【コスパ抜群!】20代の車のサブスクは「KINTO一択」と言い切れる理由を解説

  • トヨタの新車に乗れて、乗り換えもできる
  • トヨタ純正メンテナンス車のことが分からないあなたも安心
  • 20代でも任意保険が定額コミコミで格安
  • 月額費用に税金・車検代も含まれているので維持費の心配もなし
  • 初期費用¥0貯金がなくてもすぐ乗れる
\当サイトでイチオシ!王道サブスクリプションKintoはこちら/

車離れじゃない。
クルマに乗るハードルが高すぎるだけ。

「若者のクルマ離れ」という大ウソ

「若者のクルマ離れ」は大ウソ。
あなたは本当にクルマは必要ないと思っていますか

社会人としてお金を稼げるようになったんだからもっと遊びたい!
1人で好きな車で好きな所へ出かけたいし、友達と一緒にどこかへ遊びに行きたい!

このような気持ちはいたって自然な感情。
みんな心の中で思っていることです。

でも車を買うにはお金がかかる

「働き始めたばかりなのに100万以上の大金なんて払えない」
「車のことはよくわからない」
「維持費は一体いくらかかるんだろう」

だから買いたくてもハードルが高い
不安が大きくて買えない

これが車が欲しい20代の心の声なのではないでしょうか。

車を買わなくても乗る方法はあります。

それは親の車を借りるという方法。
実際に20代の方で「親の車を借りている」人も多いのではないでしょうか。

しかしこれにも問題点があります。

「いつでも使えるわけじゃない」
「傷を付けて怒られるのが嫌だ」

結局自分の名義で車を持たないと「自由なカーライフ」を手に入れることは難しいのです。

じゃあ安い中古車で我慢するしかないのかな…と考えたあなた!
ちょっと待ってください

中古車は新車と違って「どこにダメージが残っているかわからない」ことを忘れてはなりません。
寿命も短く、いきなり故障することもあります

故障した場合、数万~数十万円の費用が発生することもよく聞く話です。

さらにハードルを上げている事実があります。
それは20代のあなたの任意保険の金額です。

21歳の初心者ドライバーが車両保険付きのヤリスクロスに乗る前提で保険の見積を取ってみました。

21歳の初心者の任意保険は車両保険まで付けると毎月39,000円「保険だけ」でかかります…(車種:ヤリスクロス)

そう、信じられないくらい高いんです。

なぜなら若い年齢のあなたは「経験が浅く事故を起こしやすい人」と評価されてしまうから。

この金額を運転歴20年超、無事故ゴールド免許の人と比べてみましょう。

お金がある世代の保険料があなたの1/4で済むなんて不公平にもほどがあると思いませんか?(車種:ヤリスクロス)

正直驚きですよね。
あなたの年齢では新車でも中古車でも運転歴20年の人の4.5倍保険料が高いんですから。

「未来のある若者にこんなに高い費用を請求するなんて・・・」

と頭を抱えたくなる気持ちはわかります。
でも残念ながら今の日本の自動車保険の現実はこの通りなのです。

社会人になると時間があっという間に過ぎていく
こういった話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

私も経験していますが、20代は本当に一瞬で終わってしまいます

結婚して子どもが産まれると更に時間の経過は早くなる。
幸せだけれど、自由に遊ぶ機会はどんどん減っていきます

そう、車を使って自由に遊びまわれるのは今しかないんです。

社会人になってお金にゆとりが出来た今のうちに、好きな時に好きな場所に行きたい。
これらの気持ちを満たす方法はないのでしょうか・・・

20代のあなたの希望「KINTO」

そんな20代のあなたに朗報です。
若いあなたにベストマッチな車のサブスクリプションサービスが登場しました。

それが車のサブスクリプション「KINTO」です。
なぜなら20代のあなたが車に乗りやすいように設計された新しいサービスだから。

冒頭にも書きましたが、20代の車のサブスクは「KINTO一択」と言っても過言ではありません
その理由は以下の5つです。

20代のあなたに「サブスクはKINTO一択」と言い切れる5つの理由

  • トヨタの新車に乗れて、乗り換えもできる
  • トヨタ純正メンテナンス車のことがわからないあなたも安心
  • 20代でも任意保険が定額コミコミ格安
  • 月額費用に税金・車検代も含まれているので維持費の心配もなし
  • 初期費用¥0貯金がなくてもすぐ乗れる
\当サイトでイチオシ!王道サブスクリプションKintoはこちら/

20代のあなたでも頭金なし・月額定額・保険料も格安で新車に乗れる画期的なサービスなのです。
どのくらい格安なのか、先ほどお見せした「21歳初心者ドライバーが保険に入った時の価格」と比べてみましょう。

21歳の初心者ドライバーは任意保険だけで39,000円/月の支払いが必要です。

しかしKINTOの場合はどうなるのでしょうか。
保険だけで40,000円もかかるのですから、少なく見積もっても倍の80,000円くらいかかりそうなものですよね。

それでは早速みていきます。
ヤリスクロス(G-GASグレード)を3年契約で利用した場合の月額料金がこちら。

実質5,550円/月でクルマ代・メンテナンス代・税金分がまかなえてしまうって本当?

