車のサブスク・カーリースの検討手順(6STEP)をトップページで解説中♪

【購入方法別】車のサブスクKINTOとリース/購入/ローン/残クレの違いを徹底解説

  • URLをコピーしました!
  • 車のサブスクとカーリースって何が違うの?
  • 現金購入やローン、残価設定クレジットとの違いは何?
  • 中古車とどっちがお得?
  • レンタカーやカーシェアリングとは違うの?

2019年1月、「クルマのサブスク」として“トヨタ自動車”が発表したKINTO。ここから「車のサブスク」という言葉が世の中の関心を集めるようになりました。

とは言えまだまだ認知度が低く「どんなサービスなの?」と疑問をお持ちの方も多いです。

これからの時代、まとまったお金を支払って車を買う必要はなくなり、月額定額で車に乗る事が当たりまえの時代がやってきます。(トヨタ自動車は「モビリティカンパニー」への転換を宣言し、自動車業界には新しい波が確実に押し寄せています。)

まっつん

このブログは車のサブスクがわからないあなたのためにどこよりも詳しく、わかりやすく解説するブログです。私は本ブログの運営にあたり1年以上車のサブスクを研究し続けています。

この記事では「車のサブスクリプション」がこれまでと「どう違うのか」を解説します。

最後まで読むとあなたは「車を買うか」「サブスクを利用するか」を決められるようになります。

新しく増えた「車のサブスク」という選択肢で、新しい車とお財布に優しい生活を実現させましょう♪

【注意】当記事における車のサブスクとカーリースの定義について

当記事では車のサブスクとカーリースの違いを解説するため、任意保険・メンテナンスまで定額化された「KINTO」を車のサブスク、その他のサービスはカーリースと定義しています。

他の記事に関しては広い意味でカーリースも含めて「車のサブスク」という表記としています。

あなたの一番知りたい情報から読みたい人は以下のボタンから↓

★車のサブスク・カーリースのおすすめランキング★

人気9社を圧倒的な情報量で比較したおすすめのサービスがわかる記事はこちらから

≫【人気9社比較】車のサブスク・カーリースおすすめランキング!– 失敗しない選び方も解説 –

もくじ

車のサブスク KINTOとは?

クルマのサブスク「KINTO」は車両にかかる費用だけでなく維持費まで含めた全ての費用が定額化されたサービスです。

KINTOを使えばガソリン代・駐車場代・高速代以外の全ての費用を定額化することができます。

また初期費用不要、中途解約も可能です。中途解約には一定の解約金がかかりますが、「免許返納」「海外転勤」「運転不能」の条件であれば無料解約ができます。

これまでのカーリースや残価設定ローンと比べるとかなり使い勝手が上がっているというのがKINTOの特徴です。

KINTOの月額料金をシュミレーションしてみる ⇒ クルマのサブスクはKINTO 公式ページへ
KINTO解説の解説記事を読んでみる ⇒ トヨタKINTOをおトクに使える人の特徴4選!5つのデメリットも解説

車のサブスクKINTOとカーリースの違い

ではKINTOとカーリースは何が違うのでしょうか。

違いは「メンテナンスや保険が月額料金に含まれない」「中途解約ができない」という2点です。

KINTOは「リース契約」なので広い意味で言えばカーリースです。しかし他社にはできない自社整備工場によるメンテナンス定額任意保険が付帯されているため、これまでのカーリースよりも便利。

そのため他社カーリースと比較する時は金額が高く見えてしまうかもしれません。しかしサービス内容が違うのでそのまま比較してしまうと逆に割高なサービスを「安い」と勘違いしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

実際どれくらいお得なのか知りたい方はKINTOが「高すぎる」という噂に関して検証した記事をご一読ください。

≫トヨタKINTOは高すぎる!?本当は安いのに「高い」と言われる理由
KINTOの月額料金をシュミレーションしてみる ⇒ クルマのサブスクはKINTO 公式ページへ

カーリースにメンテナンスや任意保険が含まれない理由

カーリースにメンテナンスや任意保険が含まれない理由は「自社メンテナンス」や「任意保険の団体契約」の実現が難しいから。

自動車メーカーが運営するサービスであれば全国に販売店と修理工場を持っているので対応できますが、ディーラーが運営するサービスは提携修理工場に依頼する必要があります。

