【徹底比較】自動車サブスクリプションと購入の違いは何?使い分けのコツを解説!

車のサブスク基礎知識
  • 車のサブスクって何?車を買うのと何が違うの?
  • 車のサブスクってCMで見るけど、買った方が安いんじゃないの
  • 車のサブスクって普通に買うのとどっちがお得なの?

車のサブスクはまだまだ知名度が低く、一般的に車は購入するというのが常識。ではこの車の購入とサブスクはどのような違いがあるのでしょうか?

まっつん
まっつん

購入するのと比べて車のサブスクやカーリースには優位な点がたくさんあります。月額料金の内訳を知れば、購入との差は一目瞭然です。

この記事では車のサブスクやカーリースと購入の違いについて解説する記事です。
この記事を読むことであなたは購入との違いとサブスクのメリットを知り、車のサブスクを前向きに検討できるようになるはずです。

車のサブスクの基本を知りたい人向けの記事

車のサブスクの基本を知りたい人は【完全解説】車のサブスクリプション入門編!基礎知識はこれでOK!という記事がおすすめです。

↓Lineで車のサブスク・カーリースに関するご相談も承ります。お気軽にどうぞ!

友だち追加

【結論】車のサブスクと購入の違い

早速結論からお伝えします。
車のサブスクと購入の違いは賃貸住宅と持ち家の違いと似ています。
具体的な違いは以下のポイントにあります。

車のサブスク購   入
車両費用
自動車税×
重量税×
車検代×
契約期間ありなし
走行距離制限ありなし
改造不可可能
喫煙・ペット同乗不可可能
返却ありなし

車のサブスクの場合、車両費だけでなく各種税金や車検費用が含まれているのが最大の特徴です。

購入の場合、毎年5月に数万円の自動車税の請求がきたり2年に1度車検で10万円前後の費用がかかったり、ガソリンスタンドでバッテリー交換やオイル交換した方がいいと言われたり維持費がかかります。

まっつん
まっつん

この維持費というのが曲者。

車の使い方や乗る頻度によって適切なメンテナンスのタイミングも変わるので、突然費用が発生するケースが多いんです!

これらの維持費を月額費用に含めることはユーザーの金銭的な負担を安定させる効果があります。
つまり、毎月の出費の中で対応してもらえる範囲が広いから家計の予測が立てやすいということです。

しかし車のサブスクは期間契約で契約満了後は返却する前提となっています。
賃貸住宅と同じである程度良い状態で返却する必要があるため、走行距離制限や禁煙、ペット同乗不可などの制限事項があります。

【どっちを選ぶべき?】車のサブスクが向いている人/購入向きの人

これらの特徴があるのでどちらを選ぶべきかはユーザーの趣向やお金の支払い方によって決まります

購入すれば、自由に乗れる。
サブスクにすれば返却するので制限がある。

まっつん
まっつん

持ち家に住みたい人は家を買い、賃貸住宅で十分だという人が賃貸住宅を借りるのと考え方としては同じです。

ここからは車のサブスクが向いている人、購入した方が良い人の特徴をまとめていきます。

車のサブスクが向いている人
  • 一括購入するお金がない人
  • 車にくわしくない人
  • 車の用途が限定的な人
  • 非喫煙者/ペットを同乗させない人

車のサブスクの最大の特徴は頭金不要/月額利用料だけで乗れること。
つまり審査さえ通れば、まとまったお金がなくても車に乗る事ができます。

車は娯楽だけに使うものではありません。
例えば地方に転勤が決まって急に車が必要になるなんてことも考えられます。

まっつん
まっつん

そういう時に車のサブスクは非常に役に立ちます。
まさに転勤で賃貸住宅を借りる感覚と同じです。

さらにメンテナンスや車検費用も全て月額に含まれているので車のことが良くわからないという人でも安心して使えます。定期的にメンテナンスの案内があったり、困った時にメンテナンス工場に立ち寄ることで提案も受けることができます。

各種制限事項があるので用途が決まっていて、条件に合う場合はサブスクでも問題はありません。土日のみの利用だったり、近距離の通勤程度であれば走行距離制限があっても問題なく使えます。逆に改造や喫煙、ペット同乗などの利用用途がある場合は購入の方が向くということでしょう。

購入に向いている人
  • 車好きな人(セルフメンテナンスができ、自由に改造を楽しみたい)
  • かなりの距離を走る事が想定されている人

購入に向いている人は、持ち家を買いたい人と条件が似ています

自由に使う、改造する、ペットを飼う(乗せる)、喫煙する等、賃貸住宅で禁止されているような内容には車のサブスクでも制限がかかっています。

これらの条件が緩和されている代わりに税金やメンテナンスは自分で対応しなければならないということです。

また長距離通勤やドライブが趣味で車を利用する頻度が高い人も、購入の方がベターです。
走行距離制限を超える利用や車両の消耗が高くなってしまうとサブスクでは返却時の精算金が発生したりしてしまうため、窮屈な使い方しかできなくなります。

自由に使いたい!という人は購入の方がベターということです。
とは言え、まとまったお金がなくて車の買うのが大変という方もいると思います

そういった方には「制限なし・車がもらえるカーリース」という選択肢もありますので、後ほどご紹介します。

≫すぐに知りたい方はコチラ

おすすめサブスクリプションの紹介

車のサブスクの王道 Kinto

引用:Kinto公式HP
契約期間選べる車種中途解約走行距離制限車検費用メンテナンス費用任意保険
3年/5年/7年トヨタ車指定車種のみ1,500㎞/月

車のサブスクの王道はやはりトヨタのKintoでしょう。
駐車場代とガソリン代以外の全て(任意保険も含む)を月額費用内で対応できた唯一のサブスクリプションサービスです。

車種はトヨタ車のみではありますが、あなたの自宅近くのトヨタ販売店でメンテナンスを請け負ってもらえるので車にくわしくない人でも安心して利用できます

詳しい利用料金が知りたい方ははKintoの公式ページで車種・利用用途別に金額のシュミレーションができるので、良かったら試してみてください。

またKintoの詳しい解説もこちらの記事で行っていますので、興味のある方はご一読ください。

準サブスク的な短期カーリース リースナブル

引用:リースナブルHP
契約期間選べる車種中途解約走行距離制限車検費用メンテナンス費用任意保険
3年/5年人気35車種750㎞/月×

続いてはリースナブルです。
リースナブルの特徴はとにかく安さ

市場価値の高い人気車種を中心に車種選定しているので、強気の残価設定から利用料を安くすることができます。残価設定というのは中古車として販売した時の想定販売価格。人気車種は中古車としての需要も高いので戦略的に人気車種を選んでいるというわけです。

ちなみに注意点は月の走行距離制限が750km/月と他社と比べると短いことです。
利用用途がレジャー中心だったり、娯楽目的で使う人にはメリットが大きいカーリースです。任意保険は含まれませんので別途契約が必要な点は注意してください。

どんな車種が選べるのかは公式HPからチェックしてみてください。

リースナブルの詳しい解説はコチラからどうぞ。

自由に使いたい購入派向けカーリース

最後に購入のメリットを維持したままリース契約ができるサービスを2つ紹介します。

購入のメリットである「自由に使える」「走行距離制限がない」という特徴を持ちながら、頭金なし、月額利用料で乗る事ができるサービスはMOTAカーリース定額カルモくん(乗り放題オプション付)の2つです。

MOTAカーリース

引用:MOTAカーリース 公式HP
契約期間選べる車種中途解約走行距離制限車検費用メンテナンス費用任意保険
5年/7年/11年国内全車種+レクサス×なし
※オプション

※オプション
×

MOTAカーリースは期間満了時には車がもらえるという前提に基づき料金プランが設定されたカーリースです。ほぼマイカーローンと同等と考えて問題はないでしょう。

リース金額に残価設定が考慮されていないため、他社と比べると割高に見えてしまうかもしれませんが、最終的に車が所有できるというのが大きな強みです。
※残価設定=返却後に中古車として販売できる価値分、利用料を値引きするという考え方

改造・喫煙・ペット同乗などの要望がある人でまとまったお金が今すぐ用意できないという人は、もらえる前提のカーリースは検討する価値があると思いますよ。

定額カルモくん(乗り放題オプション付)

引用:マイカー定額カルモくん 公式HP
契約期間選べる車種中途解約走行距離制限車検費用メンテナンス費用任意保険
1年~11年国内全車種×1,500㎞/月
※乗り放題OPなら制限なし

※オプション

※オプション
×

続いて、マイカー定額カルモくんです。
マイカー定額カルモくんでは2021年2月17日~全車種を対象に「乗り放題オプション」の提供を開始しました。

乗り放題オプションに加入すると「走行距離制限なし」「契約終了後車がもらえる」というMOTAカーリースと同等のサービスを月額500円で提供するというものです。

定額カルモくんの場合のポイントは「改造が認められていない」という点です。
あくまでオプション扱いなので、ルール上認められていない点は要注意です。

もちろん、ルールが変わってくる可能性もありますが、現時点では改造等は不可となっているようですね。実績面で安心できるという方はこちらを選ぶと良いでしょう。

MOTAカーリースと定額カルモくんどちらが安いの?

結論から言えば大きな差はありませんが、MOTAカーリースの方が条件は良いです。
以下の条件で金額を比較してみました。

  • トヨタライズ
  • カーナビ
  • ETC
  • ドライブレコーダー
  • バックモニター
  • フルメンテナンス付
  • 11年リース

MOTAカーリースの方スタート時点から「車がもらえる」「走行距離制限なし」を売りにしていた分の差なのかもしれません。コンセプトが定まっているので、細かい点で優位性がはっきりと出ているということでしょう。

↓MOTAカーリースの公式ページはコチラ

MOTAカーリース価格例(トヨタライズ)

上記条件でMOTAカーリースを契約した場合は32,010円です。
※参考価格。公式サイトでの見積を推奨。

定額カルモくん価格(トヨタライズ)

定額カルモくんの場合は32,483円です。
乗り放題オプション分高いイメージですね。
※参考価格。公式サイトでの見積を推奨。

まとめ

サブスクと購入の違いは大きく3点あります。

サブスクと購入の違い

①税金・メンテナンス費用・任意保険など、維持費が利用料に含まれている
②走行距離や改造、禁煙、ペット同乗不可などの制限事項がある。
③サブスク(KINTO,リースナブル)は定期的に新車に乗り換えができる。

そして購入に向く人の条件は大前提として一括購入するお金があること。 
裏を返せば一括購入するお金がない人でも乗れるのがサブスクやカーリースです。

サブスクは新車に定期的に乗り換えが出来る代わりに自由度が低くなっています。
逆にカーリースで「契約終了後に車がもらえる前提のサービス」を選ぶことで自由度を高めることができます。

契約終了後に車がもらえるサービス

あなたの価値観や利用方法に合わせて、使いやすい会社を選ぶことが大切です。
もし選び方に自信がないという方はLineでの無料相談も受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。

↓Lineでの車のサブスク・カーリースに関する無料相談はコチラ

友だち追加

以上、「【徹底比較】自動車サブスクリプションの購入との違いとは?」でした。

車サブスクの失敗しない選び方
徹底解説記事はコチラ
車サブスクの失敗しない選び方
徹底解説記事はコチラ
タイトルとURLをコピーしました