え!?44,550円/月!?保険料だけで39,000円もかかったのに

つまり実質5,550円/月でヤリスクロスに乗れるということ。
しかも任意保険もメンテナンスも税金もすべてコミコミ。

こんなお得な仕組みがあって良いのでしょうか!?

「いやいやこの金額こそ大ウソなんじゃないの!?」

と思った人もいるのではないでしょうか。
ですがこれが真実。

本当にお得に乗れるから20代のあなたにおすすめしているのです。

とは言え、もしかしたらあなたの頭にはこのような疑問が湧いているのではないでしょうか?

  • なんで頭金不要・月額定額コミコミにできるの?
  • なんで保険料が安いの?
  • なんで新車に乗れるの?

これらの疑問が湧いてくるのは当然のこと。
しかしこれもビジネスモデルを組み立てるタイミングで既に解決されているのでご安心ください。

次のパートでくわしく解説していきます。

KINTOの仕組みを理解する

KINTOは20代のあなたに乗りやすいサービスを作るために徹底した企業努力がなされています
具体的な企業努力の内容を見ていきましょう。

頭金不要・月額定額コミコミにできる理由

20代のあなたにとって「まとまったお金の支払い」という条件が確実にハードルを上げている原因。
まずはこの「まとまったお金の支払いが不要な理由」から解説します。

頭金が不要な理由→自動車ローンではないから

頭金が不要な理由はKINTOが自動車ローンではなく、極めてカーリースに近いサービスだからです。

頭金というのは本来、自動車ローンを組む時に金利を少しでも安くするために支払うものでお金を借りない場合は特に必要ありません。

KINTOの契約は「株式会社KINTOの所有する車を利用する」という形式で契約します。
既にKINTOが所有しているので、頭金を支払う必要もなく金利も発生しません
(金利に相当するKINTOの利益は当然利用料の中で計算されています。)

また「サブスプリクション」を実現するために頭金以外で発生する自動車税や登録費用などの初期費用をKINTOが立て替えてくれているのも心強い点ですよね。

月額定額コミコミに出来ている理由→サービスネットワークが完成しているから

月額定額コミコミに出来ている理由はトヨタグループのネットワークの力が大きいです。

KINTOの月額利用料には以下の費用が含まれています。

  • 自動車・オプション購入費用
  • 自動車税をはじめとする各種税金
  • 自賠責保険
  • 車検費用
  • 各種メンテナンス費用
  • 任意保険(対人・対物・車両

これらのサービスが月額利用料をの中で受けられます。
非常にお得のあるサービスだと思いませんか?

このサービスがなぜ安く提供できるのか。
それはトヨタグループの中で「車の手配」「車検」「メンテナンス」を自社対応することができるから。

しかも自社グループ内で対応できるため、中間の手数料が低くても問題はありません
(他社カーリースの場合、メンテナンスなどを第3者に委託しているので中間コストは発生します。)

税金に関しては所有権を持つKINTOに納付義務があるため、利用者が国から請求されることはありません。(実質的には月額利用料の中で利用者が負担するとは言え、納税の手間はカットできます。)

KINTOを契約する=トヨタグループに仕事がまとめて降ってくるというメリットもあります。
KINTOを1件契約することで他社にメンテナンスや部品の売上が流れていかないため「囲い込み効果」も同時に実現できるというのがKINTO側にある利点です。

強気の価格設定で契約数を増やす方がKINTO側にもメリットがあるとわかれば、あなたもこの価格設定に納得できるのではないでしょうか。

月額定額を語る上で最大の目玉となる「任意保険のカラクリ」については次の章で解説します。

保険料が安い理由

任意保険が20代のあなたでも安く加入できる理由。
それはKINTO全体で「団体保険」契約をしているからです。

1台あたりの保険料負担が決められているので「等級」や「年齢」による保険料の上昇が発生しません

補償が薄いのではないか?と思われる方もいるかもしれませんが全く問題ありません

特殊な保険ではなく、TAPという東京海上日動火災保険の自動車保険が適用されます

引用:KINTO公式HP

補償内容は以下の通り、対人・対物・人身傷害・車両保険までオールインワンになっています。

引用:KINTO公式HP

仮に事故を起こしてしまった場合でも、相手方への保証は「ヒト」と「クルマ」に対して無制限で対応してもらえるので安心です。

また自分自身への人身傷害補償も5,000万円までついています。
車両保険に関しては少し特殊で1事故あたり最大5万円の規定損害金を支払うルールです。

このルールは車両保険の場合のみ、事故当事者に一部の費用を負担してもらうことで全体の保険料を安く出来るように考えられた工夫です。

日々事故を起こさないように安全運転を心掛けて乗っていれば交通事故に遭う確率は統計データからもわかる通り0.5%程度です。

交通事故の発生確率

万が一事故を起こしてしまった場合であっても最大5万円の負担で済むので、逆に安心できる条件とも言えますね。

なぜ新車に乗れるのか

最後に「なぜ新車に乗れるのか?」という疑問に答えていきます。
KINTOが新車提供をする理由は契約満了後に中古車として再販することを想定しているからです。

中古車は当然ですがより新しい車の方が価値が高いです。
また走行距離が短ければ短いほど、車体の状態がキレイであればあるほど高く売れます

この考え方を「残価設定」といい、利用料の計算にも使われる大事な考え方です。
車のサブスクの利用料が思ったより高くならない理由でもあります。

残価設定とは?

