【3年最安】新車リースクルカが向く人の特徴とは?注意点や気になる審査についても解説

おすすめの車サブスク
\今すぐ新車リースクルカに申し込みたいあなたはこちら/
  • 新車リース クルカってどんなサービス?どんな人に向くサービスなの?
  • 最低価格保証って本当?なんか怪しくない
  • 審査って通るのかな?不安だなぁ・・・

実は新車リースクルカの価格が業界最安を実現できた背景には合理的な理由があります。
なぜなら中古車として市場に流通させる際のノウハウと新車購入時のメリットを最大限に活用したサービスだから。

まっつん
まっつん

私は本ブログを運営するために主要なサブスク・カーリースのサービス内容を徹底的に研究してきています。複数社のサービスを徹底的に理解したおかげで各社の特徴から向く人・向かない人がわかるプロになってしまいました!

この記事では新車リースクルカの安すぎる価格のカラクリや注意点・審査の内容がわかります。

この記事を読むと「安すぎて不安」と感じるあなたが安心してサービスを選択できるようになるはずです。

結論として、新車リースクルカに向く人の特徴は以下の通りです。

結論:新車リースクルカに向く人の特徴
  • 新車が好きな人
  • ライフイベントを控える人
  • ファミリーカーを希望する人

このような人が該当します。
なぜこれらの人が新車リースクルカに向いているかについては記事内で詳しく解説します。

車のサブスクを知りたいあなたにおすすめ

【3年最安】新車リースクルカとは?

引用:新車リースクルカ公式HP

新車リースクルカは株式会社クルカが運営する最低価格保証を売りとした短期カーリースです。

契約出来るリースは「3年」のみで車種も「アルファード」「ヴォクシー」「セレナ」「ハリアー」などファミリー層に好まれる人気車種を中心に取り扱っているのが特徴。

この「最低価格保証」という言葉は魅力的に聞こえる一方で「本当かな?」という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

実際にアルファードの3年契約の価格で各社と比較していくと以下のようになります。

新車リース
クルカ
リースナブルトヨタKINTO定額カルモ
くん
SOMPO
で乗-る
MOTA
カーリース
アルファード
3年契約の価格
43,800円/月43,450円/月73,700円/月70,928円/月66,110円/月
走行距離上限1,000㎞/月750㎞/月1,500㎞/月1,500㎞/月1,500㎞/月
任意保険有無×××別途×
価格比較表:筆者作成

実は価格だけで言えば同じ短期リースでは350円だけ「リースナブル」の方が安いです。
しかし走行距離上限に違いがあり、リースナブルの場合は月上限750㎞/月までとなっています。

カーリースの価格を比較する時に一番難しいのは条件を揃えること。
走行距離が750㎞/月でも問題ない人はリースナブルを、1,000㎞/月は欲しいという人はクルカを選ぶというのが現実解と考えて良いでしょう。

いずれにしても新車リースクルカとリースナブルの価格は他社を圧倒しているという事実は間違いありません。

≫リースナブルの解説記事はこちら

【5つの秘密】「超低価格」を実現する驚愕のビジネスモデル

この超低価格を実現するために作り込まれたビジネスモデルの「5つの秘密」を解説します。

超低価格を実現する5つの秘密
  1. リセールバリューの高い車の選定
  2. 超高残価設定を実現する「中古車を高値で流通させるノウハウ」
  3. 手続きをWeb・郵送で完結させている
  4. 契約満了後は「返却のみ」とするルール
  5. 最大3年だから車検・メンテナンスのコストが少ない