そのためカーリースの場合はメンテナンスがオプション化されている上、コストも若干高めです。

KINTOは自宅近くの販売店で対応してもらえるので、サービスの質も高くトヨタの純正部品での修理が受けられます。メーカー純正のサービスを受けられるのは安心できる材料です。

ちなみにホンダの楽まるというカーリースも自社工場でのメンテナンスが付帯していますが、任意保険は別途契約となるので「準サブスク」という立ち位置のサービスと評価しています。

任意保険の団体契約もKINTOが初めて実現したサービスです。団体契約はある程度まとまった数の契約が見込めないと実現できないので、「トヨタなら大丈夫」というブランドの安心感が成せる業と言えますね。

カーリースは原則解約禁止

車のサブスクKINTOは解約が認められていますが、カーリースは原則解約が禁止されています。

なぜならカーリースが解約禁止となっている理由は契約ごとに車を代理購入するスキームになっているからです。あなたのために車を購入するのに最後まで支払ってもらえなかったら掛かった費用が回収できませんよね。

車のサブスクKINTOも同じようにあなたのために車を手配しますが、違うのはトヨタグループの販売・活用ネットワーク。もし車が返却されても様々な用途で活用することができるので、規定の解約金を支払うことが解約が認められているのです。

また「免許返納」「海外転勤」「運転不能」など車に乗れないやむを得ない事情があった場合は解約金が免除されます。このように「車に乗れなくなった時」に発生する問題点の改善にも積極的に取り組んでいるのがKINTOの特徴です

⇧ もくじへ戻る

車のサブスクとローンの違い

次に車のサブスクとローンの違いについて解説します。

ローンには2種類あり「残価設定ローン(残クレ)」と「フルローン」がありますが、同じローンでも全くの別モノと考えて良いでしょう。

車のサブスクと残価設定ローンとの違い

車のサブスクと残価設定ローンの違いは「メンテナンス」「自動車保険」「車検」「税金」など維持費の支払いが月額料金に含まれていない点にあります。なぜなら残価設定ローンとはあくまで「車本体」の費用を分割して支払っているにすぎないから。

そのためメンテナンスや保険はカーリースと同じく利用料に含まれていません。さらにあなたの責任で「車検」や「納税」をしなければならない点も厄介。

支払は月額定額でもその他の維持管理に手間とお金がかかりすぎる点に問題があるのです。

さらに残価設定をすると本来あなたが持つことのできる「所有権が留保」されます。要するに設定した残価の支払いが完了するまで、お金を貸しているディーラーや金融機関が権利を持ち、あなたの所有権の行使が認められないということ。

つまりせっかくローンを組んで車を購入したのに、「改造」「ペット同乗」「喫煙」「最大走行距離」などが制限されており、自由に使うことができないのです。

手間がかかる上に自由に使えないローンを組むくらいであれば、最初から返却を前提にサブスクにしておけば維持管理もラクラク契約が切れたら新しい車に乗り換えもできてしまうのでお得だと思いませんか?

KINTOの月額料金をシュミレーションしてみる ⇒ クルマのサブスクはKINTO 公式ページへ
KINTO解説の解説記事を読んでみる ⇒ トヨタKINTOをおトクに使える人の特徴4選!5つのデメリットも解説

⇧ もくじへ戻る

車の購入費用全額をまとめて支払う「フルローン」との違い

車のサブスクや残価設定ローンとフルローンの違いは「所有権がある」という点です。なぜならあなたが借りているのは「お金」でそのお金を使って車を購入するという形になっているから。

購入しているので車のサブスクや残価設定ローンにある「制限事項」が課せられていません。そのため誰に気を使うこともなく、自由に車に乗る事ができるのが最大のメリットです。

デメリットとしては「購入金額の20%~30%」の頭金が必要かつ、多額の借入をするため、金融機関の審査が厳しいこと。更に数百万円の借入をするので今後ローンを組む時に更に審査が厳しくなってしまう可能性もあります。

また頭金も求められるので、まとまったお金がないと車が買えないのも難点。

  • 100万円の車 ⇒ 20万円~30万円
  • 200万円の車 ⇒ 40万円~60万円
  • 300万円の車 ⇒ 60万円~90万円

もし、買いたい車に対してまとまったお金が用意できない場合には、サブスクやカーリースがおすすめ。支払いが月額定額で固定できるという面においては車のサブスクKINTOが圧倒的におすすめです。

KINTOの月額料金をシュミレーションしてみる ⇒ クルマのサブスクはKINTO 公式ページへ
KINTO解説の解説記事を読んでみる ⇒ トヨタKINTOをおトクに使える人の特徴4選!5つのデメリットも解説

⇧ もくじへ戻る

初期費用不要で車を自由に使える「もらえるカーリース」

それではまとまったお金がないけれど、自由に車を使いたい人はどうすれば良いのでしょうか?

