あなたにおすすめのサブスクを無料で診断

ホンダ(HONDA)のサブスク「楽まる」を徹底解説!王道KINTOや他社との違いとは?

  • HONDAでも新車サブスクが始まったって本当?
  • どんなサービスなんだろう?
  • 車のサブスクと言えばKINTOが有名だけどKINTOとはどう違うの?
  • カーリースとの違いはどんなところにあるの?

トヨタKINTOに続け!とばかりに発表されたホンダの新車サブスクサービス「楽まる」は他社のサブスクとどう違うの?という疑問をお持ちの方はいませんか?

実は車のサブスクやカーリースのサービス内容の違いを見極めるのは簡単ではありません

なぜなら車サブスクやカーリースのCMで出ている価格が安ければ安いほど落とし穴があるからです。

安さに飛びついて話を聞くとサービス内容が物足りないということもしばしばあります。

まっつん

私は車サブスクの専門家として本ブログを運営しています。
ホンダの新しいサブスク「楽まる」の内容を解明すべく、販売店に取材に行ってきました!

この記事では具体的にトヨタKINTOや代表的なカーリースとHONDA「楽まる」を比較して、メリットデメリットをわかりやすく解説します。

この記事を読めば楽まるが向いているユーザー層が明確になり、契約すべき人の特徴が理解できるようになります。

ホンダファン待望の「サブスク化」の実態はどうなのか?
ホンダ派の方もそうでない方もご一読頂けると幸いです。

もくじ

【結論】 ホンダ「楽まる」は車のサブスク未満カーリース以上

結論から言うとトヨタKINTOに比べると若干サービス上に見劣りする部分があります
以下の比較表をご覧ください。

スクロールできます
項目/サービス名楽まるKINTOSOMPOで乗ーる定額カルモくん
契約期間3年/5年/7年3年/5年/7年3年/5年/7年1~11年
中途解約可否実質NGOKNGNG
メンテナンスオプション
自動車保険×
車がもらえる
※7年契約のみ
××
※オプション

車のサブスクの特徴である「中途解約」「乗り換え」「メンテナンス」「保険」の面で違いが出ていますね。
それぞれ解説します。

≫トヨタKINTOの解説記事はこちら

中途解約・乗り換えは実質不可

乗り換え可能という表記がありますが、ここは大きな落とし穴になり得る部分です。
それは「中途解約金の精算は別途必要」という表記にあります。

中途解約金とは

中途解約金は解約時点での残期間分の利用料全額を指すそうです。
つまり、解約してもしなくても支払う料金は変わらずクルマだけ返却する形になってしまいます。

例)5年契約の3年満了時に解約

[(5×12ヶ月)-(3×12ヶ月)] ×(月単位利用料)= 24ヶ月 × 利用料 = 中途解約

利用料が月30,000円の車を契約していた場合

24ヵ月×30,000=720,000円=中途解約金 となります。

乗り換えをするのに700,000円払えって言われても正直困りますよね

ルールはあるけれど実際に利用するのは現実的ではないため「実質解約不可」であると思っておいた方がよいでしょう。

ユーザー目線で見た時には、気軽に乗り換えが出来るかどうかが問題。
これでは気軽に乗り換えることはできませんよね。

半年に1回低価格で乗り換えのタイミングがあるKINTOと比べるとだいぶ差があるというのが現実的な評価と言えます。

ホンダ販売店での正規メンテナンスは大きなメリット

トヨタKINTOと同様にホンダの正規販売店でメンテナンスが受けられることが大きなメリットです。

私もホンダ車に乗っていた経験があります。
個人的な所感にはなりますが、整備士の方々が「長く乗ってもらいたい」という前提で話をしてくれるので安心感が大きかったです。

