自動車サブスクリプションと購入の違いは何?使い分けのコツを解説!

車のサブスク基礎知識
  • 車のサブスクって何?車を買うのと何が違うの?
  • 車のサブスクってCMで見るけど、買った方が安いんじゃないの
  • 車のサブスクって普通に買うのとどっちがお得なの?

実は車のサブスクは購入に比べて優位な点がたくさんあります。なぜなら月額料金に諸費用のほとんどが含まれているから。

まっつん
まっつん

私は車のサブスクの専門家としてこのブログを運営しています。
購入とサブスクは相反する特徴を持っており、ユーザーの価値観によっておすすめできるかが大きく変わります。

この記事では車のサブスクと購入の違いについて解説する記事です。
この記事を読むと購入との違いが明確になり、同時にサブスクのメリットが理解できるようになるはずです。

結論は車のサブスクと購入の違いが「賃貸住宅」「持ち家」の特徴と似ているということ。つまりあなたが住みたい家の価値観と同じような感覚がどちらを選ぶべきかを決めるポイントになります。

それでは解説していきます。

車のサブスクリプションの定義

このブログでは短期での乗り換えができ返却を前提とした場合にメリットが大きいサービスを「車のサブスクリプション(短期カーリース含む)、長期契約で車がもらえることにメリットが大きいサービスを「長期カーリース」と定義します。

車のサブスクの基本がよくわからないという方はまずはこちらの記事をご一読ください。

車のサブスクの基本を知りたい人向けの記事

車のサブスクの基本を知りたい人は【完全解説】車のサブスクリプション入門編!基礎知識はこれでOK!という記事がおすすめです。

【結論】車のサブスクと購入の比較結果

早速結論からお伝えします。
車のサブスクと購入の違いは賃貸住宅と持ち家の違いと似ています。

車のサブスクは期間契約で利用料を支払っている間は追加の費用発生などの心配がない代わりに使用上のルールが存在しています。
逆に購入の場合は都度メンテナンスや税金などの費用支払いが発生する代わりに、自由に車を利用することが出来る点が特徴です。

具体的な違いは以下の表をご覧ください。

車のサブスク購   入
車両費用
自動車税×
重量税×
車検代×
契約期間ありなし
走行距離制限ありなし
改造不可可能
喫煙・ペット同乗不可可能
返却ありなし

車のサブスクには車両費だけでなく各種税金や車検費用が月額料金に含まれているのがの特徴です。

購入の場合、毎年5月に数万円の自動車税の請求がきたり2年に1度車検で10万円前後の費用がかかったり、ガソリンスタンドでバッテリー交換やオイル交換した方がいいと言われるなど、維持費がかかります。

まっつん
まっつん

この維持費というのが曲者。

車の使い方や乗る頻度によって適切なメンテナンスのタイミングも変わるので、突然費用が発生するケースが多いんです!

これらの維持費を月額費用に含めることはユーザーの金銭的な負担を安定させる効果があります。
つまり毎月の利用料の中で対応してもらえる範囲が広いから車のサブスクは家計の予測が立てやすいということです。

しかし購入と違い、車のサブスクは期間契約満了後は返却する前提となっています。
賃貸住宅と同じである程度良い状態で返却する必要があるため、走行距離制限や禁煙、ペット同乗不可などの制限事項があります。

もう少し具体的に購入と車のサブスクの違いを比較するために費用発生の項目について見ていきましょう。

購入とサブスクの費用発生の比較

購入とサブスクの具体的な費用発生のイメージをまとめました。
初期費用と利用中発生する費用(維持費)でそれぞれ解説します。

初期費用

まずは初期費用です。車のサブスクは初期費用はほぼ発生しないです。
※車庫証明は自分で取りにいく必要があるケースもあります。

車のサブスク購   入金額規模
車両購入費用月額に含む必要100万円~
オプション費用月額に含む必要0~数十万円
消費税月額に含む必要車両・オプション金額の
10%
自動車税月額に含む必要10,000~110,000円
自動車重量税月額に含む必要0~73,800円/3年
0~49,200円/2年
※エコカー減税の有無により変動
自賠責保険月額に含む必要35,000~36,000円
(※初回車検までの36ヵ月)
自動車リサイクル料月額に含む必要7,000~18,000円/台
登録料月額に含む必要10,000~30,000円
※販売店による
納車費用月額に含む必要5,000~30,000円
※自分で引き取る場合は不要
車庫証明費用※会社による必要3,000~10,000円
※販売店による

購入の場合は当然ですが、初期の段階で大半の費用を支払う形になります。
その分まとまったお金が必要になるのが大きなデメリットです。

車のサブスクはまとまったお金がなくても車に乗る事ができるので、若い方貯金を崩したくないという方にはおすすめのサービスと言えます。

月額費用(維持費)