車を自由に使いたいあなたはフルローンや残価設定ローンのデメリットを補う形で開発された長期契約型のもらえるカーリースがおすすめです。

もらえるカーリースの特徴は以下の通り。

もらえるカーリースとは?

  • 残価設定をしない代わりに長期で契約する(7~11年)
  • 毎月の利用料は残価設定ありのカーリースと変わらない
  • 支払いが終わったら車を返却せず、所有権を移転してもらえる
  • 所有権が移転される前提なので、制限事項はなし

もらえるカーリースは利用料の支払いが終わるまではリース会社が所有する形になるため、頭金を設定しなくても万が一の場合には車が回収できます。

その上で残価設定をせず、契約終了後は所有権が利用者に移転するので車を自由に使っても良いのです。

もらえるカーリースでおすすめの2社は「MOTAカーリース」と「定額カルモくん」です。詳しく知りたい方は以下の記事からサービスの内容を確認してみてください。

≫MOTAカーリースの特徴5選!口コミ・評判からわかったおすすめユーザーとは?
≫定額カルモくん徹底解説!メリットデメリット・おすすめユーザーの特徴とは?

⇧ もくじへ戻る

車のサブスクと新車購入の違い(賃貸住宅と持ち家の違いに似ている)

今度は車のサブスクと購入の違いを解説します。

車のサブスクやカーリースは「持ち家」と「賃貸住宅」の違いに似ています。違いは以下の通り。

賃貸住宅
持ち家
  • 所有権はなし
  • 契約期間あり
  • 固定資産税は家賃に含む
  • 定期修繕は家賃に含む
  • 隣の家に気を遣う必要がある
  • 改築禁止
  • 喫煙禁止
  • ペット同居禁止
  • 所有権あり
  • 契約期間なし
  • 固定資産税の支払いが別途必要
  • 定期修繕の支払いが別途必要
  • 隣の家に気を遣う必要がない
  • 改築OK
  • 喫煙OK
  • ペット同居OK

これが車のサブスク・カーリースと車の購入で比べるとどうなるでしょうか?

車のサブスク・カーリース
車の購入
  • 所有権はなし
  • 契約期間あり
  • 税金は利用料に含む
  • 車検費用は利用料に含む
  • メンテナンス費用は利用料に含む
  • 走行距離制限がある
  • 改造は禁止
  • 喫煙禁止
  • ペット同乗禁止
  • 所有権あり
  • 契約期間なし
  • 税金の支払いが別途必要
  • 車検費用の支払いが別途必要
  • メンテナンスの支払いが別途必要
  • 走行距離制限がない
  • 改造OK
  • 喫煙OK
  • ペット同乗OK

基本的に高額な商品である家・車を借りて使うという意味では、どちらも同じような仕組みです。

賃貸住宅と持ち家のどちらが得かという論争を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、同様に賃貸住宅派の人は車のサブスクの方が価値観が近いと言えます。