① リセールバリューの高い車種の選定している

新車リースクルカにおいて選べる車種は以下の29車種に限定されています。

引用:新車リースクルカ公式HP

どれもファミリー層を中心に人気のある車ばかりです。
ミニバンやSUVを中心に取り扱うことで中古車として再販する時に高く売れます

なぜなら市場のニーズが高いから
買い手が多いということは強気に価格設定しても売れるということです。

これらの人気車種に限定するメリットは次に説明する「残価設定」に大きく影響します

② 超高残価設定を実現する「中古車を高値で流通させるノウハウ」

短期のカーリースにおいて価格を決定する重要な要素となるのが「残価設定」です。

残価設定の図解:筆者作成

リースの価格は新車価格から返却後に中古車として流通させる際の「残価」を差し引いた額を契約期間で分割して定められています。

そして残価は査定をするときの状態(年数・走行距離・車種の人気)によって決まります。車の状態がよければ良いほど高く売れるので「3年しか使っていない車」は当然価値が高いです。

この残価設定を高くするとリース会社にリスクがあって、もし残価より高く売れなかった場合はリース会社がその分損をしてしまう可能性もあります。

新車リースクルカの場合、返却後の販売先があらかじめ決められているため「売れずに価格を下げる」というリスクが極めて低いのです。

売り先が決まっているから一般的な残価設定よりも高い残価を設定することができ、その分利用者の負担金額を下げるという戦略となっています。

残価設定を高くすると返却時の精算が気になる人もいると思いますが、手のひらサイズ以上傷や凹みがなければ基本的に精算不要となっているので安心です。

③ 手続きをWeb・郵送で完結させている

店舗などを持つカーリースやサブスクの場合「人件費」や「店舗の家賃」など経費が価格に含まれているものです。

しかし新車リースクルカは全て「Web」「郵送」で完結するような設計になっています。
つまり余計なコストを最大限に省くことで「超低価格」を実現させているのです。

利用料を少しでも下げるために少人数で対応しているとのことなので、大企業のような完璧な対応が毎回出来るというわけではないということは頭に入れておくと良いでしょう。

④ 契約満了後車両を必ず返却するルールを敷いている

②でも触れましたが新車リースクルカは返却後の販売先をあらかじめ決めているため「契約満了後に必ず車を返却する」というルールがあります。

必ず車を返してもらえるということは再販先にも「在庫」として納車をほぼ確約することができます。これが高残価設定をしても、残価精算のリスクを減らすことができる秘密です。

愛着を持って買い取りたいという人もいるかもしれませんが、低コストで新車に乗るために必要な事であると捉え受け入れることが大切です。

⑤ 最大3年だから車検・メンテナンスのコストが少ない

新車を3年で返却するということは車検に出す必要がないということ。
しかも新車には3年保証がついているため、走行距離にもよりますが日常的なオイル交換以外のメンテナンスにもほとんどコストがかかりません。

それは他社カーリースと比較してメンテナンスの費用を見込む必要もないということ。
つまりその分他社よりも利用料を安くすることができるのです。

新車リースクルカの特徴(メリット)

超低価格のカラクリ以外での新車リースクルカの特徴・メリットを解説します。
新車リースクルカの特徴はやはり3年という短期リースに起因するものが多いです。

3年の短期リースなので契約リスクが少ない

3年で返却するということは必ずしもデメリットだけではありません。3年周期でライフスタイルに合った最適な車を選べると考えればそれは「メリット」に変わります。

具体的にライフイベントの発生イメージを考えてみましょう。

ライフイベントの発生イメージ

27歳:ある程度お金が貯まってきたので1台目の車を買いたい。コンパクトカーでOK
30歳:結婚して子どもができたのでコンパクトカーではちょっと手狭になる
33歳:2人目の子どもが生まれ、ミニバンが欲しくなる

もし27歳の時点で7年リースや11年リースなどの長期リースをコンパクトカーで組んでしまったら?
34歳・38歳までずっとコンパクトカーに乗り続けなければなりません

5年後、10年後の未来の状況、あなたに予測できますか?
結婚するかも、子どもが生まれるかも、どこに住んでいるかもどんな仕事をしているかもわからないというのが実際だと思います。