ホンダの車はホンダの技術者が一番わかっているはずなので、月額料金の範囲内でメンテナンスを全て正規販売店に任せることが出来る点は非常に大きなメリットと言えます。

自動車保険を利用料に含めることができ、長期契約が可能

一般的なカーリースと違う点は自動車保険を利用料に含めることができるということです。

新車が対象となっているサービスの中で自動車保険を組み込めるのはKINTO、SOMPOで乗ーる、楽まるの3社だけです。

これらの3社は大きく2つの特徴に分けることができます。

項目/保険タイプ(サービス名) 完全定額型自動車保険
(KINTO)
長期契約型自動車保険
(楽まる/SOMPOで乗ーる)
年齢・運転歴による保険料の変化 年齢問わず定額 年齢・運転歴により保険料変動
等級による保険料の変化 等級という概念がない 等級(運転歴・事故歴)により
保険料変動
事故経験による保険料の変化 事故を起こしても保険料は一定 事故で保険を適用すると次回更新時の等級が下がり保険料が高くなる
契約期間中の保険料更新なしなし
保険タイプと特徴

楽まる、SOMPOで乗ーるは長期契約型の保険となっておりサブスクの利用期間分まとめて契約します。

たとえば5年契約だったら5年後の等級を前提に保険契約ができるので毎年更新の保険料よりも安い金額で加入することができます。(契約期間の間は無事故である前提)

契約更新をする場合は5年間の実績に基づいて次回更新時の等級が決まります

逆にKINTOは年齢・等級が全く変動しません。
その結果、一番メリットがあると言われているのは保険料の高い20代の若い世代のあなた

通常契約した場合の保険料とほぼ同額で車を契約することができてしまうくらいインパクトがあります
くわしくは以下の記事にて解説していますので、気になった20代のあなたは一度以下の記事をご一読ください。

≫20代のあなたのサブスクはKINTO一択と言い切れる理由

楽まるやSOMPOで乗ーるは今持っている保険の等級が引き継がれるので、ある程度等級の高い30代以上のドライバーの方がコスパは高くなります。

ホンダ「楽まる」の特徴

ここまで他社サービスと比較してみてきましたが「楽まる」自身のポテンシャルを解説していきます。

支払いが一本にまとめられる

1つ目の特徴は支払いが一本にまとめられる点です。
楽まるの月額費用の内訳は以下のようになります。

  • 車両購入費
  • オプション費用
  • 各種税金
  • 車検
  • メンテナンス
  • 任意保険

これらの費用が毎月の利用料となります。
この月額費用さえ支払っていればガソリン代・駐車場代以外の費用は一切発生しません

また車を買うときの「頭金」も不要なのでまとまったお金がなくても車に乗れる点がサブスクやカーリースの大きなメリットです。

7年契約満了後に車がもらえる

楽まるは3年/5年/7年と契約期間を選ぶことができます。
中でも特徴的なのは7年契約が終了したタイミングで車がもらえるという考え方です。

他社でも契約終了後に車の所有権をあなたに移してもらえるというサービスもありますが、自動車メーカーがこのサービスを取り入れたのは初めてです。

ホンダはメンテナンスに強みがあるので、7年支払い続けていればその後良い状態での車に長く乗る事ができます。

車がもらえる他の2社(※MOTAカーリース/定額カルモくん)よりもメンテナンスがメーカー直営店で受けられるという点で安心感の高いサービスとなっています。

注意点としては7年契約の場合、残価設定が組み込まれないため月額の利用料が残価設定ありのカーリースと比較すると割高になってしまうことです。

長く乗れば乗るほどコスパが良くなっていくので7年契約をする場合は、契約満了後極力長く乗るという覚悟を持っておくと良いでしょう。

3年/5年契約は通常の残価設定+メンテナンスと同等

逆に3年/5年契約の場合は実質「残価設定型ローン」にメンテナンスオプションと任意保険を契約しているのとまったく同じ状態になります。※所有権はホンダファイナンスが保有

解約金も高額で乗り換えも難しいことを考えると、3年/5年の契約は正直あまりおすすめはできません

また保険料もホンダの代理店経由で支払うことで最安になるという保証がないので、自分で個別に保険の契約をした方がお得になる可能性もあります

自分が買おうとしている保険料がいくらくらいになるのか、相場感を事前に頭に入れておくと交渉もしやすいでしょう。
無料で使える自動車保険一括見積もりサービスを使って事前に見積を取っておくのもおすすめです。