賃貸住宅を借りるように、車も借りる。これが車のサブスクが向いている人の価値観なのです。

車を所有するメリット

車を所有するメリットはマイホームを購入した時のメリットとほぼ同じです。

持ち家の場合、契約期間もなければ自分で自由に内装を変更したり、ペットを同居させるのも自由。同じように車を購入すれば、改造・ペット同居・喫煙も自由です。

走行距離の制限もないため、距離を気にせず乗る事が出来る点も大きいですね。

また返却する必要がないため傷がついても気になるのは自分だけ。お金を請求されたりすることもありません。

車を購入するデメリット

車を購入するデメリットはやはり「維持管理にかかるお金と手間」にあります。

維持管理項目頻度車を購入した場合の
発生費用
車のサブスクKINTO
利用時発生費用
自動車税年1回(5月)10,000~110,000円0円(月額に含む)
オイル交換 3~6ヵ月に1回2,000~8,000円/回0円(月額に含む)
オイルフィルタ
エレメント交換
6ヵ月~1年に1回500~3,000円/回 0円(月額に含む)
タイヤ交換 4年に1回(※目安)20,000~100,000円/4本 0円(月額に含む)
ワイパーゴム交換 1年に1回1,000~2000円/回 0円(月額に含む)
冷却水交換 2年に1回2,000円前後/回 0円(月額に含む)
ブレーキオイル交換 3~4年に1回3,000~4,000円/回 0円(月額に含む)
バッテリー交換 2~3年に1回5,000~10,000円/回0円(月額に含む)
エアクリーナー交換 2年ごと1,000円前後/回 0円(月額に含む)
エアコンフィルター交換 1年ごと3,000円~5,000円前後/回 0円(月額に含む)
車検費用 新車購入3年後
その後は2年毎
50,000~120,000円/回
(車種により異なる)
0円(月額に含む)
任意保険
(対人・対物)
年1回更新
もしくは月払い
15,000~200,000円/年
※車種・等級・年齢等に
より変動
0円(月額に含む)
車を購入すると発生する維持費とその発生頻度

1つ1つの費用自体は小さいものも多いかもしれませんが必ず支払いが必要です。
税金・車検は法律で定められていますし、任意保険も万が一のことを考えたら加入は必須。

さらにメンテナンスも記載された頻度通りに実施しなければならないというルールはありませんが、おろそかにすると車に少しずつダメージが蓄積され、故障の原因になったり、寿命が短くなってしまうリスクがあります。

正直これだけの項目を管理していくのは相当大変です。マメに管理して実施できる人であれば問題ありませんが、不安がある人は「車のサブスク」を選ぶ方が賢明。

車の管理のために気を配ったり、時間を割くくらいであれば定期的に販売店に行ってメンテナンスをしてもらえる方が気が楽だと思いませんか?

KINTOの月額料金をシュミレーションしてみる ⇒ クルマのサブスクはKINTO 公式ページへ
KINTO解説の解説記事を読んでみる ⇒ トヨタKINTOをおトクに使える人の特徴4選!5つのデメリットも解説

⇧ もくじへ戻る

車のサブスクと中古車購入、どっちがお得?

車のサブスクは新車に残価設定をした上で利用できるので中古車とそこまで大きな差は出ません

5年落ちのシエンタを購入した場合のシュミレーションではKINTOの方がお得という結果も出ています。

前提条件は以下の通りです。

  • 車種:シエンタ G GAS 1.5L 2WD(7人)(中古車は2016年式)
  • 契約期間(下取りまでの期間):3年
  • オプション(ナビ・ETC・インテリジェントクリアランスソナー・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ・フロアマット(ベーシック))
  • 諸費用(自動車重量税・自賠責他)
  • 自動車税(30,500円/年×3年分)
  • メンテナンス料(オイル交換/オイルフィルターエレメント/ワイパーゴム/冷却水/バッテリー/エアクリーナー/エアコンフィルターを交換した場合の部品代+工賃※概算)
  • 中古車メンテナンスの場合は予備費(突発的な故障に対応する為)¥100,000計上
  • 任意保険(車両保険あり、自損事故補償、25歳、免許証グリーン)
  • 金利:残価設定→5.9%
  • 残価設定:新車1,000,000円、中古車600,000円
新車現金一括払い中古車現金一括車のサブスクKINTO
支払い方法現金一括払い中古車現金一括KINTO
本体価格¥2,020,000¥1,320,000利用料に含む
オプション費用¥260,700本体価格に含む利用料に含む
諸費用¥133,000¥133,000利用料に含む
自動車税¥91,500 ¥91,500利用料に含む
メンテナンス費用¥100,000¥200,000利用料に含む
任意保険料¥687,780¥687,780利用料に含む
金利¥0¥0利用料に含む
下取り価格
(設定残価)
▲¥1,000,000▲¥600,000利用料に含む
月額利用料¥0¥0¥49,500×36回
実質負担額2,292,9801,833,2801,782,000
参考サイト:静岡トヨタHP中古車サイトグーネットKINTO公式

もちろん中古車はピンキリなので金額的なメリットを測るのは難しいのですが、維持管理の手間は確実に中古車の方がかかります

なぜなら中古車の場合は既に消耗した状態の車に乗るので故障のリスクやメンテナンスの頻度に気を遣う必要があるから。

安ければ安いほど、状態の悪い車である可能性が高いので注意しておきましょう。

中古車を買うなら割り切って年式の経過した格安のものを選んで乗り潰すくらいの方がメリットが大きいです。少しでも安いものをという考えで高めの中古車を買うくらいなら車のサブスクの方がお得ということです。

KINTOの月額料金をシュミレーションしてみる ⇒ クルマのサブスクはKINTO 公式ページへ
KINTO解説の解説記事を読んでみる ⇒ トヨタKINTOをおトクに使える人の特徴4選!5つのデメリットも解説

⇧ もくじへ戻る

車のサブスクとカーシェアやレンタカーの違いは?