3年毎に新車に乗り換えられて自分達の生活に合った車種に切り替えられるのが新車リースクルカの価値なのです。

3年のメーカー保証が使える

新車で購入すると3年のメーカー保証が使えるため、何か不具合があっても無償で修理することができます。

3年保証対象部品 例
  • エンジン機構(パルプ機構・クランクシャフト・燃料装置・冷却装置など)
  • 動力伝達機構(クラッチ・トランスミッション・ドライブシャフトなど)
  • ステアリング機構(メインシャフト・パワーステアリングなど)
  • 前後アクスル※車軸 機構(サスペンションアーム・スタビライザーなど)
  • 電子制御機構(エンジンコントロールコンピュータなど)
  • ブレーキ機構(ブレーキブースター・パーキングブレーキなど)
  • 乗員保護装置(シートベルト・SRSエアバッグなど)
  • 燃料電池・ハイブリッド装置 ※対象車種のみ

逆に3年以内に交換が必要になる部品はわずか6種類だけです。

メンテナンス種別頻度金額目安
オイル交換3~6ヵ月に1回2,000~8,000円/回
オイルフィルタエレメント交換6ヵ月~1年に1回500~3,000円/回
ワイパーゴム交換1年に1回1,000~2000円/回
冷却水(クーラント)2年に1回2,000円前後/回
エアクリーナー交換2年ごと1,000円前後/回
エアコンフィルター交換1年ごと3,000円~5,000円前後/回
3年以内に交換が必要な部品

これらのメンテナンスさえしっかりと行っておけば、それ以外の出費は特に必要ありません

いきつけのガソリンスタンドなどでこれらの項目だけ対応してもらえるようにお願いしておけばメンテナンスのコストも手間もそこまで大きな負担にはならないはずです。

3年リースのメリットはこの維持費がかかりにくさにあると言っても過言ではありません。

手続きが楽

最後に新車リースクルカならではのサービスも紹介しておきます。
初期費用は当然¥0となりますがこれらの初期費用の中に「車庫証明取得費用」と「自宅への輸送費用」が含まれている点に注目です。

他社のカーリースは「車庫証明」を自分で警察署に取りにいくケースが多く、納車も自宅近くの販売店まで取りにいく必要があります。

これらの手間まで新車リースクルカが負担してくれるのは大きなメリットですね。

新車リースクルカの注意点(デメリット)

3年短期リース、かつ超低価格なので当然ですが契約をする上で頭にいれておきたい内容があります。

新車リースクルカの注意点
  • 任意保険は別途加入が必要
  • メンテナンスオプションはない
  • 中途解約は不可
  • 超高残価設定のため、車の状態に気を使う必要がある。

それぞれ詳しくみていきましょう。

任意保険は別途加入が必要

新車リースクルカの月額利用料にはKINTOのように任意保険の費用は含まれていません

新車リースクルカで契約する場合、対人・対物はもちろん車両保険への加入が必須です。
なぜなら不運にも事故に遭ってしまった場合、修復歴発生時に20万円、全損時は車両価値から支払済金額を差し引いた金額を規定損害金として支払う必要があるからです。

任意保険はリース向けの保険に加入するようにしましょう。
任意保険の費用を知りたいという人は無料の自動車保険一括見積もりサービスを利用すると無料で見積を取得することができます。

メンテナンスオプションはない

新車リースクルカはメンテナンスの費用を利用料に含めることができません
しかし3年契約であればメンテナンス(交換)しなければならない部品はたったの6種類だけです。

メンテナンス種別頻度金額目安
オイル交換3~6ヵ月に1回2,000~8,000円/回
オイルフィルタエレメント交換6ヵ月~1年に1回500~3,000円/回
ワイパーゴム交換1年に1回1,000~2000円/回
冷却水(クーラント)2年に1回2,000円前後/回
エアクリーナー交換2年ごと1,000円前後/回
エアコンフィルター交換1年ごと3,000円~5,000円前後/回
3年以内に交換が必要な部品