次に月額費用についてです。
車のサブスクは月額費用にほぼ全てのコストが含まれています

逆に購入の場合は都度支払いが必要になるので、いつ・どのくらいの金額が維持費として発生するのかを記載しておきます。

会社によって維持費の一部が月額に含まれていないこともあるので、契約時にはよく確認するようにしましょう。

車のサブスク購   入頻度金額の目安
自動車税(毎年)月額に含む都度毎年5月10,000~110,000円
オイル交換月額に含む
※会社による
都度3~6ヵ月に1回2,000~8,000円/回
オイルフィルタエレメント交換月額に含む
※会社による
都度6ヵ月~1年に1回500~3,000円/回
タイヤ交換月額に含む
※会社による
都度4年に1回(※目安)20,000~100,000円/4本
ワイパーゴム交換月額に含む
※会社による
都度1年に1回1,000~2000円/回
冷却水交換月額に含む
※会社による
都度2年に1回2,000円前後/回
ブレーキオイル交換月額に含む
※会社による
都度3~4年に1回3,000~4,000円/回
バッテリー交換月額に含む
※会社による
都度2~3年に1回5,000~10,000円/回
エアクリーナー交換月額に含む
※会社による
都度2年ごと1,000円前後/回
エアコンフィルター交換月額に含む
※会社による
都度1年ごと3,000円~5,000円前後/回
車検費用月額に含む都度新車購入3年後
その後は2年毎
50,000~120,000円/回
(車種により異なる)
任意保険(対人・対物)月額に含む
※会社による
都度年1回更新
もしくは月払い
15,000~200,000/年
※車種・等級・年齢等に
より変動
任意保険(車両)月額に含む
※会社による
都度年1回更新
もしくは月払い
25,000~100,000程度/年
※車種・等級・年齢等に
より変動
車に関連する費用ほぼ全てが月額にまとめられるのが「車のサブスク」です。

車を購入すると想像以上に多くの項目で突発的な費用が発生するケースが多いです。
このような突発的な出費で困った経験がある方はより車のサブスクのメリットを感じて頂けるのではないでしょうか。

具体的な金額の違い

では具体的な金額についてみていきます。
KINTOのホームページにある「支払いシュミレーション」が一番わかりやすいのでこちらを引用して解説します。

引用:KINTO支払いシュミレーション

RAIZEという車種を3年契約で支払いをした場合、3年の支払い総額は現金一括払いと比べて¥278,328安いです。

適用年齢を21歳にしているので、年齢を問わず固定料金で保険に加入できるKINTOであるとは言え大きな支払い額の差が出た結果になりました。

しかも3年経ったらまた新しい車に乗り換えることができるので3年に1度新車に乗れるというプライスレスな価値もセットになっている点も大きいと思いませんか?

引用:KINTO支払いシュミレーション

現金一括払いで契約した場合、仮に3年後にその車を下取りに出す前提だったとしても、KINTOの方がお得に乗る事ができます

「車は所有するものだ」という常識を気にしなければ、コスパ的には非常にメリットがあるのが車のサブスクの特徴です。

≫トヨタKINTOの仕組み解説

車のサブスク・購入それぞれのメリット・デメリット

ここまでの内容を踏まえて購入と車のサブスクのそれぞれのメリット・デメリットについてまとめていきます。

購入のメリット・デメリット

購入のメリットはずばり「車を自由に扱えること」です。改造、喫煙、ペット同乗全て自由でしかも返却する必要もないため頑張れば壊れるまで乗る事ができます。

しかし今は車の性能がどんどん上がっていく時代。
壊れるまで乗るということが正解かといえば必ずしもそうとは言えません。

デメリットとしては上にも書きましたが、購入時に数百万円単位の出費があることと維持費がかかること。 また車に詳しくないといつメンテナンスをすべきか判断できずに知らないうちに車にダメージを蓄積させてしまうということも考えられます。