借入やリース契約をする際に新車の価格全体を分割するのではなく、新車価格から中古車再販時の価格を差し引いた「差額」を利用料や返済額として支払うという考え方。

具体例で説明した方がわかりやすいと思うのでKINTOでヴォクシー(定価:2,940,000円)を3年契約で借りた場合の毎月の利用料を現金一括払いと比べると以下の通りです。

この差額分が「残価」が考慮されているかいないかの違いです。
この価格差がある代わりに契約満了後に車を返却という前提条件が付けられています。

頭金なし、メンテナンス料、任意保険料込みでコスパ良く車に乗れるようにするため、KINTOのビジネスモデルには様々な工夫が成されています。

任意保険のメリットだけでも相当なインパクトがありますし、20代のあなたが乗りやすい特徴を備えていることが「KINTO一択」であるという主張の根拠です。

とは言え「KINTOは新しすぎるサービスで不安」という人や「他社と比べてどうなのか?」「デメリットはないのか?」という疑問がある人もいると思います。

これらの疑問についても記事の後半で解説していきますので引き続きお読み頂けると幸いです。

KINTOは世の中に受け入れられ始めている

KINTOは2019年1月に設立し、2019年3月度からサービスを開始した新しい会社です。
2021年に入り、認知度が向上したことやコロナ禍でマイカー需要が増加したこともあり売上高を急激に伸ばしている状況です。

2021年度は売上が10倍に!!

売上高はKINTOのサービスが本格的に始まったことで、前期の3億3,900万円と比べて10倍近い約32億9,600万円まで膨らんだ。営業収益は66億円6,600万円の赤字、当期純利益は57億2,600万円の赤字となっている。

https://jidounten-lab.com/u_kinto-2021-03#KINTO

大幅な赤字を出しているのは、あくまで認知度向上のための先行投資として広告を打ったりサービス開発に力を注いでいることが原因と考えられますので特に心配する必要はありません。
(バックにトヨタという超巨大企業が控えています。)

引用:KINTOの申込推移(マイナビ記事)より

売上高が増加している理由は当然ながら「申込数の増加」に起因しており、トヨタグループの本気の広告戦略の効果が顕著に現れていると言えます。

知名度も他社を圧倒

実際にサブスクリプションサービスの認知度調査において、認知度No.1となりました。
つまり「車のサブスク」といえばKINTOと言っても過言ではない状況です。

今後より認知度や利用者数の増加が見込めるこのサービスを利用するあなたは時代を先取りしたパイオニアとして周囲の人々から一目置かれる可能性だってありますね!

利用者の声

KINTOの利用者の声をTwitterでピックアップしてみました。

基本的にKINTOはあなたの価値観に合うかどうかで選ぶべきだと考えています。
たとえば「禁煙」や「ペット禁止」などの条件に関しては許容できる人とそうでない人もいるはずです。

走行距離制限は一般的な残価設定ローンを組んだとしても同様に設定されてしまいますし、維持費コミコミで考えてあなたが「得」できるかどうかを考えることが大切。

車を購入するのと比べると割高に感じるというのは否めないでしょう。
なぜなら最終的に返却をするので車を持つことは許されず、毎月「利用料」の支払いが発生するから

この出て行ったお金をどう捉えるかでKINTOに対する評価が変わってくるはずです。
利用料を支払っているおかげで税金や維持費の支払いの手間がなくなるということにどれくらいの価値を感じるかは個人差もあるでしょう。

20代のあなたは車の維持費や税金の支払いにピンとこないという方も多いかもしれません。

自動車税であれば毎年5月に数万円の支払いが発生し、手入れをしないと突然車が故障してしまい、突然数万円~数十万円の費用が発生する可能性もあります。

今から車の知識を勉強して自分でメンテナンスするというのも1つの考え方ですが、その勉強の時間やメンテナンスにかける時間を追加でお金を払わなくてもプロに任せることが出来るという点が大きな価値であると思いませんか?

他社カーリースとの比較

ここでKINTOが他社と比べて何が良いのかという点を明確にするため、各項目で比較をしていきます。
「サービス内容」「価格」の面での違いに注目してみてください。

サービス内容の比較表

KINTOホンダ楽まるリースナブル新車
リース
クルカ
定額
カルモくん
MOTAカーリースSOMPO乗ーる
サービス
タイプ
サブスク長期リース短期リース短期リース長期リース 長期リース長期リース
選べる
契約期間
3・5・7年3・5・7年 3年・5年3年1~11年5・7・9・11年 3・5・7年
自動車税             
自賠責保険
重量税
             
車検費用        車検なし    
メンテナンス正規
メンテナンス
正規
メンテナンス
各自実施各自実施オプションオプションオプション
任意保険定額個別見積
利用料に上乗せ
別途契約別途契約別途契約別途契約個別見積
利用料に上乗せ
走行距離制限1,500㎞/月1,000㎞/月
※個別で調整可
750㎞/月1,000㎞/月制限なし
※乗り放題OP
加入必要
制限なし1,000㎞/月
2,000㎞/月
3,000㎞/月
から選べる
ペット同乗
喫煙
改造
    制限なし制限なし 
中途解約規定の解約金
支払で可能
解約時は
残期間分の利用料
全額支払
解約時は
残期間分の利用料
全額支払
解約不可解約不可解約不可解約不可
選べる車種トヨタ車
のみ
ホンダ車
のみ
29車種
から選択
38車種
から選択
国産全車種国産全車種国産・輸入車
全車種
他社カーリースとの比較表

20代のあなたが選ぶ際の最大のポイントは「任意保険が定額かどうか」です。
ホンダの楽まるSOMPOで乗ーるは任意保険を月額料金に含めることが出来ますが、通常の保険の考え方と同じで年齢・等級が反映されてしまうため、20代のあなたの保険料は大幅に上がってしまいます。

他社も同様で任意保険は別途契約が必要=通常の保険の考え方が適用されるのであなたにはどうしても不利な条件が残ってしまいます

保険以外の点についてもKINTOは月額の料金の中に含まれるサービスの幅が他社と比べて大きい点も特徴です。

中にはこのような意見を持っている人もいますが、維持費・保険が含まれているという大きなメリットを見落としてしまっており、残念ながら認識違いと言えます。

高すぎるということは決してありません
特に20代のあなたにとっては任意保険が定額であるだけで大きなメリットです。

弱点は「トヨタの決められた車種しか選べない」ことだけ。
他の年代の方は他社比較をするとKINTOを利用することのデメリットがいくつか出てくることがありますが、20代のあなたにとっては上記以外のネガティブ要素はありません

次は実際に発生する費用での比較です。

価格の比較

費用の比較をする上では「同じ車種」をメンテナンス・保険まで含めた形で見ていく必要があります。
トヨタ車の取り扱いが出来る5社で「ヤリスクロス」を契約する場合の比較です。

まずは他社の価格からみていきましょう。

リースナブル新車リースクルカ定額カルモくんSOMPOで乗ーるMOTAカーリース
3年契約料金36,850円/月
(税込)
38,300円/月
(税込)
57,200円/月
(税込)
62,005円/月
(税込)
該当なし
メンテナンスOP各自対応各自対応4,360円/月利用料込
任意保険 39,044円/月
(税込)
39,044円/月
(税込)
39,044円/月
(税込)
39,044円/月
(税込)
費用合計 75,894円/月
(税込)
77,344円/月
(税込)
100,604/月
(税込)
101,049/月
(税込)
※任意保険は上述した20代初心者の金額を月割りしたものを記入

3年契約の場合、他社最安でも75,894円/月の月額の支払いが発生します。
この条件でKINTOを利用した場合、どうなるのでしょうか?

引用:KINTO HP

え!?…安すぎない???

これだけのメリットを享受できるのは20代のあなただからこそ
保険等級の高い人であれば、他社カーリースの方が安いケースもあるでしょう。

とにかく今がお得なのでコスパが高いうちに利用することをおすすめします。

\当サイトでイチオシ!王道サブスクリプションKintoはこちら/

ちなみに5年・7年だった場合の比較表は以下の通りです。

KINTOリースナブル新車リースクルカ定額カルモくんSOMPOで乗ーるMOTAカーリース
5年契約料金 47,850円/月
(税込)
34,100円/月
(税込)
該当なし 46,800円/月
(税込)
53,876円/月
(税込)
48,920円/月
(税込)
メンテナンスOP利用料込各自対応 5,280円/月
(税込)
利用料込4,620円/月
(税込)
任意保険利用料込 39,044円/月
(税込)
39,044円/月
(税込)
39,044円/月
(税込)
39,044円/月
(税込)
費用合計47,850円/月
(税込)
73,144円/月
(税込)
91,124/月
(税込)
92,920/月
(税込)
92,584円/月
(税込)
※任意保険は上述した20代初心者の金額を月割りしたものを記入
KINTOリースナブル新車リースクルカ定額カルモくんSOMPOで乗ーるMOTAカーリース
7年契約料金 45,430円/月
(税込)
該当なし該当なし 43,280円/月
(税込)
50,818円/月
(税込)
38,940円/月
(税込)
メンテナンスOP利用料込 6,980円/月
(税込)
利用料込7,590円/月
(税込)
任意保険利用料込 39,044円/月
(税込)
39,044円/月
(税込)
39,044円/月
(税込)
費用合計45,430円/月
(税込)
89,304/月
(税込)
89,862/月
(税込)
85,574円/月
(税込)
※任意保険は上述した20代初心者の金額を月割りしたものを記入

20代のあなたにとってはどのプランでもコスパは抜群と言えます。
あとは契約年数をどう考えるかですが、短期契約の方がメリットが大きいです。

なぜなら20代のあなたにはライフイベントが控えているから。
結婚・子育てなどの環境の変化によって必要な車も変化してくるものです。

契約期間を長くすればするほど、あなたの自由はその車に縛られてしまいます。
3年毎に必要な車を見直していくという使い方が出来るのも車のサブスクのメリットです。

20代・はじめての車でおすすめの車種

KINTOには色々なラインナップがありますが、特に初めて車に乗る人に最適な車をご紹介します。

はじめての車選びのポイント

  • 月額費用を極力抑えておく
  • 家族持ちでなければ5人乗り程度で十分(コンパクトカー・SUVなど)
  • 見た目のカッコよさは重視してOK

毎月の収入が十分ある人は問題ありませんが、社会人になりたての人にとって月額費用は極力抑えておいた方がベターです。

なぜなら将来に向けた投資や貯蓄・遊びにいく費用など他にもお金の使いどころがたくさんあるから。
生活に余裕を作る意識を持って車も選んだ方が良いでしょう。

月額費用は車種によって変わってくるので高級な車よりある程度コスパの良い車を選ぶのがおすすめです。

とは言え見た目のカッコよさにもこだわってOK
せっかくの車ですから20代のうちは自分が気に入ったデザインの車を選ぶことで車の楽しさを実感できるようになるはずです。

これらの条件に合った車をピックアップして解説します。

コスパの良いコンパクトカー/ハイブリッドカー

コスパを良さを考える上で、月額利用料が3年契約で月50,000円以内の車をチョイスしました。
ハイブリッドカーの場合は更に燃費が良くなるのでその点もチェックしてみてください。

ヤリス(37,950円/月~)

引用:KINTO公式HP

ヤリスはトヨタのコンパクトカーの代表車種です。(ヴィッツの後継版)

ポイントはボディの小ささと荷室の広さ
車体をコンパクトにすることで燃費や排気量を押さえ、街乗りに特化した仕様になっています。
小型の車は初心者でも乗りやすく、操作性も高いです。

燃費はガソリン車でも20㎞/Lを超えハイブリッドタイプなら36㎞/Lも走ります。
ミニバンなどは燃費が10㎞前後/Lなので燃費の面でもコスパが高い車です。

とにかく「乗る」というところに注力した車なのではじめての車にはぴったりの車と言えます。

ルーミー(37,180円/月~)

引用:KINTO公式HP

ルーミーは排気量1,000ccというコンパクトカーながら、ゆったりとした車内が特徴の車種です。
小型トールワゴンというポジションで5人乗りですが、荷物もゆとりを持って運べます

引用:KINTO公式HP

上記の写真にあるように自転車が2台積めたり、足を伸ばして車中泊なんかも対応できてしまいます。
これまで自宅の車がミニバンだった人は特に違和感なく乗れます

ヤリスと違い、車高が高いので視界が広く運転がしやすい点も特徴です。
またスマートアシストと呼ばれる安全機能が標準装備されているので、初心者ドライバーでも安心して乗ることができます。

燃費性能もハイブリッド車ではないものの18.4㎞/Lと軽量車だけに高い数値をマーク
コスパの良さが光る1台ですね。

カッコよさも兼ね揃えたSUVタイプ

車選びにおいて好きになれるカッコイイ外観というのは重要なポイントです。
そういう意味では今流行りの「SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」はおすすめ。

年に1・2回でもアウトドアやレジャーを楽しむという人にはおすすめです。
着座位置が高いので見通しが利くことや長距離ドライブでも疲れにくいと言われています。

KINTOで選べるSUVで50,000円/月以下の車種を2つご紹介します。

ヤリスクロス(44,550円/月~)

引用:KINTO公式HP

1つめはヤリスクロスです。
ヤリスクロスは上述したヤリスをベースに開発されたコンパクトSUV

ヤリスで採用されているパワーユニットを利用しているため、ヤリス同様高い燃費性能を誇ります。
ガソリン車では18.8㎞/L、ハイブリッド車なら27.8㎞/L走る事ができます。

これはSUVの中では最高レベルの燃費性能です。
更にこの車種の強みは価格帯他のSUVは新車価格300万円前後であるのにも関わらず、ヤリスクロスは200万円前後と価格面にも強みがあります。

初めての車で20代のあなたにとってカッコよさとコスパを両方追い求めることが出来る貴重な車種なので非常におすすめです。

ライズ(45,100円~)

引用:KINTO公式HP

2つ目は「RAIZE」。
「RAIZE」はトヨタ自動車系列のダイハツ工業が開発した「ロッキー」という小型SUVと同じ規格で作られた兄弟車です。

SUVの中でも実用性を重視しており、コスト面・使いやすさを大切にした設計になっています。
特に荷室の使い勝手にこだわって作られた車です。

こちらもヤリスクロス同様、コンパクトSUVとして200万円前後で購入できる点も魅力です。
だからKINTOでも月額利用料が押さえられるというわけです。

カッコよさも使い勝手もこだわりたいあなたにぴったりの車と言えます。

【注意!】KINTOを避けておいた方がよい人はこんな人

KINTOが合わないと思われる人の特徴も紹介しておきます。
逆にこれらの条件に該当しなければ、KINTOを利用する上でネガティブな要素はありません

該当する箇所がないか最終チェックしてみましょう。

同居家族に自動車保険の等級を引き継いでくれる人がいる

自動車保険の等級の「引継ぎ制度」をご存知ですか?
自動車保険は本人の配偶者もしくは同居家族の等級を引き継ぐことができます。

具体的な引継ぎのイメージは以下の2パターンです。

等級引継ぎが実施できる条件

  1. 親御さんの保険等級を譲り受ける → 親御さんは新規で保険に加入する
  2. 同居家族で車に乗らなくなる人から譲り受ける

1つ目の引継ぎは「新規で車を買いたいから保険等級を譲ってもらえないか」と親御さんに相談が必要です。

快諾してもらえたらラッキー。
なぜならこの場合、親御さんの保険料が高くなってしまうから。
20代新規で契約するよりはマシ」とあなたの負担を減らしてくれる方向で考えてくれる親御さんであれば相談する余地はあると思います。

ただしKINTOならあなたも格安で任意保険に加入できるのでKINTOが嫌だという人でなければ無理をする必要はないでしょう。

2つ目は免許返納を考えている祖父祖母がいる場合に効果的です。
もしそのような方が同居家族にいる場合には相談してみると良いでしょう。
(※同居家族以外は親族であっても適用されないのでご注意ください。)

車を返却することに抵抗がある人(愛着を持って長く乗りたい)

車に対して愛着を持って乗りたい人は難しいかもしれません。
なぜなら契約期間が終わったら必ず返却しなければならないからです。

ただこの条件は今まで車を持ったことがない人にはあまり関係のない話でもあります。
車は「所有するもの」から「利用するもの」に変わってきていますから、所有が当たりまえという感覚を持っていなければ気にする必要はありませんね。

トヨタ以外の車にどうしても乗りたい人

KINTOはトヨタグループのサービスです。
そのため当たりまえですがトヨタ以外の車種の取り扱いはありません。

「トヨタ車以外で乗りたい車がある人」KINTOは向きません

コスパよりも理想の車を重視する人はKINTOではなく、購入や他社カーリースを検討した方が良いでしょう。

KINTOのメリットは20代でもコスパ良く車が乗れる点にあります。
それよりも重視するものがあるのなら自分の選びたい車を選んだ方が一番幸せですよね。

車内でタバコが吸いたい・改造したい・ペットを乗せたい人

喫煙者の方で「車内でどうしてもタバコが吸いたい人」はKINTOの利用に向いていません。
なぜならKINTOは車内での喫煙が禁止されているから。

もちろん喫煙者の方が全てNGというわけではなく、車外での喫煙であれば全く問題ありません
問題は車内にニオイがついてしまうことにあるからです。

このようにKINTOは返却された車の価値が下がってしまう可能性のある行為を禁止しています。
他にも車の改造ペットの同乗なども車の価値を下げる要因になるので、これらの条件で利用したい人は避けた方がよいでしょう。

金融ブラックの人

最後に「金融ブラック」に該当する人はKINTOが利用できない可能性があります。
金融ブラックの定義は以下の通りです。

金融ブラックとは?

  • クレジットカード・ローンの支払いを滞納した経験が複数回ある
  • 借入残高が年収に対して多すぎる
  • 自己破産・債務整理歴がある人

これらの条件に当てはまらず、毎月決まった支払い額を遅れることなく支払ってきている人借入をしていない人は気にする必要はありません。

審査に落ちる可能性は限りなく低いでしょう。
(あるとすれば年収に対して高額な車を選んでしまった場合くらいです。)

まともな感覚で車を選ぶことができたら大丈夫です。
※最終的な審査結果に対する責任は負いかねます。

\これらの条件に該当せず、KINTOに申し込む方はこちら/

支払い方法

毎月の料金の支払い方法

KINTOの支払い方法は2つから選べます。

KINTOで選べる支払い方法

  • 口座振替
  • クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClub)

おすすめはクレジットカード払いです。
なぜなら毎月数万円を安定的に支払うためかなりのポイント加算が期待できるから

1%の還元率は1%の割引を受けているのと同じ
還元率の良いカードを利用していれば、割引は更に大きくなります。

他社のサブスクやカーリースではクレジットカード払いはできないため、他社と差別化されたポイントであると言えます。

ボーナス払いも併用可能

KINTOではボーナス払いを利用することができます。
ボーナス払いとは特定の月(1月・7月)にあらかじめ決めておいた金額を上乗せして支払うスキームです。

ボーナス払いのメリットは毎月の利用料負担を下げられること。
ボーナス払いを入れた場合と入れない場合の金額の違いをみていきましょう。

ボーナス払いなしの場合の利用料(ヤリスクロス)※引用:KINTO公式HP
ボーナス払い年2回11万円入れた場合の利用料(ヤリスクロス)※引用:KINTO公式HP

このように毎月の利用料を下げることが出来る点がメリットです。
ただし注意点があります。

ボーナス払い利用時の注意点

  • 毎月の利用料は下がっても支払いの総額は変わらない
  • ボーナスを当てにしすぎると危険

ボーナス払いというものはあくまで支払いのタイミングを調整しているだけ。
毎月の負担が減ったように見えても支払いの総額は変わらないということを忘れてはいけません。

そのためボーナスを当てにした支払い計画は避けるべきです。

なぜならボーナスは景気や業績が悪化した場合支給なしになってしまう可能性も十分に考えられるからです。

ボーナス払いをする代わりに毎月浮いた金額を貯蓄できるような支出のコントロールを出来る人なら問題ありませんが、毎月給料を使い切ってしまうような性格の人は避けた方が賢明です。

支払いの方法はあなたの性格とよく向き合って決めるようにしましょう。

よくある質問

最後にその他のよくある質問について回答しておきます。
できるだけ不安は解消しておくほうがよいので、事前にチェックしておきましょう。

中途解約は可能?

KINTOは中途解約が可能です。
他社カーリースの場合は「解約不可」「残期間分の料金全額」の支払いを求められてしまうため、他社に比べて有利な条件で契約することができます。

中途解約の解約金もルールが明確で以下の通りです。(3年プランの場合)

引用:KINTO公式HP

解約は半年毎に検討することができ、半年のタイミングに合わせれば最大でも解約金は利用料5か月分となります。

具体的に言えば12ヶ月目で解約する場合の解約料は利用料4ヵ月分ですが、13ヶ月目で解約する場合にの解約料は利用料8か月分とタイミングを逃すと増えてしまうことを覚えておきましょう。

ただし解約というのは本当にやむを得ない事情がない限りするべきではありません。
ですがやむを得ない事情で解約しなければならなくなっても法外な解約金の請求がない点は安心できるポイントです。

他社解約金の例

  • 残契約期間分の利用料全額+損害金
  • 新車価格から売却価格を引いた差額全て

つまり残りの利用料全額弁償しろ!と言われているようなものです。
万が一の場合を想定するならば、KINTOの解約金ルールは明朗で安心できます。

更に以下の条件に該当する場合は解約金が免除される点も見逃せません。

KINTOで解約金が免除になる条件

  • 会社都合による海外転勤で車に乗る事ができなくなった場合
  • 免許返納をする場合(高齢者が対象)
  • 死亡・運転困難な状況に陥ってしまった場合

このように「突然車が不要になる可能性」に対するリスクも仕組みの上で解消されているので安心です。

走行距離制限はある?

KINTOには1,500㎞/月の走行距離制限があります。
これは車内喫煙やペット禁止などと同様に車の価値を下げすぎないために定められたルールです。

KINTOの価格は返却後の売却を前提に決められており、走行距離は売却価格の査定に影響します。
とはいえ1,500㎞/月というのは遠距離車通勤などをしていなければ超過する可能性は低いです。

走行距離1,500㎞/月とは?

  • 通勤で往復30㎞、休日で往復50㎞(1,460㎞)
  • 通勤で往復15㎞、休日で往復70㎞(1,450㎞)

もし平日の利用がほとんどなかったり、休日毎日長距離を走るようなタイプの人でなければ全く問題になりません。

契約期間中の乗り換えはできる?

契約期間中の乗り換えも可能です。
乗り換えをする場合には、規定の手数料を支払う必要があります。

3年契約の場合は1~2ヵ月分、5年契約の場合は1~3ヵ月分、7年契約の場合は1~6ヵ月分の手数料を支払うことで乗り換えが可能で、残り期間の長さによって変動します。

「子どもが生まれて手狭になった」などのケースでやむを得ず車を乗り替える必要があっても、乗り換えができるので安心ですね。

契約期間中に受けられるサービス内容は?