これはすでに上述していますが、はっきり言って新車3年保証を組み合わせればメンテナンスオプションは必要ありませんね。

いきつけのガソリンスタンドにメンテナンスの相談をしておけば、特に大きな出費も想定されませんので安心してくださいね。

中途解約不可

基本的に中途解約は禁止されています。
これは返却時期を事前に取り決めた超高残価設定をしていることに起因しています。

途中で解約された場合に様々な計算が狂ってきてしまうので、禁止となっているのは理解しておかなければなりません。

唯一解約となるのは事故による全損
その場合、上述しましたが全損時は車両価値から支払済金額を差し引いた金額を規定損害金として支払う必要があるので要注意です。

超高残価設定のため、車の状態を維持する必要がある

新車リースクルカは超高残価設定で月々の利用料を安くしています。
そのため返却時の残価を下げないように注意すべき点があるので頭に入れておきましょう。

走行距離制限がある(3年で36,000㎞)

残価を下げないための施策1つ目が「走行距離を制限する」ことです。
中古車として市場に出す上で走行距離が少なければ少ないほど高く売れます

そのため利用者に好き勝手走られてしまうとどんどん車の価値が下がってしまうのです。
新車リースクルカは月1,000㎞まで利用することができて、これは同じ短期リースのリースナブルよりも距離制限が緩いです。

またもし走行距離制限を超えてしまった場合でも精算金を支払えば問題ありません。
精算金は1㎞あたり10円なので仮に1,000㎞超過してしまったとしても1万円の支払いで済みます。

通勤など日常的に利用する人は自分の月単位の走行距離数をあらかじめ想定しておくとクルカを使って問題ないか判断することができるのでおすすめです。

走行距離の想定の仕方は以下の記事でくわしく解説しています。

≫車のサブスクの走行距離制限とは?利用距離に合わせたサービスの選び方を解説!

改造が禁止されている

残価設定をしている車は中古車として流通させる際、1番高く売れる状態を維持しておかなければなりません。市場で求められているのは「極力購入時点の状態に近い車」です。

つまり改造をするという事は購入時点の状態から遠ざかってしまうので、車両の価値が下がってしまうということ。そのため「改造禁止」をルール化しています。

「改造禁止」となっている理由をよく理解して、どうしても改造したい人は改造が許されたカーリースを選ぶようにしましょう。

≫改造が認められたカーリースはこちら

修理が必要な傷や凹みに注意

新車リースクルカには事故や傷、凹みを作ってしまった時のルールが定められています。特に注意しておきたいのは「手のひらサイズ」を超える大きめの傷をつくってしまった時です。

手のひらサイズを超える傷は返却時に修理が必要になります。

また修理をしてしまうと中古車としての査定に「修復歴あり」というレッテルが貼られ、車の価値が大きく下がってしまいます

その下がった分の価値を補うために新車リースクルカでは20万円の精算をルールとして定めています。もし修理が必要かどうかが判断できない場合には、担当営業に連絡すれば判断してもらえるようです。

そして手のひらサイズを超えない範囲での細かい傷や凹みに関しては特に精算を求められる事はないので安心です。

新車リースクルカに向く人・向かない人

ここまで新車リースクルカの安さの秘密、特徴、注意点を解説してきました。
これらを踏まえると新車リースクルカに向く人、向かない人の違いは以下のようになります。

新車リースクルカに向いている人
  • 新車が好きな人
  • ライフイベントを控える人
  • ファミリーカーを希望する人
新車リースクルカに向かない人
  • こだわりの車種に乗りたい人
  • 自分の好みにカスタマイズしたい人
  • 1台の車に愛着を持って乗りたい人

それぞれ解説していきます。

新車リースクルカに向いている人

新車リースクルカに向く人のポイントは「新車に乗りたい」か「乗り換えの需要がある人」です。

新車リースクルカに向いている人
  • 新車が好きな人
  • ライフイベントを控える人
  • ファミリーカーを希望する人

新車が好きな人

1つ目はやはり「新車」に乗りたい、新車に乗ると嬉しくなってしまう人です。
新車っていいですよね。

最新の技術が盛り込まれた性能と最新の設備、洗練されたデザインなどを味わえる、いわゆる流行に乗ることが出来る点が新車リースクルカの大きなメリット

「中古車でいいや」「別に乗れればOK」という価値観の人は基本的には選ばないサービスです。
新車に乗る事を価値を感じて、かつ極力安く人気の車に乗りたい人がおすすめユーザーとなります。

