【セカンドカー利用なら】軽・コンパクトカーが安いリースナブル!!

  • セカンドカーで使いやすい「軽自動車」「コンパクトカー」に安く乗れるから
  • 5年(3年)に1度新車に乗り替えられるので、定期的に新車に乗り替えることができるから
  • 利用頻度が少なければ車への負担も少ないため、メンテナンスオプションに加入する必要がないから
まっつん

リースナブルは走行距離制限が比較的厳しく750㎞/月(9,000㎞/年)に設定されていますが、セカンドカー利用なら十分な設定です。
その分利用料が安くなるというメリットもあるのでおトクに乗れます!

\ リースナブルの公式ページを見てみる/

おすすめ車種と料金

セカンドカーの利用におすすめの車種を6車種ピックアップしてみました。
月額料金はボーナス払いなしの定額としていますがボーナス払いを利用した場合月額1万円以下で乗れるケースもあります。

車種契約期間月額料金
(税込)
車検税金メンテナンス任意保険公式ページURL

ダイハツ
ミライース
5年18,700円/月利用料に
含む
利用料に
含む
+2,200円/月
で加入可
別途契約
必要
詳細を見る
ダイハツ
タントX
5年24,200円/月利用料に
含む
利用料に
含む
+2,200円/月
で加入可
別途契約
必要
詳細を見る
ホンダ
N-BOX L
5年24,750円/月利用料に
含む
利用料に
含む
+2,200円/月
で加入可
別途契約
必要
詳細を見る

ダイハツ
ウエイク
5年 25,300円/月 利用料に
含む
利用料に
含む
+2,200円/月
で加入可
別途契約
必要
詳細を見る


日産
ルークス
5年 27,500円/月 利用料に
含む
利用料に
含む
+2,200円/月
で加入可
別途契約
必要
詳細を見る
トヨタ
ルーミー
5年 31,900円/月 利用料に
含む
利用料に
含む
+2,200円/月
で加入可
別途契約
必要
詳細を見る

上記車種以外に乗りたいあなたは・・・?

リースナブルは「安さ」を追求するために人気車を中心とした取り扱いになっています。
そのためあなたが希望している車種が取り扱い対象外となっているケースあるので注意が必要です。

もし希望する車種の取り扱いがない場合はMOTAカーリースがおすすめです。
MOTAカーリースは国産車全車種対応なので、好きな車を選んで契約することができます。

MOTAカーリース注意点
  • 長期契約型のカーリースとなっているので、短期契約だと割高になってしまうことがある
  • 最大11年契約も可能だが、11年間同じ車に乗り続ける点は頭にいれておきたい
  • 長期契約の場合、メンテナンスオプションは加入しておくべき
MOTAカーリースメリット
  • 契約満了後に車がもらえる(オプション加入必要)
  • 走行距離制限がなく、距離を気にせずドライブを楽しむことができる
まっつん

長期契約すればするほどおトクなので、地方在住などで車が手放せない人にはおすすめの購入方法ですね!

\ MOTAカーリースの公式ページを見てみる/

MOTAカーリースの価格感

MOTAカーリースを11年契約した時の月額の利用料をみていきます。
長期契約でも問題のないあなたは毎月の負担額をかなり安く抑えることができるはずです。

車種契約期間月額料金
(税込)
車検税金メンテナンス任意保険公式ページURL

スズキ
アルト
11年18,700円/月
※10年目以降15,400円/月
利用料に
含む
利用料に
含む
オプション
加入済
別途契約
必要
詳細を見る
スズキ
ハスラー
11年21,670円/月
※10年目以降
18,370円/月
利用料に
含む
利用料に
含む
オプション
加入済
別途契約
必要
詳細を見る
まっつん

MOTAカーリースはライフスタイルに変動がないあなたにおすすめ。
「セカンドカーがずっと必要」な地方在住の方などは、長期利用を前提に毎月の負担を最小限に抑えたMOTAカーリースを検討してみることをおすすめします。

よくある質問

車を購入するのとどう違うの?

車を購入した場合、あなたが所有者となり毎年の税金支払いやメンテナンスなどを全て自己責任で対応する必要があります。

対して車のサブスクやカーリースは所有者が「サービス運営者」になるのであなたは利用料を支払っているだけで車の管理をおまかせすることができます。

代わりに改造が出来なかったり、喫煙やペット同乗禁止などの制限があるのは頭に入れておきましょう。
初期費用も不要で車に乗れるので、まとまったお金がなくても利用できる点は大きなメリットです。

購入との違いは以下の記事で解説しています。
≫自動車サブスクリプションと購入の違いは何?使い分けのコツを解説!

中途解約はできる?

基本的に中途解約はできません。

なぜなら途中で解約されてしまうとあなたに貸し出すために購入した車の費用が回収できなくなってしまうから。

やむを得ない解約が発生したとしても、違約金として残期間分の利用料全額の支払いを求められてしまうので、車を買った時と同様に1度契約したら契約満了まで利用するという前提は忘れないようにしましょう。

申込の前の審査ってどんな内容?通過できるか不安・・・

契約の前に行われる審査は「クレジットカードなどの審査」と同じような内容が確認されます。

具体的には「年収」「職業」「勤続年数」「借入状況」などです。

正社員として働いている方で極端な借入などがない場合には大きく問題になることはないでしょう。
(逆に審査を通過できない場合には契約すべきではないと判断するのが正しいと言えます。)

くわしい内容は以下の記事で解説しています。

≫車のサブスクリプションで審査に落ちやすい人の特徴とは?審査が必要な理由や内容を解説

セカンドカー利用に向くサービス2社まとめ

セカンドカーを利用されるあなたは「リースナブル」「MOTAカーリース」で乗りたい車を探してみてください。

MOTAカーリースは国産車全車種対応なのでどんなメーカーからもチョイスできますよ!

セカンドカーは車のサブスクがベスト。
なぜなら頭金なし、格安で車を手に入れることができるから。

おすすめ2社の公式ホームページから、好きな車を選んで、日々の移動をもっと快適にしてみませんか?

\ リースナブルの公式ページを見てみる/

\ MOTAカーリースの公式ページを見てみる/

その他のおすすめ記事はこちら↓

当ブログで車のサブスクの知識を身につけ、おトクなカーライフを実現しましょう!