式会社クルカ)

引用:新車リースクルカ 公式HP

総合得点 12点

【評価ポイント】 3年のみのリースでとにかく価格が安い。メンテナンスオプションも3年契約で乗り換えてしまえばなくても問題なし!

車両費月額費用内(2点)
税金 月額費用内(2点)
メンテナンス含まれない(0点)
任意保険含まれない(0点)
中途解約可否解約不可(0点)
走行距離制限 ~1,000㎞/月(1点)
契約満了時の対応 返却のみ(1点)
選べる車種厳選27車種から選択(1点)
価格目安
※車種/契約年数
32,800円/月~
※ヤリスクロス/3年(2点)
価格目安
※車種/契約年数
39,380円/月~
※ヤリスクロス/7年
任意保険込み(3点)
比較表抜粋と新車リースクルカの評価ポイント

新車リースで3年契約のみとなっているため、中途解約NGでメンテナンスオプションの取り扱いもありません。

ただし3年で大きな故障が発生することはあまり想定できないため、逆に毎月の利用料が安く抑えられるとも言えます。

またリースナブルと比較すると走行距離制限が緩く、月1,000㎞まで利用可能です。

他社と比べるとサービス内容が充実していないように見えるかもしれませんが、3年契約に限定することで不要なサービスも出てくることを踏まえると、一概に評価が悪いとは言い切れません。

新車に定期的に乗り換えるという乗り方を好む方にとってはベストの選択肢となるでしょう。

\くわしい解説はこちら/
\公式ページはこちらから/

車のサブスク7社比較!各社のサービスレベルランキング まとめ

ここまで車のサブスクを展開する各社の特徴を比較してきました。

車のサブスクはなんとなく契約すると落とし穴がいくつも出てくる可能性があります。

実際に広告の価格を見て「安いから契約しよう!」と思ったことがある人は、ぜひこの記事を読んでサービスの内容の理解を深めてください。

車のサブスクの失敗しない選び方を知りたい人は以下の記事もおすすめです。
≫【車のサブスク失敗しない選び方3選】年齢・趣向・用途別おすすめサービスを紹介

サブスクは間違いなく今後、伸びるビジネスモデルです。

なぜなら「車は所有するもの」という固定概念さえ捨てられれば非常に便利でコスパの良いサービスだからです。

休日家族や友人とドライブに出かけたり、マイカーで日常の買い物が出来るようになれば日々の生活もかなり快適になっていくはずです。

あなたの価値観が「所有」から「利用」に代わり快適なカーライフを実現できると良いですね!

以上、「車のサブスクおすすめ7社をランキング・比較表で分析!あなたに合った選び方教えます」でした。

車のサブスク失敗しない選び方3選
おすすめサービスはコチラから
車のサブスク失敗しない選び方3選
おすすめサービスはコチラから
タイトルとURLをコピーしました