残価設定ローン同様、手数料3.5%(=金利)がかかる

ホンダの楽まるは実質的には残価設定ローンと同じと考えてよいです。そのため車の価格から残価を差し引いた実質的な借入額に対して手数料(3.5%)がかかります。

これは楽まるが個別に見積をした金額に対して、手数料を取るという考え方になっているためです。

同じメーカー系のサブスクKINTOでも「手数料」に相当する利益は確保しているはずです。
しかし利用料を車種ごとに定額に設定し、ユーザーに選択させないという商品設計をしているため、手数料がいくらかかっているのか見えにくくするという工夫をしています。

商品を比較した時に「手数料3.5%/年がかかります」という商品と「月額〇〇円でコミコミです」という商品では個人的に後者の方がお得感を感じます。

ユーザーの感情に寄り添った商品設計が出来ているのがKINTO。
あくまで新車販売の延長で、支払いの方法をサブスク形式にしているのが楽まる。

このような点が違いとして表れています。

【返却時のあんしん保証】残価保証と免責30万円が付帯している

楽まるには「返却時」の精算リスクを減らすというコンセプトで「残価保証」と「免責30万円」がついてきます。

この2つで返却時の精算金の発生確率を大きく下げている点が特徴です。

一般的なカーリースにおいて、リース金額に対して残価を設定するものの市場情勢の変動によって想定していた価格で下取りがされず、利用者が精算金を求められるケースがあります。

つまり返却するのにお金がかかってしまうというリスクが存在しているということ。

しかし楽まるの場合、当初設定していた残価通りに売却ができなかったとしてもその設定していた残価を保証してくれる上、30万円までの修理費用も負担してくれます。

多少の傷や凹みなどがあっても吸収してくれるので、返却時の不安はかなり減らせていますね。

ホンダ「楽まる」はホンダ愛好家におすすめ

ここまでの考察を踏まえて、ホンダ「楽まる」がおすすめなユーザー層はホンダ愛好家のあなたです。

ホンダのサブスクリプションではあるものの、他社と比べて圧倒的な優位性があるわけではありません。
だからこそ「楽まる」のターゲットはホンダの車にサブスクに乗りたいあなたなのです。

ホンダ車を他社のカーリース等で選ぶとメーカー直営店ではなく、提携する整備工場でのメンテナンスとなります。
そのため純正のメンテナンスと比べると内容や安心感にはどうしても差が出てしまいます

7年で契約して、契約期間が終わったら車をもらう。
その後のメンテナンスは引き続き近くの販売店にお願いし、出来るだけ長く同じ車に乗り続ける。

これがホンダ「楽まる」の一番メリットのある乗り方です。

乗り換えは前述した中途解約金の関係で、実質契約満了まで出来ないので、そういった要望がある方はKINTOや短期でメリットのあるカーリースを選ぶことで定期的な乗り換えを実現できます。

≫車のサブスク KINTOの解説ページはこちら
≫子育て世代におすすめの「ライフスタイルに合わせた乗り換えが実現できる」サービスはこちら

楽まるよりもKINTOがおすすめなのはこんな人

ホンダ以外の車でも問題ないというタイプの方は他社のサブスクリプションも視野に入れましょう
王道である車のサブスクKINTOは以下の2つの条件を満たすととてもお得に乗る事ができます

20代の若いドライバーは任意保険が格安!

上述したようにトヨタKINTOは任意保険が年齢・等級に関わらず全て定額となっています。
この特徴の恩恵を一番受けるのは20代の若いドライバーです。

事故率の高い初心者~若い人は車の運転をするのにリスクが高いため高い保険料金が必要というのが一般論です。
ですがKINTOは保険料が定額なのでその割高な時期に安く保険に加入できるということ。