カーシェアリングやレンタカーとの違いは「都度申込が不要」である点と「契約期間の長さ」にあります。

なぜならカーシェアやレンタカーは「一時的に」利用がしたい人に向けて提供しているサービスだからです。

比較項目カーシェア・レンタカーサブスク
利用方法都度申込申込は契約時のみ
(いつでも利用できる)
契約期間1日~1ヵ月程度年単位での契約
支払いタイミング利用都度精算毎月
利用料金利用都度変動毎月定額
カーシェア・レンタカーとサブスクの違い

レンタカーやカーシェアは例えば1日だけのレジャーなど、用途がある程度決まっている場合に向きます。例えば日帰りの旅行で少し遠出をしたい時などに「必要な時間だけ借りる」ことでコスパを発揮します。

逆に日常生活で車を使うような場合には、カーシェアやレンタカーは向きません。具体的には週1~2回以上使う場合にはサブスクの方が使い勝手が良いでしょう。

例えば子育て中、子どもが夜中熱を出して急いで病院に連れて行かなければならないというシチュエーションは普通にあります。

慌てて病院に連れて行くときにわざわざレンタカーを予約して、車を借りに出かけるなんてことはしませんよね?

車のサブスクであれば契約期間中は自宅近くの駐車場に停めっぱなしでOK。急ぎの用事で車を使うときにはとても便利です。

このように車のサブスクにするか、カーシェアやレンタカーで済ませるのかはあなたの「利用頻度」によって変わります。 あなたの利用状況に合わせた購入方法を選ぶことがコスパの良いカーライフを送るためのポイントなのです。

⇧ もくじへ戻る

車の購入方法診断

ここまでの内容を踏まえ、あなたに合った購入方法を診断する「車の購入方法診断」を用意しました。

自分に最適な購入方法はどれなのか。
どの買い方にしようかまだ悩んでいるというあなたはよかったら試してみてください。

Q
新車と中古車はどちらを希望しますか?

⇧ もくじへ戻る

まとめ:1番コスパ良く車に乗る方法はKINTO!

車のサブスクKINTOとこれまでの購入方法の違いを解説してきました。

車のサブスクKINTOとこれまでの購入方法の違い
  • 車のサブスクとカーリースの違いはメンテナンス・保険が月額定額に含まれているかどうかにある
  • 車のサブスクと残価設定ローンの違いは車の維持費が定額化されているかどうかにある
  • 車のサブスクとフルローンの違いは所有権の有無自由度にあるが頭金が必要で借入金額が大きく審査も厳しい
  • 車のサブスクと購入の違いは「賃貸住宅」と「持ち家」と同じで所有権の有無自由度維持管理に違いあり
  • 車のサブスクは「常時利用に特化」、カーシェア・レンタカー「一時利用に特化」している

このような違いがあるということはおわかりいただけましたでしょうか。これらの違いを踏まえて、車の購入方法を検討すればあなたに合った買い方が見えてくるはずです。

車の購入方法は価値観や資金状況によって適切な選び方が変わります。

さらにタイミングによって、最適な買い方も変わってくるものです。なぜなら車の性能が高まっていくように、車の買い方もアップデートされてきているから。

「今一番コスパの良い買い方」は車のサブスク・カーリースです。

当サイトでは車のサブスクやカーリースの失敗しない選び方を解説しています。
車のサブスク・カーリースのことが気になるあなたは以下の記事がおすすめです。

おすすめ記事

車のサブスクの選び方の手順を知りたい⇒失敗しない車のサブスク選びの手順(トップページ)
車のサブスクのコスパや特徴、おすすめの会社を知りたい⇒【人気7社比較】あなたにおすすめの車定額サービス紹介
あなたに合った車のサブスク・カーリースを知りたい⇒車のサブスク診断

あなたに合った車の購入方法は見つかりましたか?
当サイトが少しでもあなたの車検討のお役に立てたら幸いです。

以上、【購入方法比較】車のサブスクKINTOとリース/購入/ローン/残クレの違いは何?でした。

⇧ もくじへ戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる