【図解で解説】自動車サブスクリプションとカーリースの違いとは?

車のサブスク基礎知識
  • 車のサブスク?カーリースと何が違うの?
  • カーリースはやめておいた方がいいって言うけど本当?サブスクなら大丈夫?
  • 中古車や新車購入とどう違うの?

まっつん
まっつん

あなたは車のサブスクとカーリースの違い、正しく理解できていますか?

車のサブスクと言えば「KINTO」が有名ですが、カーリースの会社が「サブスク」と名乗っていることもあり正直違いがよくわからないという人も多いのではないでしょうか

同じ月額定額でもカーリースと車のサブスクには明確な違いがあります。
ビジネスモデルの違いは提供するサービスの内容にも強く影響を及ぼすものです。

この記事では車のサブスクとカーリースと購入の違いについて図解で解説していきます。
この記事を読めばあなたもサブスクとカーリースがどう違うのか、なぜ違うのかを理解することができるようになるはず。

車のサブスクの基本を知りたい人向け

車のサブスクの基本を徹底解説!車のサブスク完全ガイド

↓Lineで車のサブスク・カーリースに関するご相談も承ります。お気軽にどうぞ!

友だち追加

【結論】車のサブスクとカーリースの違い

結論から言えば、車のサブスクとカーリースの大きな違いはサービスを提供する会社のポジションにあります。車のサブスクはメーカーやディーラーが提供していますが、カーリースはリース会社のサービスです。

まずはメーカー・ディーラー・リース会社の事業内容から解説していきます。

筆者作成

サブスクとカーリースはビジネスモデルが違う

車のサブスクとカーリースはビジネスモデルから違いがあり、似て非なるものです。

車のサブスクリプションの定義

一定期間の利用権として定期的に料金を支払う
料金を支払えば利用ができる

カーリースの定義

車をリース会社が代理購入し、契約者に対してその車を比較的長期に渡り賃貸する
代理購入してもらったものを借りる

サブスクリプションという言葉に「利用料金を支払えば利用ができる状態を作る」という意味があります。つまり中途解約が出来たり、契約すればすぐに車が乗れる状態を作っている必要があります。

だからこそ任意保険が料金に含まれていたり、解約可能というルールになっているのです。そのためカーリースの会社がサブスクリプションを名乗るのは少し意味が違います

サブスクリプションの本質的な意味は「月額定額」ではないということを頭に入れておくべきです。
KINTOやNOREL、ホンダマンスリーオーナーが「サブスク」と主張できる理由はこの「解約要件」と「任意保険含めた料金体系」を満たしている点にあります。

各サービスのポジションによる影響

車のサブスクとカーリースの明確な違いとして、会社の立ち位置やサービスの提供方法の違いがあることはわかって頂けたかと思います。

実はこのポジションの差がサービスの個性を決定している要因なのです。具体的に確認していきましょう。

カーリースは代理購入して又貸し=メーカーの制限なし・中途解約不可

カーリース会社を理解する上でのポイントは「代理購入」と「長期賃貸」という2つの特徴です。

代理購入ということは、契約が発生した都度メーカーに調達に行けるという意味です。それは自社が車の在庫を持っていないが故に出来るサービスです。

しかし「代理購入」なのであくまで利用者の車の費用を立て替えているだけ。つまりローンとほとんど変わりません。あくまでお金ではなくモノを貸し出すリース会社が間に入っているという点が違いです。

そして代理でお金を支払ってもらっている以上、リース会社の立場としては途中で解約されるわけにはいけません。なぜなら初期投資したお金が回収不能になってしまうからです。

代理購入しているが故に提供できるサービスが決まってきているということを理解しておきましょう。

サブスクは自社の資産を貸し出し=車種制限

逆にサブスクサービスを提供している会社の特徴は、自社の在庫となる資産を貸し出しているという点です。つまり自社の所有物を貸しているだけなのです。

だから仮に解約されたとしても大赤字になるというわけではなく、在庫が多少消耗はするものの自社資産として戻ってくるということになります。

その代わり車種に関しては自社で抱えている車の在庫から選ぶ形にしていたり、転売できる車種に限定したりすることでサブスク会社はリスクを減らしています。

サブスクは再販売する前提=任意保険付き

更にサブスクは中途解約を可としているため、回収した会社を再販することを前提として利用料が設定されています。

つまりより良い状態で回収できるように「万が一の事故」に備えた任意保険まで利用料に含められているのです。

再販売は「残価設定」の考え方と同じです。あくまで在庫がより良い状態で帰ってくることがサブスク会社の利益に繋がると考えると、任意保険までサブスク料に含まれるということは必然であると言えますね。