KINTOに付帯している保険は対人・対物・車両と事故リスクをフルカバーしてくれており、充実の保険を年齢問わず利用することが出来るで非常にお得です。

≫【くわしく解説20代の車のサブスクはKINTO一択と言い切れる理由

【免許返納時解約金免除】高齢ドライバーが安心して乗れるKINTO

またKintoがお得に乗れるもう1つの条件は高齢ドライバーの方です。

なぜなら免許返納やその他運転不能時には解約金不要で車を返却することができるから。

KINTOの解約金免除の条件は3年契約のみの適用になっています。

この切り替えの周期が早い点は「3年毎に最新の安全装置のついた車に乗り換えることができる」というメリットをもたらしてくれるため高齢者にとって安心感の高いサービスと言えます。

はっきり言って2倍お得なサービスです。

これらの条件に該当する方は一度Kintoのサービス内容をチェックしてみてください。
≫トヨタKintoの解説記事はこちら

楽まるよりもSOMPOで乗ーるがおすすめなのはこんな人

任意保険付のカーリースであるSOMPOで乗ーるは楽まるとほぼ同条件のサービスになります。

  • 車両費・オプション
  • 各種税金
  • 車検代
  • メンテナンス(オプション)
  • 任意保険

これらを月額費用に含めることができます。

SOMPOで乗ーるはホンダ・トヨタ以外の車に乗りたい!という方にはおすすめです。
なぜなら国内のサービスで唯一「輸入車も含めた全車種」の取り扱いがあるサービスだから。

損保ジャパングループとDeNAグループが共同出資した会社なので任意保険に関しても得意領域のサービスです。
任意保険を月額に組み入れることができ、長期契約の保険に加入することができます。

トヨタホンダ以外の車を頭金なし、月額定額で乗りたい人はSOMPOで乗ーるの内容をチェックしてみてください。

≫SOMPOで乗ーるの解説記事はこちらから

あなたに合ったサブスクを見極める方法

楽まる以外に「KINTO」「SOMPOで乗-る」という2つのサービスを紹介してきました。

実はこれらのサービス以外にも様々なサービスがあり、選び方も「あなたの年齢」や「あなたの用途」によって違います。

なぜなら年齢や走行距離によってコスパ良く使えるサービスが変わってくるからです。

当ブログではこれらの「選び方」にフォーカスしてどうやったらあなたに最適な選び方ができるかを研究し、「車のサブスク診断」を開発しました。

Q&Aに回答するだけであなたにおすすめのサブスクとその理由についてわかるように解説していますので、興味がある方はトライしてみてください!

Q1
車のサブスクを選ぶ上で知りたいのは?

ホンダ「楽まる」の申込方法

最後に楽まるの申込方法について触れておきます。
現時点で楽まるは店舗での申し込みに限定したサービスになっています。

楽まる申込までの流れ

販売店訪問

試乗

オプション選定

見積・価格交渉

契約方式の決定(購入・残価設定ローン・楽まる)

ホンダファイナンスにて審査

契約

納車

基本的には一般的な車の購入の流れで商談をすすめ、最後の支払いの方法を決める際に選択肢として使えるイメージです。

「Webで申込は出来ないの?」と思った方もいると思います。
楽まるとは別のスキームにはなりますが、「HONDA ON」というサブスクサービスも2021年10月から開始されています。

HONDA ON」 はWebで申しこむことができますが現時点での取り扱い車種が4車種しかないため、車種の拡充が待たれます。

またエリアも東京地区に限定されてしまっているので、東京地区以外の方は現時点では利用が出来ない点も要注意です。

まとめ

トヨタKintoに続けとばかりにリリースした楽まるですが、現状はホンダファイナンスが始めたカーリース+保険のサービスであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

ホンダ車に乗りたい人はともかく、車のサブスクのポテンシャルを最大限に引き出したKINTOと比べると正直見劣りするというのが現実的な評価となります。

車を月額定額で利用でき、中途解約もしやすく乗り換えもできるという意味では圧倒的にKINTOがおすすめです。

以上、「ホンダのサブスク「楽まる」を徹底解説!王道KINTOや他社との違いとは?」でした。

その他、当ブログでは車のサブスクに関する様々な情報をまとめていますので、以下の記事から車のサブスクについて情報収集をし、皆様の検討のお役に立てたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になったらシェア!
もくじ
閉じる