KINTOを契約していると以下のサービスを無償で受けることができます

KINTOの利用料内で受けられるサービス

  • 法定点検
  • 定期点検
  • 故障修理
  • 代車手配
  • ロードサービス
  • 各種消耗品交換・補充(各種オイル類/ブレーキパット交換/バッテリー交換など)
  • 車検
  • タイヤ交換(トヨタ車のみ)

ほぼ全ての費用が利用料の範囲内に収まっており、追加で発生する費用はほとんどありません
逆に対象外となっている費用は以下の通りです。

KINTOのサービス内容に含まれないもの

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 高速道路利用料
  • 事故修理費用
  • 故意・過失によるトラブル対処費用
  • 転居時の陸送費用
  • 車故障時などで車が使用できない場合の諸費用(宿泊費用・休業補償など)

逆を言えば、上記の費用以外は全て利用料に含まれていると考えて良いでしょう。

まとめ

私が「20代のあなたにはKINTO一択」と一貫して主張してきた理由がお分かりいただけたでしょうか。

ひと昔前では20代で新車に乗るというのは夢のまた夢でした。
しかし今、あなたにはKINTOという武器があります

20代のあなたにとって等級や年齢に左右されない任意保険に加入できるメリットは計り知れません。

また車の知識がなくても困ったことがあればプロの整備士に任せられる点も安心ですよね。

20代のあなたがお得に使えるサービスなので、KINTOのサービスに魅力を感じたあなたはKINTOの公式ページから申込の手続きに進んでみてください。

\当サイトでイチオシ!王道サブスクリプションKintoはこちら/

申込の方法を事前に確認しておきたい方はこの後申込の手順も解説します。

申込方法

申込をする前に手元に以下3点を準備しておきましょう。
なぜなら申込時に入力する必要項目の内容がわかるからです。

申込前に準備しておきたいもの

  1. 免許証
  2. 名刺など勤務先の情報がわかるもの
  3. 通帳・キャッシュカードもしくはクレジットカード

これらが準備出来たら早速KINTOの公式HPにアクセスして車種を選択していきましょう。

上記のリンクからKINTOの公式ページにアクセスし、車種を選択する。(引用:KINTO公式

見積画面に遷移し、契約年数・ボーナス払いの有無・グレードを選択します。

車種を選択後、①契約年数②ボーナス払いの有無③グレードを選択(引用:KINTO公式HP

ボディカラー・インテリアカラーを選択します。
(ヤリスクロスの場合はインテリアカラーは1種類のみ)

ボディカラー・インテリアカラーを選択する(引用:KINTO公式HP

オーディオやナビ・バックカメラ・セーフティパッケージなどのオプションを選択します。

パッケージの種類(アクセサリーパック)を選択する。(引用:KINTO公式HP
追加オプションも選択できます(引用:KINTO公式HP
追加オプションも選択できます(引用:KINTO公式HP
入力が終わったら申込内容を確認しましょう(引用:KINTO公式HP
サービスの内容も最終確認して、自宅近くの販売店を選択しましょう。(引用:KINTO公式HP
地図上から販売店を選択することも可能です。(引用:KINTO公式HP

その後の流れは以下の通りです。

KINTO申込の流れ

  1. 登録者情報の入力
  2. 勤務先情報の入力
  3. 入力情報の確認
  4. 申込確認メール開封
  5. 申込完了
  6. 審査結果受領(3営業日程度)
  7. 契約

このような流れで契約まで進んでいきます。
申込をする上で入力する具体的な情報も記載しておきます。

KINTOの申込手続きで入力する内容

  • メールアドレス
  • ログインパスワード(新規登録)
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 車の使用場所
  • 自宅電話番号
  • 携帯電話番号
  • 住居形態(自己所有・家族所有・社宅・借家・公営・賃貸マンション・アパート・寮)
  • 居住年数
  • 住宅ローン
  • 主たる生計維持者かどうか(世帯の中での収入が一番多いかどうか)
  • 配偶者の有無
  • 年収
  • 利用用途
  • 運転免許証番号(画像)
  • 勤務先情報

これらの情報を入力する上で手元に置いておきたいのは以下3点です。(再掲)

申込前に準備しておきたいもの(再掲)

  1. 免許証
  2. 名刺など勤務先の情報がわかるもの
  3. 通帳・キャッシュカードもしくはクレジットカード

これらの情報を手元に準備できたら、以下リンクからKINTOで車を月額定額で手に入れて20代の青春を謳歌する相棒を見つけていきましょう!

\当サイトでイチオシ!王道サブスクリプションKintoはこちら/

KINTOで理想のカーライフを手に入れる

KINTOを使えば、あなたが夢見る「マイカー」を月額定額で手に入れることが可能です。
20代のあなたにとっては他社と比較しても圧倒的にお得な価格で利用することが出来る点も見逃せません。

彼氏・彼女と一緒にドライブデートをしてみたり、仲の良い友達とアウトドアに出かけてみるのも自由です。

日常の買い物や、郊外のショッピングモールに出かける時も車があれば思い立った時にすぐ行けます

公共交通機関を利用しなくて良いので、昨今流行している感染症のリスクも低いです。

KINTOは若いあなたの味方。絶対的にお得なサービスで他社の追随を許しません。
あなたもKINTOを使ってプライベートの充実を手に入れてみませんか?

\当サイトでイチオシ!王道サブスクリプションKintoはこちら/

以上、「【コスパ抜群!】20代の車のサブスクは「KINTO一択」と言い切れる理由を解説」でした。

タイトルとURLをコピーしました