車のサブスクやカーリースで後悔しやすいポイント11選!3つの失敗しない選び方を解説

  • URLをコピーしました!
愛猫ポン太

友達がサブスクやカーリースにしようか悩んでるみたいニャ!すごく慎重に考えてて、後悔しないようにしたいって言ってたニャ。

まっつん

サブスクやカーリースってまだまだ新しいサービスだから不安に思う気持ちはわかるよ。だったら今回は車のサブスクやカーリースで後悔しやすいポイントをまとめてみようか?

愛猫ポン太

それはありがたいニャ♪後悔しないための対策もお願いだニャ!

この記事の内容
  • 車のサブスクやカーリースで後悔しやすいポイントを11パターン紹介します
  • 後悔しないサブスクやカーリース選びに覚えておきたい3つのコツを解説します
  • カーリースが「やめとけ」「デメリットだらけ」と言われる理由を解説します
  • 後悔が少ないおすすめのサブスク・カーリースを紹介します
★車のサブスク・カーリースのおすすめランキング★

人気9社を圧倒的な情報量で比較したおすすめのサービスがわかる記事はこちらから

≫【人気9社比較】車のサブスク・カーリースおすすめランキング!– 失敗しない選び方も解説 –

もくじ

車のサブスクやカーリースで後悔しやすいポイント11選

車のサブスクやカーリースで後悔しやすいポイントは11パターンあります。

  1. 定額コミコミだと思っていたら別途費用が発生した
  2. 安いと思っていたらボーナス払いが組み込まれていた
  3. 思ったよりも月額料金の負担が大きく、支払いが苦しくなった
  4. 購入するよりも高くついてしまった
  5. 車が自分のものにならない虚しさを感じた
  6. ルールを見落としていて思ったような使い方ができなかった
  7. 気軽に解約できると思っていたが出来なかった
  8. 長期契約が残っていて車が手狭になっても乗り換えができなかった
  9. 走行距離制限を超えてしまい思ったように車に乗れなくなった
  10. 傷をつけるのが怖くなり、気軽に車に乗れなくなった
  11. 中古車リースにしたら状態の悪い車が貸し出されてしまった

たくさんあるのでわかりにくいかもしれませんが、整理していくと「契約内容の誤解」「契約期間の選択ミス」「サービスの選び方」が主な原因だったりします。

サービス内容の理解や期間設定は非常に重要なので、後悔しやすいポイントをチェックしながら、正しい内容の理解を進めていきましょう。

後悔Point① 定額コミコミだと思っていたら別途費用が発生した

車のサブスクやカーリースはコマーシャルで「月額定額」という表現がよく使われています。

しかし実際は各社の定額の定義はバラバラ

たいていの会社は『車両代・自動車税・車検代』までは定額化されていますが、『メンテナンス・任意保険』はオプション扱いだったり、表示金額に含まれていないケースもあります。

ここが車のサブスクやカーリースの落とし穴。

サービスを選ぶ時はしっかりと説明を聞いて『どこまでが定額なのか』をしっかり確認するようにしましょう。

車のサブスクやカーリースの料金については以下の記事でくわしく解説しています。

後悔Point② 安いと思っていたらボーナス払いが組み込まれていた

愛猫ポン太

月々1万円で乗れるってホントかニャ?

まっつん

1万円で乗れる車もあるにはあるけど、ほとんどがボーナス払い込みの価格になっているよ。確かに月々の支払いは1万円かもしれないけれど、年2回、10万円を超える支払いが発生するので要注意だね。

愛猫ポン太

そんな甘い話はないって事だニャ。

まっつん

そういうこと。

月々1万円からのれる!という広告を見たことがある方も多いと思います。例えば「フラット7」というサービスの広告は以下の通りです。

引用:フラット7公式ホームページ

右下に※で「別途年2回のボーナス払いが必要です。」という表記がありますね。

この「月々1万円から」という表現はあくまで支払い方法の話であって、支払う総額は変わりません

ここを見落として勢いで契約してしまうと想定外の出費に悩まされてしまう可能性もあるので要注意。車に乗るということはそれなりにお金がかかるという事実を忘れてはいけません。

車のサブスクやカーリースはあくまで車の「買い方」の選択肢に過ぎないので計画的な利用を心掛けましょう。

後悔Point③ 思ったよりも月額料金の負担が大きく、支払いが苦しくなった

車のサブスクやカーリースの月額料金は「安い!」と錯覚してしまいがちです。なぜなら車は数百万円の高額な買い物なのに、月数万円で買えてしまうのですから。

月数万円ならなんとか出せるかなと軽く考えてしまいがちですが意外と家計にダメージが来るものです。

車のサブスクやカーリースの料金は家賃やスマホ代と同様「固定費」です。固定費が増えることでこれまでより自由に使えるお金が減ります

特に日常的に車に乗る人であれば必要経費として考えることができますが、休日レジャー中心の利用をする方は本当にその支出が必要なのかをしっかりと考えて契約することが大切です。

後悔Point④ 購入するよりも高くついてしまった

車のサブスクやカーリースは購入するよりも総額は高くなります。

その理由はいくつかありますが・・・

  • 車の購入費用に加え、維持費込みの価格になっている
  • 分割払いに対する利息相当の増額が発生している

という2点は特に注意しておく必要があります。

維持費についてはどちらにしろ発生する費用なので仕方ないとしても、車を一括購入できる余裕があるのならわざわざサブスクやカーリースを利用する必要はありません

車のサブスクやカーリースは「初期費用0円」で乗れるという点が最大のメリット。そしてまとまったお金がない状況でも車が必要になるケースはあります。

子育て・地方への転勤などライフスタイルの変化によってやむを得ず車が必要になった時こそ、車のサブスクやカーリースの出番です。

購入するより若干高くても、車を初期費用0円で手に入れられることにメリットを感じる人向けのサービスと言えますね。

後悔Point⑤ 車が自分のものにならない虚しさを感じた

車のサブスクやカーリースは返却が前提のサービスです。そのため契約期間中にコツコツと支払ってきたお金は返却とともに権利を失ってしまいます。

これは、これまでローンで自分の車を購入してきた人にとっては違和感が強いポイントです。

この違和感を解消するコツは契約期間の考え方を変えること。一般的なローンの組み方としては5~6年で契約して支払いが終わったら壊れるまで乗るか、売却して乗り換えるかを選ぶパターンが多くなっていました。

この考え方に合わせるのであればですが、車のサブスクやカーリースは「3年~5年」もしくは「9~11年」で契約するのがおすすめです。

なぜなら「3~5年」で契約すれば定期的に新車に乗り替えることができ、「9~11年」で契約すれば最終的に車がもらえるプランが組めるからです。

特に車を自分のものにしたいあなたは、支払った金額を無駄にすることなく回収できる「もらえるカーリース」を利用することをおすすめします。

後悔Point⑥ ルールを見落としていて思ったような使い方ができなかった

車のサブスクやカーリースにはルールがあります。これらのルールは広告などに大々的に表示されることは少ないので、見落としがちなポイント。

愛煙家の方が、車でタバコを吸えずに後悔したり、ペットの犬と出かけたかったのにできなかったなど後悔してしまった人もいます。

車のサブスクやカーリースで設定される主なルールは以下の通りです。

車のサブスクやカーリースのルール
  • 走行距離の制限
  • 車内での喫煙は禁止
  • ペットを乗せてはいけない
  • 改造禁止
  • 返却時の残価精算

具体的なルールを頭に入れ、あらかじめあなたの車の利用方法で問題が起こらないかを確認しておきましょう。

後悔Point⑦ 気軽に解約できると思っていたが出来なかった

「サブスク」という言葉を聞くといつでも解約できると思ってしまいがちです。

しかし車のサブスクの実態は「カーリース」(※契約もリース契約)

そのため通常のカーリースと同様、解約時にはまとまった解約金を支払う必要があります。会社にもよりますが、最大で残り利用期間分の利用料全額の支払い=実質解約不可となっている会社も多いです。

一番間違いやすいのが「思ったより車に乗る必要がなかった」というケース。

たとえば独身男性。平日は電車通勤なので車に乗る機会はなく、休日も思っていたより車に乗る用事がないため車を持て余してしまうようなことがあります。

購入していれば下取りに出すことで車を手放すことができますが、長期契約をしてしまっていると解約ができず最悪、車の代金をずっと支払い続けなければならないなんてことも・・・。

そうならないためには解約が認められていて解約金も比較的安価なKINTOや、短期契約で中途解約も下取り価格との差額で対応してもらえるリースナブルなどのサービスを選ぶ工夫が必要。

これらのサービスが気になる方はこちらの記事が参考になります。

後悔Point⑧ 車が手狭になっても長期契約のせいで乗り換えができなかった

子育てをしていると、車が手狭になってくることがあります。

4人乗りの車では荷物が積めない、もっと広い車にしたいという気持ちは結婚する前にはわからないもの。

特にライフイベントを控える若い人は、極力長期契約でのカーリース利用は避けた方が良いです。

変化する自分の生活に合わせた最適な車選びをするために、若いあなたは10年以上の契約を避けるべきです。25歳の時に買った11年契約の車は36歳になるまで乗り換えることができません

「あの時月額料金が安いからってこんな長期契約組むんじゃなかった・・・」と後悔している人は少なくないのです。

後悔Point⑨ 走行距離制限を超えてしまい思ったように車に乗れなくなった

走行距離制限というルールも後悔しやすいポイントの1つです。

サブスクやカーリースの利用料は「残価設定」という仕組みを利用することで下げることができます。残価を高く設定するためには「走行距離制限」をして走行距離が少ない状態の良い中古車として返却することで成立します。

しかし通勤で利用したり、長距離ドライブが趣味のような方は走行距離が足りなくなる可能性があるのです。

走行距離制限はサービスによって異なるのであなたの用途に合わせてサービスを選ぶ必要があります。以下の記事であなたに合った走行距離の選び方と適切なサービスの診断を試すことができるので気になる方はご一読ください。

後悔Point⑩ 傷をつけるのが怖くなり、気軽に車に乗れなくなった

車のサブスクやカーリースは返却時の残価精算が発生する場合があります。

これも走行距離制限と同じく「残価設定」がある場合に適用されるルールで、事故や傷をつけてしまうと再販時の価値が下がるため、残価-販売価格の差額を精算しなければならないというものです。

運転に自信のない人は、車に傷をつけてしまう恐怖を常に抱えているもの。

自分の車であれば気にする必要はありませんが、借りている車だからこそ傷をつける恐怖を感じやすく、気軽に車に乗るのが怖くなってしまうという人がいるのも事実です。

運転に自信のない人は、傷をつけても上限5万円で修理対応してくれるKINTOがおすすめ。くわしいサービス内容は以下の記事にて解説しています。

後悔Point⑪ 中古車リースにしたら車の状態が悪かった

これは中古車リースを利用した場合の話ですが、貸し出される車は中古の車なので前の人がどんな乗り方をしていたかわからないという問題があります。アクセルワークやブレーキのかけ方など運転の仕方が荒いことで車がダメージを受けている可能性もあるのです。

車の状態が悪いまま数年間の契約を結んでしまうと契約途中に故障するリスクが高くなってしまいます。

車の状態は外から見てもよくわからないことが多いです。なぜならエンジンの内部にダメージが残っているなど隠れた故障の原因を抱えていることもあるから。

中古車リースは安い代わりに誰かが乗ってきた車。そのため車の状態に関して後悔することが多いのです。

カーリースで「やめとけ」「デメリットだらけ」と言われる理由

カーリースで「やめとけ」「デメリットだらけ」だという評判を聞いたことがある人がいるかもしれません。

しかし全ての人にとってデメリットだらけであるというわけではありません。上にも書いた通りカーリースはあくまで支払い方法の1つの選択肢です。

初期費用不要で月額定額で乗れるというメリットだけを度外視して、デメリットばかり切り取ってしまうと以下のような意見が出てきてしまいます。

カーリースが「やめとけ」「デメリットだらけ」と言われる理由
  • 買うよりも割高に見える
  • 車が自分のものにならない
  • 制限事項がある(走行距離/喫煙・改造・ペット禁止など)
  • 返却時に精算が発生する可能性がある
  • 中途解約ができず、違約金が高額
  • 全損事故に遭った時にも違約金が求められる

これらの内容について気になる方は以下の記事にて詳しく解説しています。

実際にはこれらのデメリットをカバーできるように各社対策をはじめているので大丈夫。車定額サービスは発展途上のサービスなのでこれからどんどん質が上がっていくのは間違いないでしょう。

後悔/失敗しないサブスク・カーリース選び『3つのコツ』

ここまで後悔しやすいポイント11選、「やめとけ」「デメリットだらけ」と言われる理由について解説してきました。これらのポイントを踏まえて、失敗しないサブスクやカーリース選びには「3つのコツ」があります。

  1. 契約内容を正しく理解する
  2. 契約期間を慎重に選ぶ
  3. 見落としがちな任意保険・メンテナンスに注意する

それぞれみていきましょう。

選び方(1) 契約内容を正しく理解する

1つ目は契約内容を正しく理解すること。注意しておきたいポイントは以下の通りです。

  • 月額料金の内訳
  • ボーナス払いの有無
  • 残価設定の有無(有…短期契約、無…長期契約)
  • 走行距離制限の有無
  • 禁止事項の確認(喫煙・ペット同乗・改造の可否)
  • 解約ルールの確認
  • 残価精算の有無
  • 新車リースor中古車リースの確認

車のサブスクやカーリースはサービス内容にかなり差があります。特に表示されている価格だけでなくその価格の中に含まれるサービス内容やボーナス払いが隠れていないかをしっかりとチェックしておきましょう。

また、制限事項についても「知らなかった」では済まされません。なぜなら一度契約してしまったら解除するのが難しいから。(高額な解約金が発生します)

あなたが車に乗ってやりたいことは何なのか。そのやりたいことを実現するにはこのサービスは適しているのかという目線で契約を検討する前にしっかりとリサーチすることが重要です。

当サイトでは年齢や用途別におすすめの車定額サービスを紹介する車定額サービス診断を用意しています。

また主要サービスの比較サービスレベル別ランキングもあるので、あなたに最適な車定額サービス選びにご活用ください!

選び方(2) 契約期間を慎重に選ぶ

2つ目は契約期間を慎重に選ぶこと。

車のサブスクやカーリースは1年~11年と短期間から長期間まで幅広く選ぶことができます。逆を言えば契約期間の設定を誤ると期待していた乗り方ができなくなってしまう可能性があるので要注意。

例えば、20代の若い方は今後起こり得るライフイベントを想定して極力短期間(3年~5年)で設定しておく方が良いでしょう。

なぜなら、転勤で車が不要になったり、結婚相手が車を持っていて不要になったり、子育てで車が手狭になるなど変化する生活に車が足枷になってしまう可能性があるから。

3年~5年の契約にしておけば数年ごとに自分に合った車を見直し、乗り換えることができるので後悔することは少なくなるでしょう。

逆にライフイベントが一通り落ち着いた40代以上の人は長期契約にすることで毎月の負担額を減らすことができます。

契約期間選びを間違わなければ、サブスクやカーリースで後悔することは少なくなるでしょう。

選び方(3) 見落としがちな任意保険やメンテナンスに注意する

サブスクやカーリースの定額サービスには「メンテナンス」や「任意保険」がオプション扱いだったり含まれていないことがあります。

理由は3つほどあります。

  1. 任意保険をサービスに組み込めていないから
  2. メンテナンスの心配が少ない短期契約中心のカーリースだから
  3. 極力利用料を安く見せて、利用者の心理的ハードルを下げるため

任意保険がサービスに組み込めている会社はトヨタKINTO1社だけです。なぜなら任意保険は運転経験や事故歴、車両によって個人差があるため、定額料金として表現することが難しいから。

KINTOだけはサービス全体で任意保険に一括加入しているためだれでも定額という状態を実現できていますが、その他の会社は任意保険に関しては別途契約が必要なケースがほとんどです。

またメンテナンスに関しても個人差があるものです。「オイル交換くらいなら自分でできるよ」という人もいれば「車のことはぜんぜんわからないのでプロにおまかせしたい」という人もいます。

重要なのは車に乗る上で必要な費用はどんな買い方をしても大きくは変わらないということ。サブスクやカーリースはいままでの車の買い方とは違ったお金の払い方ができるという意味で注目を集めているのです。

日々の生活の中で車の維持費を気にすることなく定額で乗れるのがサブスクやカーリースのメリット。あなたに合った買い方を選ぶことが快適なカーライフを実現するコツなのです。

後悔が少ない!おすすめのサブスク・カーリース

ここまでで後悔しやすいポイント11選を解説してきましたが、これらの弱点をカバーしたサービスが登場しています。

車のサブスクリプション KINTO

引用:KINTO公式HP
  • 後悔Point①を改善 ⇒任意保険・メンテナンスまで車にかかる費用全てが定額
  • 後悔Point④を改善 ⇒任意保険が定額なので購入よりもトータルコストが安くなる人がいる
  • 後悔Point⑦を改善 ⇒解約金が他社より安く、いつでも解約可能な「解約金フリープラン」も登場
  • 後悔Point⑧を改善 ⇒契約期間中でも乗り換えができる「乗り換えGO」という仕組みがある
  • 後悔Point⑩を改善 ⇒傷や凹みがあっても最大5万円の費用負担で修理してもらえる。残価精算も不要

トヨタKINTOのサービス解説記事が読みたい方はこちら

もらえるカーリース「定額カルモくん」「MOTAカーリース」「ニコノリ」「ピタくる」

  • 後悔Point③を改善 ⇒長期契約で月額負担を大幅に下げることができる
  • 後悔Point⑤を改善 ⇒契約満了後に車がもらえる「もらえるプラン」が選べる
  • 後悔Point⑥を改善 ⇒喫煙可、ペット同乗可、改造可(もらえるプラン選択時)
  • 後悔Point⑨を改善 ⇒走行距離制限をなくせる(もらえるプラン選択時)

もらえるカーリース4社の特徴と比較を見たい方はこちら(※現在工事中)

車のサブスク・カーリースの後悔しやすいポイント まとめ

車のサブスク・カーリースで後悔しやすいポイントとして11のパターンを挙げました。

  1. 定額コミコミだと思っていたら別途費用が発生した
  2. 安いと思っていたらボーナス払いが組み込まれていた
  3. 思ったよりも月額料金の負担が大きく、支払いが苦しくなった
  4. 購入するよりも高くついてしまった
  5. 車が自分のものにならない虚しさを感じた
  6. ルールを見落としていて思ったような使い方ができなかった
  7. 気軽に解約できると思っていたが出来なかった
  8. 長期契約が残っていて車が手狭になっても乗り換えができなかった
  9. 走行距離制限を超えてしまい思ったように車に乗れなくなった
  10. 傷をつけるのが怖くなり、気軽に車に乗れなくなった
  11. 中古車リースにしたら状態の悪い車が貸し出されてしまった

これらの後悔しやすいポイントはサービスの選び方によって解消できます。失敗しない選び方は以下の通りです。

  1. 契約内容を正しく理解する
  2. 契約期間を慎重に選ぶ
  3. 見落としがちな任意保険・メンテナンスに注意する

また後悔しやすいポイントを解消できるサービスもちゃんと登場しているので、後悔したくないあなたには以下のサービスがおすすめです!

車のサブスクリプション KINTO

  • 後悔Point①を改善 ⇒任意保険・メンテナンスまで車にかかる費用全てが定額
  • 後悔Point④を改善 ⇒任意保険が定額なので購入よりもトータルコストが安くなる人がいる
  • 後悔Point⑦を改善 ⇒解約金が他社より安く、いつでも解約可能な「解約金フリープラン」も登場
  • 後悔Point⑧を改善 ⇒契約期間中でも乗り換えができる「乗り換えGO」という仕組みがある
  • 後悔Point⑩を改善 ⇒傷や凹みがあっても最大5万円の費用負担で修理してもらえる。残価精算も不要

トヨタKINTOのサービス解説記事が読みたい方はこちら

もらえるカーリース「定額カルモくん」「MOTAカーリース」「ニコノリ」「ピタくる」

  • 後悔Point③を改善 ⇒長期契約で月額負担を大幅に下げることができる
  • 後悔Point⑤を改善 ⇒契約満了後に車がもらえる「もらえるプラン」が選べる
  • 後悔Point⑥を改善 ⇒喫煙可、ペット同乗可、改造可(もらえるプラン選択時)
  • 後悔Point⑨を改善 ⇒走行距離制限をなくせる(もらえるプラン選択時)

もらえるカーリース4社の特徴と比較を見たい方はこちら(※現在工事中)

以上、「車のサブスクやカーリースで後悔しやすいポイント11選!3つの失敗しない選び方を解説」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