ライフイベントを控える人

「ライフイベントを控える」あなたも3年毎に必要な車を見直せるのでおすすめです。
パートナーとの結婚を考えていたり、近いうちに子どもが欲しい方のニーズに応えてくれます。

結婚・出産などのライフイベントはあなたのカーライフも変化させます。
子どもが3人いたらコンパクトや軽自動車では手狭になってしまいますよね。

長期ローンや長期リースは「今」必要な機能と「将来」必要な機能のギャップが生じるというデメリットがあります。

5年以上先の未来をあなたは確実に予測できますか
難しいと思ったあなたは短期リースを上手に活用することで快適なカーライフに一歩近づくことができるはずです。

ファミリーカーを希望する人

最後にミニバン人気車種のラインナップが豊富であるという新車リースクルカの特徴から考えるおすすめユーザーです。

ファミリーカーに乗りたい人は以下の車種から選ぶことができます。

引用:新車リースクルカ ミニバンラインナップ

例えばアルファードという高級かつ大人数が乗れるミニバンはファミリーにとっては憧れの車です。
それ以外にもヴォクシー・ノア・セレナ・デリカなどのファミリー向けのミニバンを選ぶことができ、しかも安いというのは大きなポイントだと思いませんか?

まっつん
まっつん

子どもの頃からミニバンに乗っていた場合、あの「天井が高くて車室が広々快適な車」のイメージが染みついて、他の車に乗りたいと思えない人も多いのではないでしょうか。

あなたが「ミニバンに乗りたい」という想いがあるならば、新車リースクルカを選ぶことでミニバンに安く乗るチャンスが手に入ると言っても過言ではありません。

新車リースクルカに向かない人

新車リースクルカに向かない人の特徴は「自由に車を使いたい」「乗り換えに魅力を感じない」という人です。

新車リースクルカに向かない人
  • こだわりの車種に乗りたい人
  • 自分の好みにカスタマイズしたい人
  • 1台の車に愛着を持って乗りたい人

こだわりの車種に乗りたい人

新車リースクルカの取り扱い車種は全29車種となっています。
今後ラインナップが増えていく可能性はありますが、これらのラインナップの中に乗りたい車がない人は別のサービスの利用をおすすめします。

引用:新車リースクルカ ラインナップ

しかもこれは3年・6年・9年・12年と3年周期で乗り換えをする時にこれらのラインナップでも問題ないかという観点で見る必要があります。

アルファードが大好きで、アルファード以外乗る気はないというようなタイプの人であれば良いのですが、タイミングとニーズに応じて乗り換えたいと考える人にとって車種が少ないのは致命的です。

新車は好きだけど車にこだわりがないという人の方がこのサービスの利用に向いているとも言えますね。

自分の好みにカスタムしたい人

車が好きすぎるタイプの人は「カスタム」にも興味が湧くものです。

ですが新車リースクルカは超高残価設定で価格を安くしているサービスなので改造は禁止です。
カスタムをしたいと考えるタイプの人は「改造したくても出来ない」というストレスを抱えることになります。

自分の好みにカスタムしたいと考える車好きの方には向かないサービスと言えるでしょう。

1台の車に愛着を持って乗りたい人

愛車という感覚で車に乗るタイプの人は向きません。
なぜなら3年に1度その愛車との別れが訪れるから。

愛着が湧いてしまった車との別れは辛いもの。
そのようなタイプの人は購入か長期リースを活用すると良いでしょう。

審査の内容・申込の手順

新車リースクルカの3年に一度新車に乗り換えるという価値観に共感してもらえた方は早速申込の手続きを進めていきましょう。

申込をするプロセスに入る前に「審査」があります。審査の目的はあなたの支払いが滞ることがないかの確認です。

カーリースはあなたに代わって車を代理購入するサービスなので、リスクを減らす努力はどうしても必要です。審査はリース会社の「リスク対策」なのでまずは審査をしてあなたが問題なく借りることが出来るかをチェックしてもらいましょう。

新車リースクルカの審査内容

新車リースクルカでは信販会社の審査を利用しています。
審査会社は「アプラス」「ジャックス」の2社で審査の内容はクレジットカード同様以下のような内容になります。

審査で見られる項目
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 借入残高
  • ブラックリストに入っていないか

勤務先・勤続年数・年収などは一般的な項目なので特に問題ないと思いますが、なかには「借入残高」や「ブラックリスト」という項目が気になる方もいるかもしれません。

審査が厳しくなる人の特徴

具体的に審査に落ちる可能性がある人の特徴は以下の通りです。

審査が厳しくなる人の特徴
  • 公共料金の未払い歴がある
  • 携帯料金の未払い歴がある
  • キャッシングやリボ払いの残高が多い
  • 過去滞納や債務整理を行ったためブラックリストに載っている

これらの項目に身に覚えがある人は要注意。
不安な人は「CIC」や「JICC」などの指定信用情報機関に問い合わせをすることでブラックリストに載っているかがわかります。

これらの項目以外では年収に対して契約したい車種の金額が高すぎる等、条件のアンマッチがない限り審査に落ちるということは少ないので安心してください。

≫車のサブスクリプションで審査に落ちやすい人の特徴が気になる方はこちら

審査を通過しても契約のキャンセルは可能

無事に審査に通過出来たとしても、本当に契約して良いかという悩みは必ず発生します。
いくらカーリースで頭金なしで利用できると言っても毎月数万円の支払いが発生する高額な買い物

高額商品でも車がクーリングオフの対象になっていないのは、購入までに十分な検討をした上で決定しているという前提だからです。

新車リースクルカはWebでの申し込み・審査、郵送での契約締結を進めていく形になりますが、最終的に契約書にサインをして郵送を終えるまではキャンセルが可能となっています。

Webでの申し込みなので勢いで審査に申込をしてしまう可能性も0ではないでしょう。冷静に考えた上で「やはりやめたい」という気持ちになってしまっても契約書さえ返送しなければ契約は成立しないので安心してください。

申込を進める前にこのルールだけはしっかりと頭に入れておいてください。
担当者とやり取りをして進めているからと言ってキャンセルできないということにはなりません

自分のライフプランと相談しながら慎重に検討を進めることをおすすめします。

申込方法

事前に準備しておいた方がよいもの

審査申込前の準備として以下のようなものを準備しておくと良いでしょう。

審査申込前に用意しておきたいもの
  • 運転免許証
  • 勤務先情報のわかるもの(名刺など)
  • 年収がわかるもの(源泉徴収票など)

これらを用意しておくと入力する時にスムーズに情報を入力できるのでおすすめです。

申込の手順

申込をする場合には以下のボタンから新車リースクルカのホームページへジャンプします。

\最低価格保証!短期リースで新車に乗り続けたいあなたに超おすすめ/

サイトに移動したらページ上部のヘッダーラベルから「取り扱い車種」にカーソルを合わせます。

引用:新車リースクルカ公式HP
引用:新車リースクルカ ラインナップ

まず乗りたい車種を選んでクリックします。(ここではアルファードを例に説明します。)
すると下のようなページに遷移するので「グレード」を選んでください

引用:新車リースクルカ公式HP

すると下のような画面が出てくるので「このグレードで申し込み」をクリックします。

引用:新車リースクルカ公式HP

ボタンを押すと以下のような申込フォームが出ます。
この時点では「審査」の申込なのでいつでもキャンセル可能です。

引用:新車リースクルカ公式HP

新車リースクルカの審査に必要な情報は以下の通りです。

新車申込フォームに入力が必要な項目
  • 名前(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 自宅住所
  • 駐車場所予定地(自宅住所と同じ/それ以外)
  • お住まいの形態(アパート/借家/社宅・寮/賃貸マンション/公営住宅/家族所有/本人所有)
  • 居住年数
  • 世帯主との関係(本人・配偶者・親子・その他)
  • ご家族(独身/既婚)
  • 年収
  • 他からの借入(無・有)
  • 勤務先名称(フリガナ)
  • 勤続年数
  • 勤務先所属部署・役職
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先住所
  • 従業員数
  • 職種
  • 業種
  • 免許証番号
  • 審査代行入力の同意※1
    ※1…申し込みや審査のためにあなたの情報を代行入力することの承諾
  • リース契約約款※2の同意
  • 個人情報の取り扱いに関する同意条項※2の同意
    ※2の約款や条項は申込前に必ず目を通すようにしましょう。

これらの情報を入力できたら、確認ボタンをクリックしましょう。

引用:新車リースクルカ公式HP

確認画面で入力された内容に間違いがないかをチェックして、申し込み登録を完了させてください。

審査通過後の流れ

引用:新車リースクルカ公式HP

無事審査に通過したら、契約内容を担当者と相談の上決定します。
オプションの追加や不安な点の確認など担当者にしっかりと確認して内容を固めていきましょう。

契約書を返送するまでキャンセルは可能なので焦らず確実にコミュニケーションを取り、認識違いなどが起こらないよう注意して進めていけばあなたに合ったリースプランが作れるはずです。

契約書を返送して正式に契約が締結できたら、納車を待つばかり。
新車リースクルカは自宅への納車費用も含まれているため、あなたの愛車が届く日を楽しみにしていてくださいね

新車リースクルカの申込はこちらから

\最低価格保証!短期リースで新車に乗り続けたいあなたに超おすすめ/

よくある質問

最後に新車クルカに関するよくある質問をまとめておきます。

Q1:個人でも法人でも契約できる?

A:個人でも法人でも契約することは可能です。

法人契約の場合は、会社の印鑑以外に「代表者の印鑑証明」が必要なので注意しましょう。
※代表者が保証人となります。
契約時の住所は本社の登記上の住所を登録します。

支店で利用する場合は、支店の住所と公共料金の郵送物のコピーなどを提出することで対応できます。

未成年でも申込可能?

A:未成年でも申し込みは可能です。

免許証を持っていれば契約可能ですが、ご両親に保証人になってもらう必要があるので注意してください。(親に内緒で申し込みなどはできません。)

駐車場の手配は事前に必要?

A:契約は不要ですが、借りる候補となる駐車場は目星を付けておくとよいです。

駐車場は車を購入した後に「車庫証明」を取得する必要があるため自宅以外に駐車場を借りる必要のある人は事前に駐車場の空き状況を確認しておきましょう。

駐車場は住民票の住所から直線距離で2㎞以内と決まっています。
なお車庫証明は新車リースクルカで代行取得できるので利用者は必要な書類を提出するだけでOKです。

まとめ

超低価格を実現した新車リースクルカの「安さの秘訣」とおすすめユーザーの特徴をおさらいします。

超低価格を実現する5つの秘密
  1. リセールバリューの高い車の選定
  2. 超高残価設定を実現する「中古車を高値で流通させるノウハウ」
  3. 手続きをWeb・郵送で完結させている
  4. 契約満了後は「返却のみ」とするルール
  5. 最大3年だから車検・メンテナンスのコストが少ない
結論:新車リースクルカに向く人の特徴
  • 新車が好きな人
  • ライフイベントを控える人
  • ファミリーカーを希望する人

驚異的な低価格ではありますが、安くするための工夫が詰め込まれてこの価格が実現できていると考えると十分納得感のあるサービスになっているのではないでしょうか。

新車リースクルカに向く「定期的な乗り換え需要がある人」は是非利用してみてくださいね。

新車リースクルカの申込はこちらから

\最低価格保証!短期リースで新車に乗り続けたいあなたに超おすすめ/

以上、「【3年最安】新車リースクルカが向く人の特徴とは?注意点や気になる審査についても解説」でした。

車のサブスクを知りたいあなたにおすすめ

車のサブスク失敗しない選び方3選
おすすめサービスはコチラから
車のサブスク失敗しない選び方3選
おすすめサービスはコチラから
タイトルとURLをコピーしました