カーリースはやめておいた方がいい」と言われる理由

冒頭にも触れましたが、「カーリースは止めておいた方がいい」とよく言われます。

これはなぜだと思いますか?
答えはカーリースでも実態の支払いはローンと同じくらいの負担があるからです。

月額定額!というフレーズだけを見ると、あたかも1ヵ月単位で支払えばよいように見えてしまいます。しかし実際は数年間に渡り利用料の支払いが続くので言ってみれば「借金と同じ」なのです。

この事実を見落として契約してしまうと数年間に渡り支払いの義務が生じます。
カーリースはリース会社に「代理購入してもらっているだけ」であることを忘れないようにしましょう。

ちなみにサブスクの場合はカーリースと違い、利用料の最大1~6ヶ月分を支払うことで解約することができる(Kintoの場合)ので、もしどうしても支払いが辛くなったら解約するという選択肢が取れます。

この点もサブスクのメリットであり、負担の軽さの証明となりますね。

サブスク・カーリースのメリットデメリット

それぞれのビジネスモデルを解説してきましたが、整理するとこのような形になります。

メリットデメリット
サブスクリプション・月額定額の範囲が広い
(税金・車検・任意保険・メンテナンス込み)
・中途解約が認められている
・定期的に乗り換えができる
・必ず返却しなければならない
・選べる車種に制限がある
カーリース・長期リース(最大11年)ができる
・車種の選択肢が多い
・最終的に自分で所有することも可能
・中途解約不可
・サービスレベルにバラつきがある。
(安い=サービスレベルが低い)
筆者作成

カーリースとサブスクの違いは表裏一体です。

解約できるサブスクと解約できないカーリース。
契約期間が短いサブスクと長期間のカーリース。
サービスレベルの高いサブスクと各社差があるカーリース。

このような違いが会社ごとに存在しているため、何を選んだら正解なのかがわからなくなってしまうこともありますよね。本ブログの「失敗しない車のサブスク・カーリースの選び方」という記事で各社の比較を徹底比較していますので、興味のある方はご一読ください。

【コスパ比較】サブスクとカーリースはどっちが安い?

最後に結局サブスクとカーリースはどっちが安いのかという点に触れていきます。
結論から言えばサブスクのほうがコスパが良いと言えます。

理由としては3点あります。

  • 車両費用だけでなく、維持費も定額、修理費用も上限が決まっている
  • 任意保険が定額(若い年代の人はコスパ抜群)
  • 初期費用不要、長期的な支払い義務も発生しない

サブスク(特にトヨタKinto)は新車かつ、任意保険が定額、解約可能という条件が他のカーリースと比較して断然のコスパを誇ります。

カーリースの場合は結局新車を購入するくらいのインパクトで数年間にわたる出費が確定します。
サブスクの場合は使った分を利用料として支払うだけなので非常に良心的です。

トヨタ車しか選べないというデメリットがありますが、妥協できる方はKinto一択と言っても過言ではありません。リースよりもリスクが低く、サービス内容も同等以上なのですからこの評価は必然ですよね。

\当サイトでイチオシ!王道サブスクリプションKintoはこちら/

↓車のサブスクの価格検証をした記事はコチラへどうぞ

まとめ

車のサブスクとカーリースの違い、その他気になる情報の解説をしました。

車のサブスクとカーリースの明確な違いは「代理購入しているかどうか」にあります。カーリースの場合、代理購入ということで返済義務の生じる借金と一緒です。カーリースは月額定額だから安心という考え方は取らないように気をつけましょう。

また中古車や新車購入との違いは「持ち家」と「賃貸住宅」の違いに似ています。
自由に使える代わりに維持費が高い新車・中古車と制限がある代わりに維持費込みのサブスクと覚えてもらえたら良いと思います。

↓その他、購入・レンタカー・カーシェアとの違いや、6社のサービスを比較した記事はこちら

あなたの考え方やサービス提供の仕組みを踏まえて、あなたに合ったサービスを選んでくださいね。

↓Lineで車のサブスク・カーリースに関するご相談も承ります。お気軽にどうぞ!

友だち追加


以上、「【図解で解説】自動車サブスクリプションとカーリースの違いとは?」でした。

車サブスクの失敗しない選び方
徹底解説記事はコチラ
車サブスクの失敗しない選び方
徹底解説記事はコチラ
タイトルとURLをコピーしました