車のサブスクのメリット・デメリット

車のサブスクのメリットは「月額定額ですぐに車に乗れる」点です。
維持費の発生も限りなく0に近いため、家計管理の面では非常に優秀なサービスと言えます。

デメリットは返却が前提のサービスかつ、返却時の価値を担保するために走行距離や改造、ペット同乗、喫煙などのルールが定められている点にあると言えます。

このデメリットを受け入れられるかは価値観によって変わってきます。
車のサブスクのデメリットについては以下の記事にて詳しく解説しています。

≫車のサブスクリプションにデメリットを感じやすい人の特徴5選!向いている人も解説 

【どっちを選ぶべき?】車のサブスクが向いている人/購入向きの人

これらの特徴があるのでどちらを選ぶべきかはユーザーの趣向やお金の支払い方によって決まります

購入すれば、自由に乗れる。
サブスクにすれば返却するので制限がある。

まっつん
まっつん

持ち家に住みたい人は家を買い、賃貸住宅で十分だという人が賃貸住宅を借りるのと考え方としては同じです。

ここからは車のサブスクが向いている人、購入した方が良い人の特徴をまとめていきます。

車のサブスクが向いている人

車のサブスクが向いている人
  • 一括購入するお金がない人
  • 車にくわしくない人
  • 車の用途が限定的な人
  • 非喫煙者/ペットを同乗させない人

車のサブスクの最大の特徴は頭金不要/月額利用料だけで乗れること。
つまり審査さえ通れば、まとまったお金がなくても車に乗る事ができます。

車は娯楽だけに使うものではありません。
例えば地方に転勤が決まって急に車が必要になるなんてことも考えられます。

まっつん
まっつん

そういう時に車のサブスクは非常に役に立ちます。
まさに転勤で賃貸住宅を借りる感覚と同じです。

さらにメンテナンスや車検費用も全て月額に含まれているので車のことが良くわからないという人でも安心して使えます。定期的にメンテナンスの案内があったり、困った時にメンテナンス工場に立ち寄ることで提案も受けることができます。

各種制限事項があるので用途が決まっていて、条件に合う場合はサブスクでも問題はありません。土日のみの利用だったり、近距離の通勤程度であれば走行距離制限があっても問題なく使えます。逆に改造や喫煙、ペット同乗などの利用用途がある場合は購入の方が向くということでしょう。

購入が向いている人

購入が向いている人
  • 車好きな人(セルフメンテナンスができ、自由に改造を楽しみたい)
  • かなりの距離を走る事が想定されている人

購入に向いている人は、持ち家を買いたい人と条件が似ています

自由に使う、改造する、ペットを飼う(乗せる)、喫煙する等、賃貸住宅で禁止されているような内容には車のサブスクでも制限がかかっています。

これらの条件が緩和されている代わりに税金やメンテナンスは自分で対応しなければならないということです。

また長距離通勤やドライブが趣味で車を利用する頻度が高い人も、購入の方がベターです。
走行距離制限を超える利用や車両の消耗が高くなってしまうとサブスクでは返却時の精算金が発生したりしてしまうため、窮屈な使い方しかできなくなります。

自由に使いたい!という人は購入の方がベターということです。
とは言え、まとまったお金がなくて車の買うのが大変という方もいると思います

そういった方には「制限なし・車がもらえるカーリース」という選択肢もあります

≫MOTAカーリースに向く人の特徴を口コミ・評判・サービス内容から徹底解説

サブスクと購入の手続き比較

サブスクと購入では手続き面でも大きく違います。
結論から言うと、サブスクは手続きがシンプル化されており非常に簡単です。

逆に購入の場合は車選びから契約まで非常に時間がかかります。

購入はディーラーに行く必要がある

購入する場合、一般的にはカーディーラーに訪問するところからスタートです。
営業マンと会話をし、欲しい車の説明を受け、試乗をして乗り心地を確かめていきます。

あなたの欲しい車が決まったら、今度はオプションを決める作業です。
オプションもかなりの数が用意されているため、1つ1つの説明を営業マンから受けているうちにどんどん時間は過ぎていきます

オプションが全て決まったら、見積を作成してもらいます。
見積の金額を見て値引き交渉をし、金額を確定させて、契約に進むという形です。

ここまで1日で終われば良いですが、下手をすると複数回ディーラーに行って打ち合わせをしなければならないこともあります

サブスクはWebで完結

サブスクはディーラーに訪問する必要もなく、Webの画面から申し込むことができます。
しかも基本的に必要最低限のモデルから選ぶ形になり、要望がなければオプション選びに頭を悩ませる必要もありません

あとは審査を通過すれば契約するだけと非常にシンプルに利用することができます。

≫車のサブスクの審査について解説した記事はこちら

「車の簡単に乗れるようにする」ことが使命のサブスクだけあって今までの煩わしい手続きや説明、商談を一気に簡素化したのも大きなメリットと言えるでしょう。

もし「契約前に試乗だけしてみたい」という人はディーラーに試乗だけお願いしてみると良いでしょう。

まとめ

サブスクと購入の違いは「賃貸住宅」と「持ち家」の特徴をイメージするとわかりやすいです。

購入する場合は維持費の支払いや修繕などを自分で対応しなければならない代わりに自由に使える
サブスクの場合は月額定額で利用できる代わりに、一定の制限事項がある

ある意味両極端なこのサブスクと購入の違いではありますが、サブスクの大きな利点はまとまったお金なしで車に乗る事ができるようになること。

あくまで「移動手段」として車を利用したい人にとってのコスパは素晴らしいものがあります。

サブスクを活用してあなたに合ったカーライフを実現しましょう!
車のサブスクの失敗しない選び方も別の記事で解説しているのでよかったら参考にしてみてください。

≫【失敗しない選び方3選】あなたにおすすめの車のサブスクリプション(カーリース)はどれ?

以上、「【徹底比較】自動車サブスクリプションの購入との違いとは?」でした。

車のサブスク失敗しない選び方3選
おすすめサービスはコチラから
車のサブスク失敗しない選び方3選
おすすめサービスはコチラから
タイトルとURLをコピーしました